ドル/円 無秩序なチャートだが、買い先行で入るべきか・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200316082810j:plain


■  ドル/円 無秩序なチャートだが、買い先行で入るべきか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初は安く始まり一気に円高へ向かいましたが、火曜日以降は上下に乱高下を繰り返し、金曜日に暴騰、何とも無秩序な価格形成が続いています。一気に円高に向かい一気に円安に戻したことで、仮にここ2週間の価格形成がなかったとしたならば、まずまず普通のレンジに戻ってきたように見受けられます。少しは「安定」を取り戻す展開になるのでしょうか。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線が一気に下落したことを受けて移動平均線も下落へ向かいましたが、当然に週末の暴騰を織り込むには至らず、チャートは「バラバラ」という印象が否めません。チャートがこうなってしまうと、もう少し時間の経過がないと移動平均線の意味そのものがなくなってしまいますね。
今週は、買い先行で臨みたい感じがします。やはり、先週の火曜日・金曜日の暴騰を見せつけられると、やや売りからは入りにくくなったという印象を受けます。ただ、円高懸念が全くなくなったわけではありません。上下どちらに動いても、「風見鶏」のように柔軟に対応しなければいけない相場だと思います。

その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 大陽線で暴騰、下値不安はやや遠のいた気がするが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初、ドル円と同様に安く始まり円高方向へ向かいましたが火曜日に戻し、水曜・木曜は再度円高へ向かいましたが金曜日に暴騰、週間の高値を更新する形で引けを迎えています。週を通じた値幅は4円を超えていますが、さらに上下動が加わっていますので、体感的には6円から7円程度の値幅というイメージですね。
今週は、何とも難しいところですが、ドル円と同様に先週金曜日の暴騰に敬意を表し、買いから入るべきではないかと考えます。ただし、方向的に上なのかと言うと、そうとも限らない点には絶対的な注意が必要だと思います。大きく動くことは予想はできても、どちらに動くかということは誰にも予想がつかない局面だと考えた方がよいでしょう。

■ ポンド/円 ドル円・ユーロ円対比で戻りの鈍さは明確・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円が金曜日に暴騰したのに対して、ポンド円は小陽線ということで、上値の重さが際立っている点が非常に大きな特徴と言えそうです。実体線の居場所も短期の移動平均線水準すら回復できず、下値不安は全く払拭しきれていません。
今週は、と言うか、今週も、売り先行で臨みたいところです。先週金曜日の戻りの鈍さはある意味衝撃的で、ドル円・ユーロ円が下を試す局面ではポンド円は容赦なく売り叩かれる予想も成り立つレベルです。レベル感での買いは論外ですが、上下にダイナミックな動きが予想されますので、大きく下落した局面ではコツコツと買い戻し注文を入れて利食うのが得策だと思います。

■ オージー/円 戻ろうとしているが、空回り感がハンパない・・・ 
先週は、月曜日に高値・安値の両方をつける展開でした。月曜日に出現した長い下ひげは久々に見るショッキングな形状でしたが、意外にその後の戻りは鈍いものとなり、木曜日は大陰線、金曜日の戻りもドル円・ユーロ円と対比すると明らかに鈍い戻りとなりました。これだけの下落を経ても、なお大きく戻るチャート形成を見せないということは、まだ下落パワーが残っているということなんだろうと思います。
今週は、と言うよりも、今週も売り先行で臨みたいところですね。ボンド円と同様に、先週金曜日の戻りがドル円・ユーロ円と対比して明らかに鈍いという点は、今後の下落懸念を象徴しているものと考えてよいでしょう。どこまで下がるかは別にして、下向きの動きを見せている間は売りポジションを取ることを優先して考えるべき局面だと思います。先週木曜日の安値割れや先週月曜日の安値割れは、売り乗せ方針でよいのではないでしょうか。

■ ユーロ/ドル 上かと思えば下なのか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初は高く始まり、月曜日に陽線が出現したことで上値を取りに行くのかと思いきや、火曜日以降は陰線の連続、まさに逆 V 字型の動きとなりました。こういったチャートを見るにつけ、上がったところを売り上がる、あるいは下がったところを買い下がるといったトレードがいかにリスキーかということが分かります。
今週は、売り先行で臨みたいところです。先週木曜日に長い下ひげを引いていますが金曜日の陰線の出現でそのかなりの部分を侵食しており、先週木曜日・金曜日の安値割れは、迷わず売り先行で臨みたい感じがします。ただし、これまでのチャートを見ても分かるように、いずれにしても上下に大きく振らされる動きが予想されます。動いている向きにポジションを取るのは当然のこととして、損切り注文も近めに、厳格に入れたところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200316082944j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.