【まとめ】日米中の緊急支援策とその効果について 戸田裕大 新型コロナショック

f:id:gaitamesk:20200325135758p:plain


みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。

本日は新型コロナウイルスに対する日米中の緊急支援策とその効果について、金融政策と財政政策に分けて考察していきます。それではさっそく金融政策からみていきましょう。

金融政策

1.政策金利の引き下げ

<各国の対応>

日本:不変

米国:従来:1.50-1.75% → 現在0.00%-0.25%

中国:不変

<解説>

米国が金利を引き下げた理由は需要の喚起です。1.50%では借りなかった個人や企業に対して、0.00%であれば借りるかどうかを問いかけています。

利息を支払わずにお金を借りることが出来れば、わずかな利益でも儲けを残すことが出来ますから、投資機会があるという大前提に立って考えれば、借りた方が得となります。金利引下げ効果を疑う論調もありますが、まずは素直に米国経済の下支え策として認識しておいた方が良いでしょう。

なお、この金利引下げに焦点を当てて、為替分析を進める方も多いですが、金利はあくまで為替変動要因の一つであると言う認識を持っておきましょう。為替は債券や株、貿易や直接投資など、全ての取引の通り道になりますので、そこまでシンプルなものではありません。

2.流動性供給

<各国の対応>

日本:カナダ・英国・欧州・米国・スイスの中銀と連携したドル流動性支援

米国:上記に加え、CPFF(10億ドル)・PDCF・MMLFと呼ばれる3つの流動性支援

中国:短期1.2兆元(18.6兆円)+長期0.55兆元(8.5兆円)の流動性供給

<解説>

ドル不足、ドル取り合戦と言われていましたが、これらに対応すべく米国では3つの流動性支援策を実施しました。一つ目がCP(Commercial Paper)と呼ばれる短期社債の買取、二つ目がPD(Primary Dealer)と呼ばれる大手銀行に対する短期の低利融資、三つ目がMMF(Money Market Fund)と呼ばれる比較的質の高いファンドに対する融資です。

これらの金額詳細は公開されていませんが、ニーズがある限り徹底的に行うものと考えられます。流動性危機とは、現物(ドルの数量)が限られている場合においてのみ発生しますので、徹底的に支援することで現物(ドル)は市場に溢れかえります。従って流動性危機はおそらく速やかに収束します。

また中国では総額で27.1兆円の流動性供給が行われました。こちらは2月初旬と3月初旬に分けて実行済みであり、新型コロナウイルスの影響が最も早かったこともあって、対応も最も早いものとなっています。

これだけ市場に介入すると、国や通貨としての信頼が揺らぐという議論はあると思いますが、先進国の国や通貨に対する信頼はある意味では総じて揺らいでいるので、特定の通貨間で相対的に変化が現れることはないでしょう。ですが仮想通貨への関心の高まりはこう言った背景も影響しているのではないかと思います。

3.資金繰り支援

<各国の対応>

日本:総額1.6兆円規模の制度融資枠を創設

米国:ディスカウント・ウインドウ(民間銀行が中央銀行から資金調達)使用の推奨、不良債権化のルールを一時的に(6か月程度)変更

中国: 総額8,000億元(12.4兆円)の資金繰り支援

<解説>

まず興味深いのが、米国は日本や中国のように直接的な民間支援策は行なわずに、あくまで既存の枠組みの活用と、会計制度の変更にとどまっている点です。米国が支援を差し伸べるのはあくまで銀行に対してのみであり、銀行と企業・銀行と個人の取引に対してはあくまでビジネスから外れない範囲で行うことを期待しています。

それから支援金額は中国が圧倒的に大きいです。さらに3月17日までに約3,000億元の資金繰り支援を実行済みであり、計画立案から実行までのスピードが驚異的で、これは経済の回復に好影響を与えると考えられます。

