ポンド/円 実体線が3本の移動平均線から乖離する動きを素直に評価したい!

f:id:okinawa-support:20200224081155p:plain


今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200224081222j:plain


■  ポンド/円 実体線が3本の移動平均線から乖離する動きを素直に評価したい! 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円が華々しい花火のような動きを見せましたが、ポンド円は比較的落ち着いた動きが続きました。週初は、3本の移動平均線と動きを共にしていた感じでしたが、週末にかけて中期・長期の移動平均線から実体線が乖離する動きを見せ、やや上値期待の高い形で週末を迎えています。しかし、ボラティリティが低いからか、少し売られると売りなのかな? 少し買われると買いなのかな? という状況が続いていますね。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線がじわじわと上値を追う動きを見せているところ、中期の移動平均線も反転、形状としては長期<中期<短期<実体線という並び順が形成されていますので、上昇トレンド入りという判断が可能となっています。MACDもゴールデンクロスから上昇傾向を維持しており、MACD線がゼロラインを超えてきたこともプラス要因と考えられます。
今週は、引き続き買い方向で臨みたいと思います。実体線は、終値ベースで1月下旬の高値を既にブレイクしており、売り方の焦りが相場に持ち込まれるようだと、いっそうの上値余地もあるのではないでしょうか。ポンドドルのチャートはイマイチ感が否めませんが、ポンド円のチャートを見る限り、相場観を弱気に傾ける必要はないように思います。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 問答無用の空中戦! 自信のない人は触るべからず・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先週は、何と言っても水曜日の陽線に尽きるのではないでしょうか。110円台は買い進めないといった「妄想」にかられて新規の売りポジションを持った人は、木端微塵に粉砕された様子がチャートからもうかがえます。また、水曜日の大陽線に売り向かった向きが再度木曜日に売りで入ったため、木曜日も陽線で引けることになってしまい、チャートは一言で表現すると「荒れてしまった」という感じだと思います。
今週は、相場観の強弱が入り乱れて、空中戦の様相を予想します。レベル感での強弱の判断は無用、とにかく短期トレードに徹し、順張りで買われているところは買っていく、売られているところは売っていくという形でないと、収益に結び付けるのは難しいと思います。デイトレが苦手な方は見送りが賢明、デイトレが大好きな方は思う存分、トレードを楽しむとよいと思います。上方にブレイクしてから2日しか経過していませんので、日足の足形を重ねていかないと、相場の行く末を予想するのは困難という風に思います。

■ ユーロ/円 よく戻してきたものの、ここから先は前途多難!? 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。ドル円と歩調を合わせて水曜日に大陽線が出現、売り持ちの人間は蜘蛛の子を散らすように買い戻しを余儀なくさせられてしまいました。木曜日以降も買い戻しの動きは収まらず、上下にヒゲを伴いながらも上伸を続け、終値ベースで久しぶりに実体線が長期の移動平均線をブレイクしてきています。これから、1月のトレードレンジを攻めることになるのでしょうか、前途多難な感じはしますが・・・。
今週は、難しいところですが、戻ってきた勢いを評価する意味でも、買い先行で臨む局面のような気はします。ユーロドルのチャートも反発機運が高まってきていますし、現時点のチャートではっきりと売りを示すものがあるかと言うと、長期の移動平均線が下向き推移を続けていることくらいだからです。いずれにしても、ドル円と同様、レベル感でのトレードは禁物、順張りでの短期トレードで凌ぐよりないように思います。

■ オージー/円 買いにくいとは思うが、下も限定的か・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円と異なり、オージー円は週間の高値を水曜日に付けた点が特徴的です。木曜日・金曜日は陰線ということで、野放図に円安方向へ向かうわけでもない、ということなのでしょうか。オージーの弱さと円の弱さの綱引きのような状況が、チャート上にも現れているのかもしれませんね。 しかし、特徴的なのは金曜日の下ヒゲの長さでしょうか。下へ行きたいのだけれど、それは許されません、といった状況のようです。
今週は、様子を見るよりないような気がします。実体線の上下の値幅と比較して、ヒゲの長さがあまりにも目立つ状況が続くと、売るにしても買うにしても、結局は良い結果をもたらさない可能性が高いような気がします。ただし、実体線の居場所そのものが高い位置にあるわけではありませんから、買うのであれば対円で別の通貨ペアを選択すべきだと思います。売りの目でということなら、先週の金曜日の安値割れを叩くというような感じでしょうか。

■ ユーロ/ドル ようやく反発、下落トレンドから脱却したか? 
先週は、木曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。金曜日の陽線で過去5日分の足形の胴体部分を包み込み、ようやく「コツン」ときた印象を与えるチャート形成と言えそうです。まだまだ実体線と中期・長期の移動平均線の乖離は大きいままですが、そうは言ってもせっかくの陽線の出現ということで、とりあえず下値不安は払拭されたかも、といったところではないでしょうか。
今週は、チャートの形状から判断すると、下値模索の可能性はあまり高くないと思います。ただ、実体線がこれだけ中期・長期の移動平均線の下側に位置しているところで、戻りを追いかけて買いから入るというトレードを〇とするか×とするか、その辺はもう、哲学のようなものではないでしょうか。個人的には、「実体線が長期の移動平均線の下側に位置している時の戻りは追いかけない」と固く決めていますので、私は戻りは見送りを選択します。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200224081239j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.