“休むも相場。”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

最新のレポートによると世界の新型コロナ・ウィルスの感染者数が184万人、そして死者数が11万人と報告され、毎週その数は増え続けてその脅威は衰えることを知らない。

リスク・オフの動きで3月9日に101.19の安値を付けたドル・円相場はその後“ドル争奪戦。”で戻し高値111.71を付けたが、FRB.によるドル供給策や株式・商品市場が落ち着きを取り戻すにつれて一転ドル売りに傾き、安値と高値の凡その半値に近い106.93迄下げることとなった。

金融市場は段々落ち着きを取り戻すかに見えたが、新型コロナ・ウィルス終息の見通しが立たない中、先週は“有事のドル買い”と言うExcuse.=(口実)を見付けて再びドル買い&その他通貨売りに走った。

ドル・円は109.38の高値を付け、ユーロは1.0769、ポンドは1.2165、豪ドルは0.5991の安値(ドルの高値)を付けた。

それにしても市場の移り気の速さには驚くほどだが、案の定イースターの休日を控えた週末に向けて今度はドル売りが加速し、その他通貨の終値は各々108.45、1.0935、1.2445、0.6347と週の高値(ドルの安値)を付けて越週することとなった。

この目まぐるしい相場の動きがファンダメンタルズ=(経済的基礎要因)に則ったものだとは思えない。
聞くところによるとプロのディーラー諸君の多くが自宅待機を余儀なくされ、限られた情報や機器の使用(銀行のディーラーは一度に幾つものチャートやニュース画面を見ながら取引しているが自宅ではせいぜい一つのパソコンを見るだけであろう。)では通常の取引を続けるのは難しい。
勢い、相場の流れに沿って動く順張り(相場が上がれば買い、下がれば売る。)が主流となり、AI.やアルゴリズムが主導する相場展開と成る。
理屈は通用しない。

週末の日経ヴェリタスの記事を読んで、さもありなんと頷いた。(ある意味。“そうか皆なも悩んでいるのだなと思った。” ほっとしたと言うのが本音だが…)
樹報会社のQuick.と日経ヴェリタスが4月6日~8日に行った外為市場関係者を対象とした共同調査によると、4~6月のドル・円相場は、
-膠着する。=61%。
-リスク回避の円買い。=26%。
-リスク回避のドル買い。=10%。
-その他。=3%。
と圧倒的に“相場は動かない。”と予想している。

具体的な予想値も、4月末=107.87、6月末=107.63、そして9月末=107.68と極めて詰まらない結果となった。

調査が行われた4月6日~8日のドル・円相場は概ね109円台であったから、どちらかと言えば多少のドル安&円高を見た向きが多かった感じがする。


米連邦準備理事会(FRB)は9日、中小企業向け融資や投資非適格級の債券買い入れ拡充を含む新たな資金供給策を発表した。
この資金供給策は投資不適格級に最近格下げされた社債の一部も対象となるなど、前例のない措置を講じたことで足元のドル需給ひっ迫懸念が後退し、週末に向かってドルの下げを助長したが株式市場の反応は鈍い。
発表後の木曜日、ダウ30種平均株価は約285ドル上げて23,719.37で引けたが、グッド・フライデイ明けの本日の正午現在でダウ先物CME.は凡そ270ドル下げて木曜日の上げを帳消しとしている。
株式市場は、果敢なFRB.の金融緩和・資金供給策に対して冷ややかな対応をしていると言えまいか?

相変わらずドル・円相場の見通しを語るのは難しい。

相場が動く要因を挙げてみると、
ドル買い&円売り要因。
-一旦収まったかに見える有事のドル買い。
-新年度に入り外債投資枠が広がったGPIF.によるドル買い。

ドル売り&円買い要因。
-3月の日銀短観で2020年度のドル・円想定為替レートが107.98に設定されて売り余力が増した輸出筋のドル売り。
-コロナ・ウィルス騒動による保有資産棄損を埋める為の本邦機関投資家のレパトリの為のドル売り。(外貨建て資産を圧縮して我が国に持ち帰る。)

これらの要因のどれかの一つを取っても、ドル買い或いはドル売りのExcuse.=(口実)となり得る。
先週の動きを見ると、
4月6日 7日  8日  9日  10日 
高値 109.38 109.26 109.09 109.06 108.58
と、日毎に高値が切り下がりつつある。

本日13日の高値は108.51で安値は108.01まで下げているが、どうやらGPIF.の買い出動は出ていない模様だ。
短期的にはもう一段のドルの下げ余地が有ることを認識すべきか?


時は非常事態。

塾長は今は我慢して自宅待機をしている。
運動不足気味になるのが気になるが、無暗に外出してコロナ・ウィルスの餌食に成るのは御免だ。

相場に無暗に手を出してAI.やアルゴの餌食に成るのも御免だ。

今暫く我慢して様子を見ることにしよう。

休むも相場。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.