財政政策

<各国の対応>

日本:減税を含めて幅広に議論、30兆円規模との談も

米国:2兆ドルの経済対策について議論

中国:2020年の地方政府債務の新規増限度額1.8兆元(27.9兆円)を許容、うち既に1.4兆元(21.7兆円)を実行済み。更に超大型の財政政策について議論との噂

現状は各国ともに議論中という状況です。なお中国は一部実行に移していますが、おそらくこれだけでは終わらないでしょう。そして米国と中国の財政出動の金額がおそらく超巨大になります。

財政出動の数字を見るときには国の経済規模(GDP)と比較するとスケール感をつかみやすくなります。例えば米国であれば約22兆ドルの経済規模ですから、2兆ドルの財政出動とは経済規模の約9%に当たると言うことです。

経済活動の一か月分以上に相当する財政出動が行われるわけですから、これは規模が非常に大きいということになります。これらが正式に承認され実行に移される過程で株式市場は強烈に支えられていくものと推測されます。

まとめ

それでは最後に要点を振り返ります。

米国1.50%の利下げは景気を下支え

・米国の力強い流動性支援によって、流動性危機はおそらく早急に解消される

・各国の資金繰り支援により、企業や個人の当座の危機は解消される可能性が十分ある

米中の財政政策は超大規模となる可能性、株式市場への好影響が期待される

株は戻しやすい環境になったと思いますが、為替はどうでしょう、非常に読みづらい状況になっていますが、ややドル安方向に力学が働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。

本日はここまでとしたいと思います。実は昨晩(※3月24日執筆)に臨時のFOMCが開催され、これまた非常に強力な量的緩和策が発表されましたが、また別の機会とさせて頂きます。

とかくここまで調査して感じることは、米中の措置が非常に徹底しているということと、支援策の影響についてまだ市場が十分に織り込んでいないのではという疑問です。

ぜひ調査内容をお取引にお役立て頂ければ幸いです。それでは、またお会いしましょう。

戸田 裕大

 

<参考文献>

財務省:新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者の皆様へ

https://www.mof.go.jp/financial_system/fiscal_finance/coronavirus-jigyousya/corona-jigyousya.pdf

日本銀行:米ドル流動性供給を一層拡充するための中央銀行の協調行動

https://www.boj.or.jp/announcements/release_2020/rel200320a.pdf

Board of Governors of Federal Reserve System

Agencies provide additional information to encourage financial institutions to work with borrowers affected by COVID-19

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/files/bcreg20200322a1.pdf

Federal banking agencies encourage banks to use Federal Reserve discount window

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/bcreg20200316a.htm

Federal Reserve Board announces establishment of a Commercial Paper Funding Facility (CPFF) to support the flow of credit to households and businesses

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200317a.htm

Federal Reserve Board announces establishment of a Primary Dealer Credit Facility (PDCF) to support the credit needs of households and businesses

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200317b.htm

Federal Reserve Board broadens program of support for the flow of credit to households and businesses by establishing a Money Market Mutual Fund Liquidity Facility (MMLF)

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200318a.htm

Federal Reserve Discount Window

https://www.frbdiscountwindow.org/

Federal Reserve Bank of NEW YORK

Federal Funds Data

https://apps.newyorkfed.org/markets/autorates/fed%20funds

Primary Dealers

https://www.newyorkfed.org/markets/primarydealers

中国人民銀行

人民银行召开电视电话会议进一步部署运用再贷款再贴现支持复工复产工作

http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/3990910/index.html

国务院联防联控机制“金融政策支持疫情防控和复工复产”新闻发布会实录

http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/index.html

中国人民银行决定于2020年3月16日定向降准,释放长期资金5500亿元

http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/3989112/index.html

中華人民共和国中央人民政府

各地发行新增地方政府债券达14079亿元

http://www.gov.cn/xinwen/2020-03/22/content_5494082.htm

<定義>

・1人民元は15.5円で換算して計算

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.