FX初心者が見逃しがちな決済のタイミング「利確」ポイントの条件とは?

f:id:navimedia:20200609170852j:plain
皆さんは、FX取引で「決済のタイミングを間違えてしまった」と、後悔した経験はありませんか。
FX初心者は、わずかでも利益が出ると、すぐに利益を確定してしまいがちで、大きいロット数ならば、わずかの価格変動で決済することも“あり”だと思いますが、少ないロットで「利確」をしていては、「損小利大」など望むべくもなく「労多くして功少なし」に終わることも少なくありません。
今回は、FX初心者にとって、エントリーポイントと同じくらいに重要な「決済するべきタイミング」について解説してみましょう。

「利確」ポイントの条件

利益を確定するタイミングや条件は、トレーダーのトレードスタイルや好みによって異なります。
ただ、たいていの場合、何らかの論理にもとづいて決めているケースが、ほとんどだと思います。
まだ、自分自身のトレードスタイルが確立していない初心者は、まず、メジャーなテクニカル指標やチャートの特徴的な動きをもとに、決済するのが常道でしょう。

それでは具体的に利益確定のタイミングとなりやすいポイントを、チャートで見てみましょう。

①サポート・レジスタンスライン

f:id:navimedia:20200507170919j:plain

過去の相場の動きを示すチャートには、上昇・下降の転換点となるポイントがいくつもあります。
その複数の転換点を水平ラインでつないだものを、サポートライン(下値支持線)・レジスタンスライン(上値抵抗線)と呼びます。
多くのトレーダーが、この両ラインを意識して売買しています。
ライン近くでは、チャートが反転することが多いとされています。

上図で示された黄色い円のように、サポートライン付近でロングエントリー(買い注文)を入れ、レジスタンスライン付近で決済するのが、初心者でもやりやすい「セオリー」でしょう。

なお、サポートラインとレジスタンスラインは、ブレーク(ローソク足がラインを抜ける)後に、入れ替わることが多いです。
例えば、上図では、1ドル=112.244円のラインが、チャートの左側ではサポートラインであったのが、下抜けた後、右側ではレジスタンスラインへと変化しているのが分かります。

②トレンド・チャネルライン

f:id:navimedia:20200507171027j:plain

相場は上昇トレンド(右上がり)、下降トレンド(右下がり)、レンジ相場(横ばい)の3パターンから成り立っています。
トレンドラインとは、上昇トレンドであれば、上昇していく下値をつないだ線、下降トレンドでは、下落していく上値をつないだ線です。
また、トレンドラインの反対側に、波動に接するように引いた平行線がチャネルラインです。

いずれのトレンドにおいても、相場はトレンドラインとチャネルラインの間を、上下動しながら推移することが多いため、両ラインとローソク足が接する点は、エントリーおよび決済のタイミングになります。
ロング(買い)・ショート(売り)を切り替えながらトレードします。

③獲得pipsによる利確・損切りポイントの設定

f:id:navimedia:20200507171109j:plain

エントリーする際、利益確定と損切りのポイントをそれぞれ設定して、そこに達したタイミングで必ず決済するというルールを決めておく方法もFX初心者にとって有効です。

それぞれの幅をどう設定するかは、各トレーダーの自由ですが、一般的には「利益3に対してリスク1」が、「バランスが良い」とされています。
例えば、100pipsでの「利益確定」に対して33pipsの「損切り」で設定してトレードするということです。
上図では、利益が出る方向に相場が動いたので、良い結果となりましたが、逆に動いた場合に損切りすることになっても、ためらってはいけません。

④フィボナッチ・リトレースメントの活用

f:id:navimedia:20200507171131j:plain

フィボナッチ・リトレースメントとは、フィボナッチ数列を利用して、サポート・レジスタンスの水準を導き出す手法です。
相場がトレンドと逆の動きを示したときに、その「戻り」がどの程度かをはかる指標として使われます。
「38.2%」「61.8%」などの水準を目標とするのが一般的です。

例えば、上図では上昇トレンドを示した74.37円付近で、下降に転じています。
これがどこまで下がるかを判断したいようなときに、フィボナッチ・リトレースメントの出番です。
直近最安値の位置から直近最高値にラインを引き、38.2%、61.8%の水準を反転の候補とします。
この付近でチャートを注視し、決済のタイミングをはかるという方法です。

「利確」設定の注意点

テクニカル指標にもとづく決済のタイミングについて、FX初心者でも比較的使いやすいものをご紹介してきました。
ここでの注意点は、どの指標を使うにせよ、必ずしも相場が目指す水準まで、たどり着く保証がないことです。
予想に反して、途中で反転することも珍しくありません。
想定外の動きに備えて、必ず損切りラインを設定し、強制ロスカットを回避できるようにしましょう。

さらに決済のタイミングをより正確につかむためには、移動平均線やボリンジャーバンド、相場の勢いを認識するオシレーター系の指標を活用するのも良いでしょう。

「利確」「損切り」という決済のタイミングは、そのまま資産の増減に影響します。
非常に重要です。
FX初心者は、その時々の感覚に委ねるのではなく、今回ご紹介したような論理をもとに、優位性があると考えられる決済のポイントを見つけるようにしてください。


PickUp編集部

f:id:navimedia:20200115123814:plain

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.