“一転してドル全面安。”

f:id:okinawa-support:20200330173109j:plain


依然としてコロナ・ウィルスが全世界で猛威を振るう中、株価、債券価格、そして金価格が落ち着くにつれて先週のレポートで述べた猛烈なドル需要は減退し、先週は一転してドルが売られる(その他通貨が買われる。)展開と成った。

終値ベースで3月20日(金)と3月27日の値を比べると、
   ドル・円 ユーロ・ドル ポンド・ドル ダウ平均株価 日経平均  金
20日 110.84 1.0695 1.1600 19,173.98 16,887.78 1,484.6
27日 107.95 1.1141 1.2480 21,636.78 19,389.43 1,625.0
+2.6% +4.2% +7.6% +12.8% +14.8% +9.5%
(円高) (ユーロ高) (ポンド高) 

FRB.が新型コロナ・ウイルスへの対応として無制限のQE(量的緩和)を行い、米国債や住宅ローン担保証券(MBS.)を必要なだけ買い取ることを全会一致で決定したり、5中銀との週1回のドル資金供給オペを1日1回実施することを決定したほか、パウエル議長が“まだまだ行動する余地がある。”との見解を表明して市場にドル流動性に関して安心感が広がり、前週までの“闇雲になんでも売り払ってドルを確保する。”必要性が無くなったこともドルの売り戻しに拍車をかけたことであろう。

ドル・円相場はこの3週間で安値101.19、戻り高値111.71、そして今日は107円台のLow.まで反落と目まぐるしく動いているが、未だその動きは落ち着きそうにない。

米労働省が26日に発表した21日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比300万1000件増の328万3000件と、過去最多となった。新型コロナ・ウイルスの感染拡大を抑えるための厳しい対策によって経済活動が急停止し、レイオフが急増した為だが、恐らくアメリカの失業者数はこれから益々増えていくことは間違いあるまい。
今週末発表の3月の米国雇用統計が注目されるが、調査対象がアメリカで新型コロナ・ウイルスが爆発的に蔓延する前の3月12日週の数字が元になっている為、数字そのものはびっくりするようなものではなかろうが4月の雇用統計は相当酷いものになるであろう。
勿論ドル安要因である。

アメリカの景気減速も気になるが、我が国も酷いことになりそうだ。

日本経済は、2019年10-12月期GDP.(実質国内総生産)の前期比年率-7.1%に続き、2020年1-3月期GDPは新型コロナ・ウイルス、4-6月期GDPは東京オリンピック延期によるマイナス成長の連続が予想されており、リセッション(景気後退)に陥る可能性が高まっている。
こちらは円安要因である。

少し気になる事が有る。
先週末東京と神奈川は外出自粛要請があり、塾長も大人しく家で過ごしたが期明けの4月1日に東京都の封鎖(ロック・ダウン)が行われるかも知れないと言う風評が有る。
風評だけであって欲しいが、もし封鎖が行われればその経済的ダメージは相当なものになるであろう。
株価は当然下げるであろうが、ドル・円相場がどうなるかが良く分からない。
日本株が下げれば円安と言うイメージが浮かぶが、リスク・オフとなって円へのレパトリ(Repatriation.= 外貨資産を引き揚げて自国内での資産に移したり、自国通貨に換金したりすること.)が起きれば円高となる。

ところで今回のコロナ・ショックでトランプ大統領再選に注意信号が灯りだしたかも知れない。
米国の大統領選挙での再選に向けた選挙期間中にリセッション(景気後退)に陥った例は過去2回あるが、どちらも現職が敗北している。
1度目は1980年で、イラン革命による原油価格の高騰で米国はリセッションに陥り、カーター大統領は再選されなかった。
2度目は1992年で、ジョージ・W・ブッシュ大統領(父)は湾岸戦争による景気減速で再選を妨げられた。

今回のコロナ・ショックで米国がリセッションに陥る可能性が大だと思われるが、America first !を標榜していたトランプ大統領が再選されないと株価は下がり、ドルも下がるであろう。
最新の調査によると現職のトランプ大統領とバイデン前副大統領の支持率はそれぞれ47%、49%と拮抗する。
両者の差は統計上の誤差内と言え、どちらが勝っても不思議ではない状態だ。

大統領選の行方も目が離せなくなったが、どうもドルを買う気がしない。

暫くはドル安と円安の綱引きになるのであろうか?


今週は期末を控えてレパトリと輸出筋の円転玉=(円高要因)や、期末の仲値を上げる為のお化粧買いと外債の持ち分が増えたGPIF.のドル買い=(円安要因)が入り乱れて、落ち着きのない相場展開が予想されるので気を付けたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.