“悲観論と楽観論。”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

ドル・円相場の動きがすっかり落ち着いてしまい、先週のレンジは安値106.93、高値108.51と1円58銭の値幅に留まった。
東京外為市場の出来高も1日凡そ40億ドルくらいに留まって3月の半分以下に減少している。

コロナ・ウィルスの影響でディーラー諸君の多くが在宅勤務を余儀なくされていることも一因であろうが、実は世の中は依然として激しく動いている。

その中でもアメリカの景気減速の実態は驚くべきである。
先週発表された指標を振り返ってみると、

4月NY連銀製造業景気指数 -78.2 予想―35.0 過去最悪。
3月小売売上 -8.7% 予想 -8.0% 過去最大の落ち込み。
3月鉱工業生産 -5.4% 予想 -4.0% 戦後最悪。
新規失業保険申請者数 524万5千人 予想510万人 4週連続で約2,200万人の新規失業者が生まれた。
4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 -56.6 40年ぶりの低水準。
3月住宅着工件数 -22.3% 予想-18.7% 36年ぶりの下落率。
と目を覆う様な結果となり、地区連銀経済報告で“経済活動は突然かつ急激に収縮した。”とのコメントが載せられた。

市場は悲観的になるかと思いきや、そうでもない。
日々のニュースで株価は目まぐるしく動き、ダウ30種平均株価の動きを見ると、13日(月)-329ドル、14日(火)+559ドル、15日(水)-445ドル、16日(木)+33ドル、そして17日(金)に+705ドルで結局先週は週初から+852ドルで引けた。

米国のリセッション(景気後退)懸念が台頭してリスク・オフの動きとなって株安となる思いきや、債券とドルが小動きの中株価は上げている。

先日も嘆いた様に過去の経験則が決して同じ様にワークしない。
ダウ30種平均株価が上げたから東京でも上げるだろうとの思惑は通用しない。
リスク・オフだから株価は下げ、円が買われるであろうなどの推測は意味を為さない。

今日の動きを見ても良く分からない。

金曜日にダウ30種平均株価が705ドル高で引けて日経平均株価も高値圏で推移するかと思いきや、いきなり約280円安となり午後2時半現在で約200円安の19,700円前後で取引されている。
ドル・円相場は金曜日の終値と同値の107.55でオープンした後高値107.89を付け、現在は107.80前後で静かに推移している。

どうやら市場には依然として猛威を振るうコロナ・ウィルスとその影響に対する悲観論と楽観論が入り混じっている様に見受けられる。

あれだけ悪いアメリカの経済指標が発表されたにも拘わらず株価が堅調なのは、FRB.の果敢な金融政策に対する高評価とトランプ大統領の“米国は新たな感染のピークを過ぎた。経済は3段階で活動再開する。”との楽観的な発言によるものなのであろうか?

確かにコロナ・ウィルスに対する新薬の治験とかが行われ、何となく最悪期から脱しつつあるかの様な感じもするが、事を楽観視するのは早かろう。
未だあと数週間はアメリカの雇用環境は悪化するであろうし、それに伴う消費の落ち込みも当然であろう。

あと少し気に成るのは果敢な金融緩和策と資金供給により膨れ上がりつつあるFRB.のバランスシートの行方である。
FRB.のバランスシートは果敢な資金供給によって2008年のリーマン・ショック時を彷彿させる程の規模に膨れ上がりつつある。
リーマン・ショックの際は、日銀とFRB.の資金供給量の差を比較した“日米マネタリーベース比率”、いわゆる“ソロスチャート”が注目されたがFRB.が量的緩和を実施するなかで資金供給量を急拡大させた為、日銀のマネタリーベースをFRB.のマネタリーベースで割った“ソロスチャート”が急低下し、ドル・円相場は107円台から90円台へ急落した。

現在もFRB.のマネタリーベースは増え続けており、“ソロスチャート”は低下傾向にある。

矢張り中長期的にはドルの低下傾向は変わらないのかなと思っていた矢先にびっくりする様なニュースが飛び込んできた。

ブルームバーグ通信によるとトランプ大統領が17日の記者会見で、“ドルはとても強い。強いドルは全体としてとても良いことだ。” =“The dollar is very strong, and strong dollars are overall very good.” と語ったと伝えられた。

これが本当だとすると米製造業者や輸出業者にとって有利なドル安政策を掲げて来たトランプ大統領が、“強いドル”支持に方向転換したことになる。

ただ不思議な事にロイターを始めとする他のニュース媒体を調べてもこのニュースを見付けることが出来ない。

かと言ってブルームバーグ通信がガセネタを配信するとも思えない。

このニュースを知ってか知らずか、ドル・円相場は極めて小動きで午後2時半現在依然として安値107.52、高値107.89の狭いレンジに留まっている。

個人的には上で述べた様にアメリカ経済が益々悪化する中、トランプ大統領がドル高容認をするとも思えないのだが、よく分からない。


この様な状況では依然としてディフェンシブな取引が肝要だと思っており、大きなリスクを取る事は避けたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.