FXの基本的な注文方法を覚えよう

f:id:navimedia:20200311182024j:plain

もしFXのことをまったく知らない人から、「FX投資って何をするの?」と聞かれたら、「外国通貨を売買する」という答えになるでしょう。

それでは実際のところ、外国通貨はどのように売買するのでしょうか。
一般的な「買い物」では、提示された価格のお金を支払い、商品を受け取るまでですが、外国通貨を売買するFXには、独自の注文方法がいくつかあります。
そこで今回はFX投資における「注文方法」について解説してみたいと思います。

異なる通貨を売買する金融商品

FX投資とは日本や他国の異なる通貨を、買ったり売ったりして、その差益を狙います。
例えば、1ドル=105円のときに100ドルを買い、1ドル=110円のときに、その100ドルを売れば、500円の差益が生まれます。
簡単にいうと、これがFX投資で利益を得る仕組みです。
この外貨の持ち高を、FXでは「ポジション」といいます。
例えば、円を売ってドルを買っている状態を「ドル/円の“買い”ポジションを持つ」というような言い方をします。

また、上述した「1ドル=105円」のことを「為替レート」といいます。
異なる通貨の交換比率を示すものであり、通貨の売買注文を行うにあたり、最も大事な指標となります。
為替レートは、その通貨国の経済状況や社会情勢などの影響を受けて、時々刻々と変化します。
FX投資で成功するためには、この為替レートの動きに注視しながら、いかに「安いときに買って、高いときに売る」のか、もしくは「高いときに売って、安いときに買い戻す」のかが重要になります。

通貨を売買する際の注文方法

FXの基本的な注文方法は次の3つです。
これら以外の方法もありますが、まずはこれらの違いやメリットをしっかり理解しましょう。

1)成行注文(なりゆきちゅうもん)

成行注文とは、その時点のレートで「売り・買い」の注文を出す方法のことです。
「買いたい」「売りたい」と思ったその瞬間に、すぐに注文を出すのが特徴です。
ある意味、FX投資の最も基本的な注文方法であり、初心者の方にも分かりやすいのではないでしょうか。

2)指値注文(さしねちゅうもん)

続いて「指値注文」です。
これは注文を入れるレートを事前に指定し、相場がそのレートに達したときに約定するという注文方法です。
一般的な「買い物」でいうところの「予約注文」のようなものだとお考えください。
端末の前に座り、取引画面で変化するレートを見ながら、希望のレートになった瞬間に注文しなくても、自動的に「約定」できるのがメリットです。

具体的な例を示すと、次の2つのパターンになります。

A:今よりも安いレートを指定し、そこに達したときに購入する注文
(例えば、1ドル=110円の時点で「1ドル=105円になったら買う」という注文を出す)
B:今よりも高いレートを指定し、そこに達したときに売却する注文
(例えば、1ドル=110円の時点で「1ドル=115円になったら売る」という注文を出す)

初心者でもわかりやすいのは「安く買って高く売る」ことでしょう。
これがFXで利益をあげる基本であり、言い換えれば「今より有利なレートでの注文」となります。

3)逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

「逆指値注文」も指値注文と同じく、事前に指定したレートに相場が達した時に約定する注文方法です。
ただし、設定レートと「買い・売り」の関係が、「指値注文」とまったく逆になります。
具体的には、次の2つのパターンです。

A:今よりも高いレートを指定し、そこに達した瞬間に買い注文
B:今よりも安いレートを指定し、そこに達した瞬間に売り注文

簡単にいうと「今より不利なレートでの注文」となります。

リスク回避のために逆指値注文を活用しよう

この説明を読んで「逆指値注文で、どうして儲かるの?何で不利なレートで注文するの?」と思われる方がいると思います。
しかし、逆指値注文は、FX投資のリスク回避において、非常に重要な注文方法なのです。

例えば、ある通貨ペアで「今後上昇する」と予測し、買い注文を入れたとします。
その後、予測通りに相場が上昇すれば良いのですが、予測に反して急落してしまうと、大きな損失を出すことになります。
そこで、買い注文と同時に、少し下のレートで「逆指値注文(売り)」を出しておくことで、もし、相場が急落しても、逆指値のレートでポジションは決済されるので、過大な損失を避けられるのです。

下落を予想して売り注文を入れていた場合も同様です。
適当なレートで買いの逆指値注文を入れておけば、予想に反して相場が上昇に転じた場合でも、損失を抑えることができます。

注文時に注意すべき点

なお、相場の値動きが激しいときには、マーケット終了間際や週始めの取引開始直後などは、注文レートと約定(注文が確定すること)レートに、ズレが生じる場合ことがあります。
また、マーケット終了間際や週始めの取引開始直後、あるいは通常の取引時間帯においても、重要経済指標、要人発言、重要イベント直後には、注文が集中して約定に時間がかかり、レートにズレが生じることがあります。
この点にはご注意ください。


さて、今回はFXの基本的な注文方法の3つをご紹介しました。
比較的、「ハイリスク・ハイリターン」とされているFX投資において、初心者が最も注意すべき点は「リスク対策」です。
今回ご説明した3つの注文方法を十分に理解し、上手にリスク回避をしながら、FXのトレードを続けて、着実に資産が増やせるようにしましょう。


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.