「ドル/円急落前夜 上に下にのドタバタ相場」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年3月2日~3月6日

f:id:gaitamesk:20191021103502p:plain


外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2020年3月2日から3月6日の営業日

▼変動率ランキング
先週に続き上下に激しく動く


▼スワップポイント累計ランキング
トルコリラがしっかり復調


▼取引高ランキング
豪ドル/円が2位に上昇

変動率ランキング:先週に続き上下に激しく動く

期間中の為替相場は、全体的を通し上下動が激しい相場であった。そんな中、最も変動したのはメキシコペソ/円で、変動率は8.80%となった。

週初の上昇は3日深夜に発表されたFOMCの緊急利下げだ。利下げ幅が0.5%と大きく、これにより円高に一旦巻き戻しの動きが起きた。その後は新型コロナウイルス拡大懸念でリスクオフが進み、ペソを含む多くの通貨が円高に引っ張られる形で変動している。

また、集計期間は原油価格の上値が重かった。これを受け、4位のカナダドル/円(産油国)は下落基調だったものの、5位のトルコリラ/円(原油輸入国)は週中まで値を戻しており、好対照だった。ちなみにトルコは5日、ロシアのプーチン大統領を会談しシリアでの停戦を合意した。これにより武力衝突は一旦の終息をみると思われているが、過去も同様の停戦協定が結ばれるも、反故になることが多く、引き続き注視が必要そうだ。

ドル/円は変動率3.41%と前回(3.88%)に近い値動きとなった。2月に112円を記録し、「悪い円安か」と思われたが、その後は下落の勢いが止まらなかった。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアの中で24通貨ペアだった。その内3%以上の変動幅を記録した通貨ペアは15通貨ペア。また1%未満の通貨ペアは米ドル/カナダドルの1つだけだった。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 MXN/JPY 8.80% 5.612 5.158
2 RUB/JPY 7.86% 1.646 1.526
3 ZAR/JPY 6.09% 7.068 6.662
4 CAD/JPY 4.12% 81.451 78.227
5 TRY/JPY 4.08% 17.817 17.118
6 USD/TRY 3.77% 6.2558 6.0285
7 USD/CHF 3.62% 0.96544 0.93175
8 USD/JPY 3.41% 108.577 104.993
9 HKD/JPY 3.36% 13.95 13.497
10 NOK/JPY 3.29% 11.696 11.324
11 EUR/TRY 3.11% 6.9536 6.7437
12 SEK/JPY 3.08% 11.467 11.124
13 CNH/JPY 3.03% 15.596 15.138
14 AUD/USD 3.02% 0.66571 0.64619
15 AUD/JPY 3.00% 71.513 69.428
16 EUR/USD 2.89% 1.13544 1.10359
17 NZD/USD 2.88% 0.63718 0.61934
18 AUD/CAD 2.76% 0.89235 0.86841
19 SGD/JPY 2.61% 78.142 76.154
20 GBP/AUD 2.50% 1.97713 1.92895
21 GBP/USD 2.48% 1.30521 1.27367
22 NZD/JPY 2.30% 68.061 66.53
23 EUR/AUD 2.09% 1.71239 1.67741
24 GBP/JPY 2.02% 139.188 136.431
25 EUR/JPY 1.99% 120.942 118.586
26 EUR/GBP 1.74% 0.8744 0.85942
27 CHF/JPY 1.71% 113.237 111.332
28 EUR/NZD 1.37% 1.78743 1.76334
29 AUD/NZD 1.17% 1.05313 1.04091
30 USD/CAD 0.93% 1.34386 1.33143

スワップポイント累計ランキング:トルコリラがしっかり復調

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、ロシアルーブル/円が先週に続き1位になった。前回5位だったドル/トルコリラが3位、前回18位だったトルコリラ/円が15位となり、リラ勢がしっかり復調している。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 RUB/JPY 1750 110,000
2 EUR/TRY 1523 49,000
3 USD/TRY 870 45,000
4 CNH/JPY 700 70,000
5 MXN/JPY 690 30,000
6 ZAR/JPY 650 30,000
7 EUR/USD 391 49,000
8 USD/CHF 368 45,000
9 EUR/NZD 353 49,000
10 USD/JPY 293 45,000
11 HKD/JPY 250 60,000
12 EUR/GBP 214 49,000
13 CAD/JPY 175 34,000
14 GBP/USD 170 58,000
15 TRY/JPY 167 8,000
16 GBP/JPY 162 58,000
17 EUR/AUD 146 49,000
18 SGD/JPY 145 32,000
19 NZD/USD 110 29,000
19 AUD/USD 110 30,000
21 NZD/JPY 98 29,000
22 AUD/JPY 74 30,000
23 NOK/JPY 70 50,000
24 CHF/JPY 60 46,000
25 AUD/NZD 12 30,000
26 EUR/JPY 9 49,000
27 AUD/CAD 0 30,000
27 USD/CAD 0 45,000
29 GBP/AUD -39 58,000
30 SEK/JPY -50 50,000

取引高ランキング:豪ドル/円が2位に上昇

期間中の取引高ランキングは、豪ドル/円が2位に入り、ポンド/円を追い抜いた。豪中銀(RBA)はコロナウイルスの感染拡大や中国の景気低迷を受けて、政策金利を0.75%から0.5%と史上最低水準へ利下げした。取引量増加はこのようなイベントに着目したトレードが増えたためと思われる。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 AUD/JPY 3
3 GBP/JPY 2
4 MXN/JPY 4
5 EUR/USD 6
6 EUR/JPY 5
7 ZAR/JPY 7
8 TRY/JPY 8
9 GBP/USD 9
10 NZD/JPY 10
11 EUR/AUD 12
12 AUD/USD 11
13 CAD/JPY 16
14 CNH/JPY 15
15 GBP/AUD 13
16 EUR/GBP 14
17 USD/CHF 21
18 RUB/JPY 17
19 EUR/NZD 23
20 CHF/JPY 18
21 EUR/TRY 19
22 NOK/JPY 20
23 NZD/USD 22
24 USD/CAD 25
25 USD/TRY 24
26 SEK/JPY 29
27 AUD/CAD 27
28 AUD/NZD 26
29 HKD/JPY 28
30 SGD/JPY 30

まとめ

全体的を通し、上下動が激しい週となった。

今週の為替相場は、原油価格の急落に伴う大幅な円高が起き混乱しているが、引き続き米国株や米10年債などが注目されており、丁寧にチェックしておきたい。10日には民主党の予備選があり結果を抑えておきたい。スーパーチューズデーで左派のバイデン氏が追い上げ、それまで優勢であった中道派サンダース氏と一騎打ちの様相となってきた。

欧州では12日のECB政策理事会は注目だ。利下げの可能性が指摘されているが、果たしてラガルド総裁のコメントはいかに。

新型コロナウイルス関連の報道として、中国では発病者は減少傾向にあるものの、世界各国で患者が確認されており、終息のめどはいまだにたっていない。

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top