“金余り?”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

ゴールデン・ウィークも終わり、清々しい季節になったが依然として為替市場は盛り上がりに欠ける。

先週のドル・円相場は週初の高値107.06からじり安となり一瞬106円の大台を割ったが直ぐに切り返し、金曜日の驚く様な悪い内容の4月米国雇用統計発表の後じり高となって106.70で引け、週明けの今日高値107.00を付けて“行って来い。”の展開と成った。

その驚く様な4月米国雇用統計の中身は失業率が10.3ポイント悪化して14.7%となり、非農業部門雇用者数は先月分の調整後の-87万人から一挙に-2千50万人となって失業率と共に戦後最悪の数字を記録した。

ここ数週間、殆どありとあらゆる米国発の経済データが“戦後最悪”と表現される程酷いものばかりで、この4月米国雇用統計が止めを刺した感が有ったがどう言う訳か相変わらず株価は堅調である。

ダウ30種平均株価は金曜日、前日比∔455ドルで引け、ナスダックも5日間連騰した。
先週のレポートでも首を捻ったが、株に素人の筆者にはこの米国株式の堅調さがよく理解出来ない。
あれだけ悪い経済指標が出続け、2ヶ月前までは殆ど完全雇用に近かった雇用環境が一転して6人に1人が職を失う状況なのにどうして株価は上がるんだろうか?

素人考えではFRB.によるあれだけ果敢な金融緩和が行われて、市場にお金が溢れているからではなかろうか?
一言で言えば“実体経済を表さない株高”とは言えまいか?

ニューヨーク市場でお金が溢れているという事は当然ドルが大幅な余剰になっているとも言える。

4月20日のレポートで、
“あと少し気に成るのは果敢な金融緩和策と資金供給により膨れ上がりつつあるFRB.のバランスシートの行方である。
FRB.のバランスシートは果敢な資金供給によって2008年のリーマン・ショック時を彷彿させる程の規模に膨れ上がりつつある。
リーマン・ショックの際は、日銀とFRB.の資金供給量の差を比較した“日米マネタリーベース比率”、いわゆる“ソロスチャート”が注目されたがFRB.が量的緩和を実施するなかで資金供給量を急拡大させた為、日銀のマネタリーベースをFRB.のマネタリーベースで割った“ソロスチャート”が急低下し、ドル・円相場は107円台から90円台へ急落した。
現在もFRB.のマネタリーベースは増え続けており、“ソロスチャート”は低下傾向にある。”
と述べたが、市場にドルの余剰感が台頭するとリセッション入りをも懸念される極めて悪い米国ファンダメンタルズと相まって、思わぬドル安&円高が進むリスクが有るのではなかろうか?

かつての株安=リスクオフ=ドル安&円高の図式とは異なる、株高=リスクオンだけれどもドル安&円高と言う変則な図式も頭に入れておく必要が有るかも知れない。



先週と同じく、今週も戻り売りのスタンスで臨みたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.