FX初心者が守るべき投資ルールとは

f:id:navimedia:20200219162217j:plain

FX取引で大きな損失を出し、多額の資産を失い、泣く泣く市場から退場していく人たちの数は少なくありません。
その一方で、コツコツと着実に利益を得ている人たちも大勢います。
いったい両者の違いはどこにあるのでしょうか。
その理由のひとつに挙げられるのが、「FX取引をする際のルールを適切に設けているか否か」ということでしょう。
これからFX取引を始める初心者が失敗しないために、どのようなルールを設定し、どのようにそのルールを守っていくべきなのか考えてみます。

ハイリスク・ハイリターンだからこそルールが必要

他の金融商品にはないFX最大の特徴は「レバレッジ」が使えることでしょう。
レバレッジとは、元手資金の何倍もの金額で、取引ができる仕組みのことです。
例えば、「レバレッジ4倍」で取引する場合、100万円の元手で400万円を運用することになります。
つまり、レバレッジを使うと、手持ち資金が少なくても大きな金額で運用できるので、より大きな利益が狙えるわけです。
ただ、その一方で、当然のことですが、大きな損失を被るリスクも高くなります。
それがFXの取引であり、FXが「ハイリスク・ハイリターンの金融商品」といわれるゆえんでもあります。

ところが、「それならバカ儲けができそうだ」とチャンスに目がくらみ、後先を考えずに突き進んだ末に、大失敗をしてしまう人がいます。
人間とは心が弱いものです。
だからこそ、着実に利益をあげて資産を形成していくために、勇み足をしないために、歯止めとなる明確なルールを立てて、それをもとにFX投資を行う必要があるのです。

FX初心者が知っておきたいFXの基本ルール

ここでFX投資初心者が守るべき基本的なルールを5つ挙げておきましょう。

1)エントリーポイント

エントリーポイントとは、特定の通貨ペアの「買い」ポジション、または、「売り」ポジションを持つ際の為替水準のことを指します。
何となく「上がりそうだから(下がりそうだから)エントリーしてみよう」ではなく、「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」「レジスタンスライン」「サポートライン」といったテクニカル分析を活用しながら、「チャートや指標が、こうなったときにはエントリーする」という自分なりのルールを確立しましょう。
つまり、最適のエントリーポイントが見極められるようにならなければならないのです。
ベストなタイミングが見つからないときは、エントリーしないことも大切なのです。

2)損切り

「損切り」とは、含み損を抱えたポジションを決済し、損失を確定させることです。
「一円でも損はしたくない」そう思うのが人間です。
「もう少し粘れば、相場が反転して損を減らせるのではないか」という感情が働いて、決済の「ふんぎり」がつかず、ついつい損切りは遅くなりがちです。
そうこうするうちに、損がどんどんと膨らんで、多額の資産を失い、「もっと早く損切りしておけば…」と、泣く泣く「退場」させられる人が後を絶ちません。
しかしながら、この損切りのタイミングは、本当に難しいのです。
「含み損が1万円になったら損切りする」とか「この水準まで相場が下落したら損失を確定させる」とか、明確なルールを事前に決めておき、感情に流されることなく、ルールに従って損切りをしましょう。

3)利益確定

利益確定(利食い)は損切りと逆に、ポジションを決済して利益を確定させることです。
「このままいけば、もっと稼げる。
まだ売らない」と粘っていると相場が急転し、あっという間に含み益が吹き飛んでしまった…なんてことは珍しくありません。
損切りと同様に、「この水準まで来たら一度利益を確定」「1万円の含み益となったら確実に利益を確保」など、前もってルールを決めておきましょう。

4)資金管理

FX取引はハイリスク・ハイリターンの金融商品です。
適切な資金管理のもと、あくまでも余裕資金で取引を行うようにしましょう。
FXに限らず、投資に生活資金を回すのはもってのほかです。
もし、それで損失が発生したら、もはや冷静な取引判断など不可能です。
市場からの退場どころでは、済まない事態に陥るかもしれません。

5)目標設定

最後のルールが「目標設定」です。
目標が定まっていなければ、どのような取引スタイルでどの程度の取引を行うのか、1回の取引でいくらの利益を得れば良いのかなど、目標が設定されていないと、自身の運用状況を正確に評価できません。
FX初心者は、急に大金を儲けようとするのではなく、まず、市場の特性や取引の仕方などを熟知するためにも、レバレッジは2倍程度に低く抑えて、あまり欲張らず、コツコツと利益を積み重ねるくらいの気持ちで臨むのが良いでしょう。

自分の性格、投資スタイルに合った自分なりのルールを確立

さて、今回はFX取引におけるルール設定の重要性についてご説明しました。
投資ルールは個人のライフスタイル(FXに使える時間)や投資手法などによって異なってきます。
限られた時間の中で、どのようにエントリーポイントを決めるのか、一日のいつ、何度取引ができるのかなど、さまざまな条件を吟味した上で、自分自身に最も合った明確なルールを確立しましょう。


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.