「新型コロナ回復者に大幅な伸び!リスクオンをどんどん織り込む展開は続くのか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

f:id:gaitamesk:20200430141909p:plain

今週も新型コロナ情報からご紹介していきます。 先日、1日あたりの感染者数のピークをつけたのち、急激に下落しました。
それに対して、回復者が大幅な伸びを記録し、1日あたりの感染者数に徐々に追い付く形となってきております。

死亡者は減少傾向にあり、症状が深刻にならなかった人も増えていきている証拠でしょう。ですので、回復者も増加傾向にあります。
まるで為替チャートのようですが、いずれにしても新型コロナウイルス感染者数の拡大速度は引き続き減速していくように思えます。

当コラムでは特に4月から早くリスクオンの可能性に言及してきました。市場のファンダメンタルズは個人的にはまだ大きく織り込みきれていないと思い、引き続きリスクオン継続で考えておりますが、5月あたりからある程度の調整があるのではないかと感じております。

そして、来週に米雇用統計発表となります。向こう1週間以内に今のトレンドはある程度成熟し、織り込み済みのフェーズに入っていくのではないでしょうか。
今週もドル円とオジドル(AUD/USD)について、分析していきます。

目次

▼USDJPY、円高方向は限定的か?
▼オーストラリアはロックダウン解除へ!
▼オジドル日足、ターゲットは0.6650か

USDJPY、円高方向は限定的か?

f:id:gaitamesk:20200430141947p:plain
ドル円日足です。 先週のコラムでは107円手前からロングを狙い、損切りは106.50割れと設置しました。
すでに追い込まれつつあるので、これは損切りとなります。
しかしながら、フィボナッチの50%押しは106.42付近に存在しており、こちらはサポート要因になります。

FOMCも終わり、ドル円ロングを再度入り直したいと考えております。
5月は季節柄的にドル買いになりやすいシーズンでして、確率的にその方向に賭けたポジションになります。ただし、リスクオンの腰折れが生じた場合、ドル円下落リスクになりますので、損切りは浅めの設定でスイングトレードを狙います。
こちらもまた60pips程度の損切りで設定し、100pips以上の上昇を狙ったトレードにしたいと思います。

オーストラリアはロックダウン解除へ!

f:id:gaitamesk:20200430142015p:plain
オジドルの週足です。
ロックダウンを大幅に解除に踏み切ったオーストラリアです。ニュージーランドもそれに続いており、オセアニア通貨は大幅な上昇が狙えるかもしれません。 ドル円を加味するならば、豪ドル円の買いも検討の余地にはいります。

すでにオーストラリアでは感染者数に対して80%以上、回復者と死亡者の割合があります。すでに新型コロナショックをいち早く乗り越えつつある国ですから、ロックダウン解除などは頷けるでしょう。(日本はまだ25%程度です・・・・。)

オジドルは先週、来週あたりから戻り売りを狙うことについて言及はしておりましたがもう少し勢いがありそうなので、今一度押し目買い戦略からのドテンショートを狙う作戦に切り替えたいと考えました。

オジドル日足、ターゲットは0.6650か

f:id:gaitamesk:20200430142031p:plain
オジドル日足のフィボナッチ分析です。
今週から始める予定だった戻り売りを見送りとし、もう一段高を狙います
ターゲットは週足で引くことができるレジスタンスラインです。
0.6650付近をターゲットとしたいと思います。ここはフィボナッチの76.4%戻しとも重なるクラスターゾーンです。

まだ120pipsほど距離があり、押し目買いチャンスはもう一度ぐらいありそうです。 ただし、大きな戻り売り狙いは変わりませんので、どちらかというと0.6650手前から待ちたいと思います。オーストラリアの新型コロナショック回復はかなり織り込み度が高まってきているのも事実です。 中国経済も回復してきていることから、最終的には豪ドルはブルで予想しておりますが、米国もおそらく3週間程度遅れて回復を見せ始めるはずです。

これが毎回申し上げている通り、織り込んでくるドル買いは5月から起こると考えております。米ドル資本の回帰が再び本国に向かうことになるのは5月ごろから、そして6月に向けて本格的なドル高トレンドになっていくと個人的に考えているのです。今のタイミングは3月末の豪ドルのようなものです。
この大きなビッグウェーブを狙うなら、間も無くではないでしょうか?

引き続き、ドル円の買い中心に、オジドルの戻り売り、または豪ドル円の買いを狙ったトレードを実践予定です。
まずは再度ドル円ロングから入っていく予定です。今回もファンダメンタルズの大局を読むような内容になりましたが、皆さんは如何でしょうか?


【レベルアップセッション】


【先週のコラム】


【インタビュー】


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.