FX初心者の基礎はスイングトレード

f:id:navimedia:20200317091839j:plain

FXには基本的に3つのトレードスタイルがあると言われています。
短期売買を繰り返す「スキャルピング」、1日で売買を終わらせる「デイトレード」、1日から数週間のポジションを保有する「スイングトレード」です。
この中で、FX初心者が最初にしっかりと覚えるべきなのがスイングトレードです。
スイングトレードは、FX取引の基礎ともいえるトレードスタイル。
そこで今回は、このスイングトレードについて、そのメリットや注意点などを解説いたします。
FXを始めたばかりの方、これから始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

スイングトレードとは?

スイングトレードとは、FX取引で売りや買いのポジション(建玉)を1日から数週間程度、同じトレンドが続いている間は、そのポジションを保有し続けるというトレードスタイルです。

FXでは基本的に相場の上昇トレンドや下落トレンドを、チャートなどを見て予測しながら、為替の売買を行います。
チャートの期間が短くなるほど、トレンドの予測が難しくなります。
つまり、利益を出すことが難しくなるというわけです。

一度、FX会社が提供しているチャートの時間足(軸)をいろいろ切り替えて、相場の動きを確認してみてください。
長い時間足では、上昇トレンドを形成しているように見えても、短い時間で見てみると、小刻みに下落と上昇を繰り返しながら動いていませんか。
つまり、短期売買になればなるほど、チャートに張り付いて、相場の変動を注視していないと、売買のタイミングが判断しにくくなり、利益は出しにくくなるということです。

しかし、それよりも期間の長いスイングトレードでは、上昇や下降トレンドが、緩やかで大きなものになるので、初心者でも相場の“流れ”に乗りやすく、利益が比較的に出しやすくなるのです。

スイングトレードのメリット

このようにスイングトレードは相場の流れをつかみやすいことから、以下のようなメリットが生まれます。

1)忙しい人でもトレードしやすい

スイングトレードは、数日から数週間、ポジションを保有したままとなります。
そのため、チャートを確認するために、常にパソコンに張り付き、相場の小さな上下動に気をもむ必要はなく、一般的には、日に1度から数度チャートを確認する程度で大丈夫です。
サラリーマンのように、本業で日中忙しく、トレードのための時間が取れない人でも、取り組みやすいスタイルです。

2)1回のトレードで大きな利益

ポジションの保有期間が長いため、うまくトレンドに乗れば、短期売買よりも、1回の利益を伸ばしやすいトレードです。

スイングトレードのデメリット

一方、デメリットについても確認しておきましょう。

1)レンジ相場だと利益が出しにくい

FXでは、大きく相場が変化する上昇、下落トレンド以外に、「レンジ相場」と呼ばれる、方向性がなく一定価格を行ったり来たりする相場があります。
ドル/円相場で例えると、1ドル=100.00円~1ドル=100.10円の間で、ジグザグするチャートが描かれるときです。
わずか10銭の幅でしか相場が動きません。

スイングトレードは、相場に方向性が出て、大きな流れに乗らないと利益が出せないため、レンジ相場だと売買しにくいのです。
さらにレンジ相場が終了するタイミングで、相場は上昇か下降に大きく動く傾向があります。
そのため、どちらに動くかを読み間違えると、大きな損失を被る可能性があります。

2)一時的なマイナスに耐えられるか

相場の大きな流れに上手に乗って売買ができたとしても、ずっと上昇や下落といった同じトレンドが続くわけではありません。
言い換えると、自分の予想に反したトレンドになれば、「損失(含み損)」を抱え続ける状態になることもあります。
その場合、プラスになるまでポジションを持ち続けなければならないストレスや、「本当にプラスになるトレンドに変わるのか?」という不安に、ずっとさいなまされるかもしれません。
これもデメリットのひとつでしょう。

スイングトレードで利益を出すための注意点

スイングトレードで利益を出すためには、次の2点が大切になるでしょう。

1)「順張り」を徹底する

順張りとは、「上昇トレンドであれば買い」「下落トレンドであれば売り」というように、トレンドに乗ってポジションを持つ手法です。
そのため、トレンドが明確でないレンジ相場、反転リスクがある「レジスタンスライン」や「サポートライン」付近では、ポジションを持たないようにして、リスク管理を徹底しましょう。

2)「損切り」の設定をする

損切りとは、含み損を抱えたポジションを決済して、損失を確定することです。
トレンドに乗せて「順張り」するのがスイングトレードの基本ですが、もし、トレンドを読み間違えてしまうと大きな損失が出る可能性もあります。
その損失が大きくなってしまう前に、ポジション決済して、損失を確定してしまうという潔さが、傷口を広げないためにも、FXでは必要になるのです。
そのために、ポジションを持ったら、1日に1回以上、チャートに変化がないかを確認してください。
もちろん、相場に影響を与えるような出来事が起きていないか、ニュースをチェックしておきましょう。


さて今回はスイングトレードについて解説してみました。
これらのポイントを押さえて、スイングトレードを実践していけば、FXの経験が積めるだけでなく、利益を出していくこともできるでしょう。
FX初心者の方、利益が出せずに悩んでいる初心者の方、これからFXを始めようという方には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top