「琉球ブルーオーシャンズ」オープニングゲーム! VS読売ジャイアンツ(3軍)

遂に迎えたオープニングゲーム!! 初戦を白星で飾れるか!?

2月の石垣遠征では千葉ロッテマリーンズ(2軍)に2連敗。
しかし、ただ負けただけではありません。
今日のオープニングゲームに向け、個々、またチームが何をすべきか
しっかり認識することができた2連戦でした。

さて、2月29日に初の公式戦を迎えた「琉球ブルーオーシャンズ
初の公式戦!読売ジャイアンツ!沖縄セルラースタジアム!
期待が膨らみますね。
楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?
しかし・・・
残念ながら無観客試合になってしまいました。

スポンサーとしてできる限り応援に行きたかったのですが
今回は球団より写真をご提供いただきましたので
少しだけご紹介させていただきます!

f:id:okinawa-support:20200323102844j:plain

試合前の様子

両チームのスターティングメンバーです。

f:id:okinawa-support:20200323103031p:plain

スターティングメンバー

先発は又吉亮文選手!
前回のロッテ戦での好投もあり、今回の大役を任されたのでしょうか。

f:id:okinawa-support:20200323103433j:plain

先発の又吉選手


6回2安打無失点と最高のピッチングを披露します。
さすが2019年の四国ILセーブ王!

両チーム無得点のまま迎えた4回裏、琉球ブルーオーシャンズの攻撃。

3番岸里亮佑選手、5番繁田隼選手のヒットで1アウト1,3塁のチャンスを作ると
ここでショートでスタメン出場の6番松尾大河選手。

f:id:okinawa-support:20200323103437j:plain

先制のタイムリーを放つ松尾選手


レフト前へのタイムリーヒットォーー!
琉球ブルーオーシャンズ1点先制!

松尾選手は高校時代に秀岳館高校で甲子園を沸かせましたね!
まだ記憶に新しい方もいるのではないでしょうか。
その後、横浜DeNAベイスターズに3位指名され入団。
大阪府出身で現在21歳。
先日の記事で紹介した横山辰巳選手とのショートのレギュラー争いにも注目です!

0対1で迎えた6回裏、追加点のほしい琉球ブルーオーシャンズの攻撃。
先頭打者の5番繁田選手が、この日2本目のヒットで出塁すると
6番松尾選手、7番三好一生選手の連続四球でノーアウト満塁のチャンス。
3回にこの日チーム初安打を放った8番大城駿斗選手が三振に倒れ
迎えるは9番サード宮城清主選手。

f:id:okinawa-support:20200323103442j:plain

追加点の犠牲フライを放つ宮城選手


センターへの犠牲フライで貴重な追加点!

宮城選手といえば、石垣島でユニフォームを真っ黒にしながら
亀澤恭平内野守備コーチから守備の指導を受けていました。
今回はバットで見せてくれましたね!

浦添商業高校から富士大学へ進んだ宮城選手。
浦商時代はピッチャーだったそうです。
トライアウトで琉球ブルーオーシャンズに入団した沖縄県出身の選手です。

f:id:okinawa-support:20200323103445j:plain

左から大城選手、亀澤コーチ、宮城選手、横山選手


そして2度の得点に絡むヒットを放った繁田選手ですが
キャンプ初日のフリーバッティングでは、ライトフェンスを遥かに超え
隣接されているブルペンまで打球を飛ばしていたのが印象的でした。 

f:id:okinawa-support:20200323103449j:plain

ベース上でガッツポーズする繁田選手


前回のロッテ戦でも繋ぎのバッティングを見せていたので
“パワーヒッター”に加え‘’チャンスメーカー‘’の一面も持っていますね!
個人的には繁田選手のホームランも見てみたいです!
繁田選手はフランスやアメリカのリーグでもプレーし
四国ILでは、サヨナラ満塁ホームランを含む2本塁打を記録しています。

7回からは先日入団発表があった村中恭兵選手が初登板!
ブルーオーシャンズは8回、エラーが絡みジャイアンツに1点を返されますが
村中選手は2回を自責点0とさすがのピッチングでした。

そして9回はやはりこの人!
本野一哉選手が試合を締めます!
もう守護神と呼んでもいいのでしょうか?

f:id:okinawa-support:20200323103452j:plain

抑えの本野選手


2四球を与えるものの、最後のバッターをキャッチャーフライに打ち取りゲームセット。
試合は2対1で琉球ブルーオーシャンズが接戦を制しました!
繁田選手は3安打猛打賞の大活躍。

3軍ではありますが、読売ジャイアンツに勝利したとなると
沖縄県民の期待も高まるのではないでしょうか?
最近はTVCMも流れ、沖縄県での認知度も上がってきています。
この試合の翌日、ジャイアンツ3軍は沖縄社会人選抜チームと試合をしています。
打順は異なるものの、スタメンはほぼ同じ。
結果は、ヒットを15本放ったジャイアンツが5対1で勝利を収めたようです。

3月には韓国プロ野球球団との試合が予定されていましたが
雨天中止のほか、新型コロナウィルスの影響で中止になってしまいました。
現在は沖縄シリーズと題し、沖縄の社会人チームと試合をしています。

今後も琉球ブルーオーシャンズの活躍に期待しましょう!

 

琉球ブルーオーシャンズ」の情報は、「マネ育チャンネル」でチェック!

top