「ドル/円、調整局面入りへ」 外為トゥデイ 2020年3月27日号

FXと外国為替の分析に役立つレポート「外為トゥデイ」を公開しています。グラフを使った解説など、FX初心者にもわかりやすい工夫が満載。これでFXのニュースが自分で読めるようになる!?外為どっとコム総合研究所。

目次

▼26日(木)の為替相場
(1):東京で新型ウイルス感染者急増
(2):パウエルFRB議長 リセッション入りを示唆
(3):BOE 金融政策を据え置き
(4):米新規失業保険申請件数 爆発的増加
(5):米株続伸 ドル全面的に下落

▼26日(木)の株・債権・商品市場&外為注文情報

▼ドル/円の見通し:
110円台では戻り売りが強まりそう

▼本日の注目イベント

26日(木)の為替相場

f:id:gaitamesk:20200327094532p:plain

(1):東京で新型ウイルス感染者急増

東京都で新型コロナウイルスの感染者が急増した事を嫌気して日経平均株価が大幅安となる中、豪ドル/円は65円台を一時割り込んだ。その他、3月決算期末に向けた本邦勢の円買いも観測され、ドル/円は一時110.50円を割り込んだ。

(2):パウエルFRB議長 リセッション入りを示唆

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米テレビ番組に出演し「現在の危機は典型的な不況ではない」「優先事項は、ウイルスを制御下に置く事だ」とした上で「米経済はリセッションに陥っている可能性がある」と発言。また「FRBはまだ行動する余地がある」「弾薬がなくなることはない」などと述べた。

(3):BOE 金融政策を据え置き

英中銀(BOE)は政策金利(0.10%)と資産買い入れプログラムの規模(6450億ポンド)をいずれも据え置いた。議事録では決定が全会一致であった事が明らかになった他、「極めて著しく経済活動が後退する可能性が高い」などとする見解が示された。なお、これ以前に発表された英2月小売売上高は前月比-0.3%と予想(+0.2%)に反して減少した。

(4):米新規失業保険申請件数 爆発的増加

米新規失業保険申請件数は328.3万件と市場予想(170.0万件)を大幅に上回り前週(28.2万件)から10倍以上に増加した。新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限などでサービス業を中心に失業者が急増した。ただ、一部には失業保険申請が400万件を超えるとの見方もあったため、発表直後のドルの反応は比較的小さかった。

(5):米株続伸 ドル全面的に下落

米上院が2兆ドル規模の経済対策法案を可決した事を好感した動きなどから米国株が大幅に続伸。これを受けてドルは逃避需要が緩んだ事で全面的に下落。円もドル以外の通貨に対して売られたため、クロス円は上伸した。

26日(木)の株・債権・商品市場&外為注文情報

f:id:gaitamesk:20200327094627p:plain

ドル/円の見通し:
110円台では戻り売りが強まりそう

昨日のドル/円は109.20~111.29円前後のレンジで推移。終値は前日比1.4%安の109.59円前後だった。決算期末に絡む本邦勢の円買いが出た他、欧米勢のドル確保の動きに一巡感が出た事でドルが売られた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米経済のリセッション入りに言及した事や米新規失業保険申請件数が激増した事もドルの重しになった。

ドル/円は昨日の下落で週初来安値を更新しており、3月9日以降の上昇に対する調整局面に入ったと考えられる。世界的な株価の戻りが続けば円売り主導で反発する可能性もあるが110円台では戻り売りが強まりそうだ。一方、下値のメドは200日移動平均線が通る108.30円付近や、3月9日以降の上げ幅の38.2%押しにあたる107.70円付近などとなる。

本日の注目イベント

f:id:gaitamesk:20200327094711p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top