1000通貨からの少額投資 FX初心者向け徹底解説!

f:id:navimedia:20200618202156j:plain

1000通貨からの少額FX投資

一般的にFXは1万通貨からの取引になります。
ところが、外為どっとコムでは、その10分の1の「1,000通貨」から取引が可能になっています(※1)。
「1,000通貨」からの少額取引には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
そこで今回はFXを少額取引から始めることの意味について、考えてみましょう。
(※1ロシアルーブル/円を除く)

1万通貨単位が投資家に与える経済的な負担

国内のFX会社では、最小取引単位を「1万通貨」に設定しているサービスが一般的です。
私たちにとって最もポピュラーな通貨ペアである米ドル/円で考えてみましょう。
計算を単純化するために、1米ドル=100円とすると、1万通貨単位で取引するには、100万円が必要になるということです。
為替レートは常に変動していますから、1米ドルが110円まで安くなれば、1万通貨は110万円ということになります。

もちろん、FXはご存知の通り、実際の資金よりも多額の資金が運用できるレバレッジの利用が認められた金融商品です。
個人では最大で25倍のレバレッジが使えます。
その際、レバレッジに見合った保証金を用意することになります。
例えば、1米ドル=100円とすると、保証金は4万円(100万円÷25=4万円)ということになりますが、この金額は、理論的に取引をするために必要な最小限の金額であり、相場が大きく動いた場合は、アッと言う間に保証金が足りなくなり、強制的にロスカットされてしまう可能性があるので、実際はもっと多額の資金が必要になります。
取引に必要な資金は少ないに越したことはありませんが、一瞬で失われてしまっては、元も子もありません。

初心者がFX取引する場合は、レバレッジを2~3倍程度に抑えるべきだと言う記事などをしばしば見かけます。
そうなると最低でも30万円~50万円は用意しなければなりません。
「投資はあくまでも余剰資金で行う」という原則を考えると、かなりお金を貯めてからでないとFX取引がスタートできないことになります。

少額投資はリスクだけでなく、プレッシャーも抑えてくれる

FX会社の中には、本番と近い環境で取引が行える「デモトレード口座(デモトレ)」を用意しているところがあります。
しかし、“デモトレ”はあくまでシミュレータなので、実際に自分自身のお金を投じて取引する“本番”口座とは、投資家が抱える心理的な負担は、大きく異なります。

実際、投資経験の少ない時期に、デモトレと同じような感覚で多額の資金を投じるのは、“アッ”と言う間に、市場から退場させられかねない行為です。
自分の思惑が外れ、一瞬で財産を失う経験は、デモトレのときのそれとは、まったく比較にならないでしょう。
だからこそ、FXは少額資金で、心理的負担の少ない状態から始めてみるべきです。

だからこそ、FX初心者は、数あるFX会社の中から、リスクを抑えつつ、投資経験を高められる少額投資が可能な会社を選ぶようにしましょう。
通常は1万通貨からと言うFXの取引単位を、10分の1に抑えた1,000通貨という少額取引に対応している外為どっとコムはFX初心者の選択肢のひとつになり得る会社です。

1万通貨と1,000通貨ではココが違う

最後に、通貨単位1万通貨と1,000通貨の違いについて考えてみます。
まず、ポジションを持つために最低限必要な保証金額が違います。
冒頭の説明で設定した通り、1ドル=100円とした場合、レバレッジ25倍の運用では、米ドル/円の通貨ペアを1万通貨持つために必要な保証金は4万円(100円×1万通貨÷25倍)になります。
その際、1,000通貨で売買ができるとすると、保証金は10分の1になるので4,000円です。

また、FX取引には投資家を保護する目的で、「強制ロスカット」という仕組みがあります。
実は少額投資にしておくと、この「執行リスク」を減らすことができます。

強制ロスカットは、保有するポジションの含み損が一定水準を超えた時点で、ポジションが強制的に決済(ロスカット)される仕組みのことです。
相場の急変などで、投資家が必要以上に深傷を負わないようにするためのセーフティネットなのですが、損失は確定してしまいます。

例えば、これが1ドル=100円という、先ほどと同じ条件下で、証拠金維持率が50%の場合は、次のようになります。
・保証金4万円・1万通貨の買いポジションを持った場合は1米ドル=97.959円で強制ロスカット
・保証金4万円・5,000通貨の買いポジションを持った場合は1米ドル=93.877円で強制ロスカット

取引通貨の単位が半分になると、強制ロスカットの執行ラインは4円以上も下がります。
予期せぬ相場の急変による強制ロスカットを避けるためにも、10分の1である1,000通貨単位が、どれほどリスクを抑えるかは一目瞭然でしょう。
ちなみに、強制ロスカットを判断する「証拠金維持率」は、FX会社で異なります。
口座開設の前に、各FX社の強制ロスカットに関するルールは、よく確認しておきましょう。


さて、今回は1,000通貨という少額取引でスタートできるメリットについて考えてきました。
少額取引には、低リスクでFXが行えるだけでなく、複数の通貨ペアに分散投資ができるというメリットもあります。
興味のある通貨ペアを、次々に試して、実際に自分が投資しやすいものを見つけるということも可能です。
FXをこれから始める人は、1,000通貨という少額投資が可能なFX会社の中から、一番自分に合っている会社を見つけるようにしましょう。
きっと外為どっとコムは、FX初心者の方々の期待に応えられる会社のひとつになるでしょう。


PickUp編集部

f:id:navimedia:20200115123814:plain

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top