FXをすぐにでも覚えたいあなたはセミナー派?それともネット動画派?

f:id:navimedia:20200326184241j:plain

ひと昔前までは「難しそう」「怖い」といった印象から、敬遠されがちだったFX投資でしたが、最近は少額から手軽に始められる投資として“ライトユーザー”が増えるなど、身近な金融商品として、広く知られるようになりました。
資産運用の選択肢が広がったこと自体は、大変すばらしいことですが、かといって、まったく予備知識がないまま、勉強もせずに投資を始め、利益があげられるほどFXは甘いものではありません。
そこで今回は、投資初心者でも効率的にFXを学べる方法について考えてみました。

シンプルなFXでも、基礎知識は必要

どの世界においても、「何かを成し遂げるためには、基礎が大切だ」といわれます。
もちろん、FX投資も例外ではありません。
「通貨ペア」「レバレッジ」「強制ロスカット」のようなFXの仕組みやルールに始まり、マクロ経済の指標から相場のテクニカルチャートの読み方まで、FX初心者が学ぶべきことは山ほどあります。

証拠金や強制ロスカットのこともよくわからないまま、「習うより慣れろ」とばかりに、適当にポジションを持ったら、 “あっ”という間に投資資金を失ってしまうでしょう。
「早く始めてみたい」という気持ちは分かります。
しかし、バーチャルトレードではなく、本番にチャレンジするのならば、基礎をしっかりと身に付けてからにしましょう。

FXの基礎知識を学ぶための手段

それでは、どうすればFX投資の基礎知識を学ぶことができるかですが、その手段はさまざまです。
昔と違ってネット環境も整い、さまざまな媒体を通じて情報が入手できます。
それらを上手に活用しながら、効率的に学習してみましょう。

1)書籍

書店の投資関連コーナーに行ってみると「FXで勝つための○○」みたいなタイトルの本が、ズラリと並んでいます。
その数は膨大で、すべての書籍の内容を確認して、自分に合ったものを選ぶことはとてもできません。
最初から「最高の一冊」を探そうとせず、気軽に読んでみることをお勧めします。

2)インターネット

プロトレーダーや個人投資家たちが、FX投資に関するノウハウやアドバイス、自身のリアルトレードの進捗などをブログやSNS、noteなどで公開しています。
最近は、テクニカル分析やトレンド予測をレクチャーしているYouTube動画も増えました。
大部分は無料で閲覧できます。
カリスマトレーダーがSNSで発信するつぶやきには、色々と示唆に富んだもの多く、有効的に活用している人たちも少なくありません。
自分が参考にできそうなものがないか、検索してみましょう。

3)情報商材

情報商材とは、情報内容自体が売買の対象となる商材で、主にインターネットを通じて売買されています。
FX関連の情報商材も多く、「こうすればFXで稼げる」などとうたった多種多様な商品が販売されています。

4)講座・セミナー

証券会社やFX会社、ビジネススクールなどが、投資や資産運用に関する識者を講師としてセミナーや講座を開催しています。
会場に人を集めて行うものとWEB上で行うオンラインセミナーがあります。

学習する際の注意点

1)情報商材の危険性

「FX 情報商材」とネットで検索してみてください。
購入さえすれば、今すぐにでも儲かりそうなタイトルの情報商材が無数にヒットします。
しかし、その実態はまさに玉石混交で、高額なのに、まったく役に立たないような悪質な商材もあります。
一番の問題は、商材を購入してみないと、その内容の優劣がよく分からない点でしょう。
また、情報商材を比較・評価したレビューサイトもありますが、一見公正なようで、実はアフィリエイト目的で高額商材を勧めているケースもあります。

PickUp編集部が取材をしたFXのトップトレーダーの中にも、最初に情報商材を購入して、FXを始めた人がいました。
しかし、その方は「常に情報商材の通りになる相場はなく、結局、そのままでは勝てなかった。
自分なりの方法を見つけるしかなかった」と語っていました。
そうしたことを踏まえると、初心者が情報商材を「鵜呑み」にしてFXを始めることは、大きな痛手を被る危険性をはらんでおり、高額な費用を払ってまで、果たして情報商材でFXを学ぶ必要があるのかという疑問が胸に浮かびます。
情報商材を購入する前には、必ず一度、冷静に判断するべきでしょう。

2)有料・高額なセミナーには気をつけて

FXに関するセミナーや講座についても気を付ける点があります。
それは、「参加費と内容の良さは比例しない」ということです。
高額な費用を払ったセミナーで、FXの難解なメソッドを教わっても、初心者にその内容は役に立たないでしょう。
「高いお金を払ったけれど、さっぱり分からなかった…」となっては「骨折り損のくたびれ儲け」です。

3)個人投資家のネット情報や動画の注意点

先ほどトレーダーや個人投資家のブログ、SNS、動画を参考にしている人たちが、結構いることをお伝えしました。
あくまで個人による情報発信ですから、報道機関が伝えるニュースのように情報の信ぴょう性が担保されたものではない点に注意してください。
その内容を信じるかどうかは、慎重に判断しましょう。
「FXで100%勝てる」などと語っているものは、まずNGでしょう。
動画やブログを見たユーザーに高額商品を勧めるケースもあります。
ご注意ください。

FX会社の無料講座・セミナーがお勧め!

初心者がFXを学ぶ方法として最もお勧めなのは、FX会社が開催している講座やセミナーでしょう。
多くのFX会社が講座やセミナーを開催しています。
金融機関としての認可を受けた企業が主催しているので、講座内容の信頼性も高く、ほとんどの場合、参加費は無料と良心的です。

例えば、外為どっとコムでは、昨年11月から、初心者のみならず専業トレーダーまでを対象に、FX投資のレベルアップに役立つ「マネ育スクール」をスタートさせました。
投資家のレベルを4段階に分けて、それぞれのレベルに合わせて、専門家などによるオンライン講座・セミナーを提供するとともに、会場での対面形式のリアルセミナーを多数開催しています。
そのための費用は一切かからず、すべて無料で受講できます。
こうしたサービスを上手に利用すれば、極めて効率的にFXの基礎が学習できるはずです。

f:id:navimedia:20200326184252j:plain
FX初心者がこうした講座を利用しない手はありません。
ぜひ一度FX会社の講座・セミナーを体験してみましょう。

▼「マネ育スクール」はこちら!


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.