FX初心者が悲惨な結果にならないために!今すぐトレードに活用できる外為どっとコム限定情報3種

f:id:navimedia:20200617183327j:plain

外為どっとコムが提供するFX取引サービス「外貨ネクストネオ」は、数あるFX会社の中でも、豊富な情報コンテンツが特長だと言われています。
「外貨ネクストネオ」の口座数は2019年9月末時点で50万人を超えるなど、多くの個人投資家から支持を受けています。

FX初心者が悲惨な結果にならないために!

同様に情報提供サービスを実施しているFX会社はありますが、「外貨ネクストネオ」のサービスは、トレーダーが相場の予測や売買判断をする上で、非常に役立つ情報が、毎日提供されているとして、ユーザーから高い評価を得ています。
そこで今回は、「外貨ネクストネオ」で利用できる情報の中から、今すぐトレードに活用できる3つの情報と、その閲覧方法について解説します。

1)外為注文情報

外貨ネクストネオの優れた情報提供機能のひとつが「外為注文情報」でしょう。
これは、外貨ネクストネオを通じた各トレーダーの注文や売買状況、保有ポジションを、10分おきに集計し、その結果を5分後に表示するというものです。

米ドル/円、ユーロ/米ドルなどの主要通貨のみならず、取り扱う30種類の通貨ペアのすべてを表示させることができ、トレーダーが希望する注文情報の確認ができます。
他のトレーダーたちの売買状況、自分自身のテクニカル分析の結果を照らし合わせることが可能となり、今後の投資戦略を立てるのに、大いに生きるはずです。

例えば、1米ドル=110円に売り注文がたまっていれば、その水準が一つのレジスタンスライン(上値抵抗線)と推測できます。
同様に1米ドル=105円にまとまった買い注文が確認できれば、その水準はサポートライン(下値支持線)として機能すると予想できます。

▼外為注文情報

2)売買比率情報

売買比率情報とは、外為どっとコムを通じて取引された売買注文の新規、または決済別の比率を確認できる機能です。
データを集計する単位は、1時間毎、12時間毎、1日毎から選択できます。
このツールによって、どの時間帯に新規の注文が出されているかなど、現在のトレンドを認識し、相場の予測や売買判断の参考にすることができます。

▼売買比率情報

3)ポジション比率情報

ポジション比率情報は、毎営業日クローズ時点での外為どっとコムで取引するトレーダーが保有する売買ポジションのバランス(比率)を示しています。
市場全体が「売り」と「買い」のいずれかに傾いているかを知ることができます。
外為どっとコムで取り扱っている30種類の通貨について動向を知ることができます。

▼ポジション比率情報

情報の見方と利用方法

外為ネクストネオは、Webブラウザ、スマートフォン、iPadなど、さまざまなデバイスに対応していますが、今回はWebブラウザ版を例に挙げます。

f:id:navimedia:20200204183922j:plain

サービスにログイン後、「マーケット情報」タブ内の「外為情報ナビ」をクリック。
その後、「取引データ」タブ内で、各通貨ペアの外為注文情報、売買比率情報、ポジション比率情報を確認することができます。

・外為注文情報画面

青色の目盛りが指値売りで注文した注文状況を、青い枠に白抜きの目盛りがストップ売り注文した注文状況を表しています。
また、オレンジ色の目盛りが指値買い、オレンジの枠に白抜きの目盛りがストップ買い注文した注文状況を示しています。
目盛りが10個以上あり多くの注文が集まっているレートは目盛りの背景がピンク色になり、背景が水色のレートが、現在のレート水準を表しています。

▼外為注文情報

f:id:navimedia:20200204183931j:plain

・売買比率画面

棒グラフの縦軸が売買比率を表しており、買いが上方向、売りが下方向に表示されます。
また横軸が時間経過を表しています。
ウィンドウ内で通貨ペアや注文形式、集計単位の選択が可能です。

▼売買比率情報

f:id:navimedia:20200204183941j:plain

・ポジション比率情報

縦軸がポジション比率を、横軸が日付経過を表しています。
外為注文情報や売買比率画面と同様に、30種類の通貨ペアから選択することが可能です。

▼ポジション比率情報

f:id:navimedia:20200204183952j:plain

いずれの情報も、現在の注文状況が視覚的に非常に分かりやすいのが特徴です。
市場心理や売買状況を読み解くのに大変有用な情報ばかりで、しかも無料で利用できます。

投資家から高い評価を受けている「外貨ネクストネオ」。
こうした情報コンテンツが充実しているかどうかが、口座を開設するFX会社を選択する上で、重要な検討材料になることを、FX未経験者の方々は、ぜひ、頭の片隅に置いておいてください。

f:id:navimedia:20200115123814:plain



PickUp編集部

top