FX初心者が陥りやすいミスとその対策

f:id:navimedia:20200220181058j:plain

FXと聞くと、とかく「FXは危険だ」という人たちがいます。
こうした人たちの多くは、FX未経験者だったり、投資に対する心構えが曖昧なまま、知識が不足したままFXを始めたりして、少なからぬ損を被った経験でもあるのでしょう。
確かに、ハイリスク・ハイリターンとされるFX取引ですが、正しい知識を身につけて、リスク対策を講じて臨むならば、決して危ないばかりの投資ではありません。
そこで今回はFX初心者が陥りやすいミスを列挙し、その対策について考えてみます。

1)レバレッジを大きくしすぎない

レバレッジとは、投資資金以上の金額での取引が可能になる仕組みのことで、FX最大の特徴でしょう。
レバレッジは「てこ」という意味の英語です。
「小さな力(資金)で大きな物を動かせる(運用)ことから、このように言われます。
日本国内では、個人の場合、最大25倍のレバレッジが認められています。
単純に言えば、1万円の資金で最大25万円分の外貨が購入できるわけです。

FXの醍醐味は少ない資金で大きく儲けるチャンスがあることでしょう。
しかし、それと同時に、大きく損する可能性も同じぐらいにあるのです。
多くの初心者はチャンスの裏側にあるリスクに気が付いておらず、もしくは気が付いていても、経験がないため、失敗したときに被る痛手を理解しておらず、ついつい最初から大きなレバレッジを設定しがちなのです。
「FXで大損をした」というケースは、レバレッジの設定を誤ったことによるものが少なくありません。
FX取引に慣れるまでは、2倍~3倍程度に抑えて売買するようにしましょう。

2)強制ロスカットの設定を確認

強制ロスカットとは、一定以上の損失が発生したときに、FX会社が定めるルールに従い、強制的に手持ちの外貨を決済し、取引を終了させる仕組みです。
損失の拡大を一定の範囲内に抑えて、投資家の資産を守ることが目的とされています。

FXは相場が予想通りに動けば大きな利益が得られますが、予想に反して動けば、短期間で大きな損失を被る恐れがあります。
初心者の場合、まだまだ相場の予測は難しいでしょうから、リスク回避のための強制ロスカットの設定は必ず確認しておきましょう。

強制ロスカットは、証拠金維持率(※)が所定の割合を下回ったタイミングで実行されます。
この割合があまりに低いと、万一の時に大きく資産を失ってしまう危険性が高くなります。
FX初心者は、証拠金維持率100%以上を基準にしておくことが望ましいと思われますが、実はFX会社によって、この設定が異なるのです。
100%のところもあれば、60%や40%というところもあります。
初心者の方は、より安全性の高いFX会社で取引を始めることをお勧めします。

※証拠金維持率:時価評価総額に対する必要証拠金の割合

3)リスクの低い取引スタイル

FX取引で最も難しいのは、「利益」と「損失」を確定させるタイミングでしょう。
特に損失を確定させる「損切り」は、「なるべく損をしたくない」という心理が働くため、非常に難しいといえます。
FX取引では「利益を大きくする」ことよりも「損失を少なくする」というスタイルで臨んだほうが、安全で良い結果が得られると思います。
初心者の方々は、「逆指値注文」を活用しながら、損切りのタイミングを学習しましょう。
また「ポジションを『翌日』や『翌週』に持ち越さない」というスタイルも、リスク回避につながるでしょう。
あなたが就寝している間や、取引のできない週末に大きなイベントがあって、大きな相場変動が発生すると、対応できずに大きな損失を負ってしまう可能性があるからです。

その他、過度に多額な取引や、1種類の通貨ペアに大量に資金を投じる「一点張り」も、リスクが高くなるので、投資スタイルとしてはお勧めできません。
なお、FX取引の単位は1万通貨が基本ですが、FX会社によっては、1,000通貨という小さい単位から取引できるところもあります。
初心者の方々は、そういった会社で“スモール”スタートを切るのも一策です。

4)FXの元手は余裕資金

これはミスというよりも「誤った考え方」と言うべきかもしれません。
FXに投じる資金を生活に必要な資金から回してしまう人がいます。
これは絶対にダメです。
繰り返しになりますが、金融商品の中でもFXは、ハイリスク・ハイリターンとされています。
万が一、FX取引で失敗して、生活のための資金を失ってしまっては、元も子もないでしょう。
そもそも、そんなギリギリの状態で投資をしても、まともな投資判断を初心者が下すは無理でしょう。
投資資金には、必ず余裕資金を使うのが原則。
これは何もFXに限ったことではありません。

さて今回はFX初心者が陥りやすいミスとその対策について解説してみました。
きちんとしたリスク対策を講じていれば、FX取引は、世間で言われているほど「危険」なものではありません。
十分なリスク対策を行い、経験を積み重ねながら、FX取引を楽しみましょう。


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.