FX初心者でも分かる!トレンドフォローのエントリーポイントとは?

f:id:navimedia:20200514172228j:plain

FXにおいて取引のルールは欠かせません。
まず初心者が迷うのは、エントリーポイントではないでしょうか?エントリーの決め手は、「エントリーの根拠に優位性がある」ということでしょう。
その意味では、トレンドフォローによるエントリーは、FXの初心者にとっても分かりやすく、優位性も確保しやすい手法といえるでしょう。
そこで今回は、初心者でも分かりやすい「トレンドフォロー」によるエントリーポイントについて考えてみましょう。

トレンドフォローとは

トレンドフォローとは、「トレンド相場のときに、流れに逆らうことなくトレンド方向へポジションを取る」手法のことをいいます。
いったんトレンドが発生すると、しばらくの間、調整を挟みながらも、一方向へ伸びていく傾向があります。
そうした傾向を利用して、トレンド発生を見極めた上で、タイミングを見計らい、同方向でエントリーをするものです。

トレンド相場とレンジ相場はダウ理論で

相場の動き方は、「トレンド」と「レンジ」の2パターンに大別されます。
トレンド相場では「上昇トレンド」と「下降トレンド」のふたつに分かれます。
トレンドフォローでエントリーをするには、トレンド相場とレンジ相場を判断し、トレンド相場にあるときだけ、同方向へのエントリーを検討します。

トレンド相場なのか、レンジ相場なのかを見極めるには、いくつかの方法があります。
なかでも効果的なのは「ダウ理論」でしょう。
「ダウ理論」とは、テクニカル分析の先駆者とされるチャールズ・ダウによって提唱された相場理論のことです。
100年以上も前から多くのトレーダーの相場分析に活用され続けている指標です。

1)トレンドとレンジの定義

ダウ理論におけるトレンドの定義は以下の通りです。


・上昇トレンド:前回の高値と安値をともに切り上げる
・下降トレンド:前回の安値と高値をともに切り下げる

一方で「レンジ」とはトレンドが発生していない状態をいいます。
つまり上記のトレンドの定義が当てはまらない状態です。

2)トレンドの転換について

どんなトレンド相場もいずれは終了し、逆方向のトレンドへと転換することになります。
転換のタイミングを明確に判断するのにも「ダウ理論」が効果的です。

「ダウ理論」はおもに6つの基本原則から構成されています。

1.価格(平均株価)はすべての事象を織り込む
2.トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
3.主要なトレンドは3つの段階から形成される
4.価格は相互に確認される必要がある
5.トレンドは出来高でも確認される必要がある
6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

FX初心者には、これらすべてを理解することが難しいかもしれません。
6つめの「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」を利用するだけでも相場を見る精度は違います。
ここでいう明確な転換シグナルとは、「押し安値」「戻り高値」を更新することを意味します。

「押し安値」とは、直近高値をつける直前に、起点となった安値のことで、「戻り高値」はその逆です。
つまり「押し安値」「戻り高値」を割ったタイミングをもってトレンドの終焉と判断します。
そして、その後に高値と安値がともに切り上げ、あるいは切り下げを確認できたら、新しいトレンドの発生です。
「押し安値」「戻り高値」の更新がない限り、レンジ状態であっても、目線は固定できる点が「ダウ理論」の大きなメリットといえるでしょう。

f:id:navimedia:20200514172239j:plain

ふたつのエントリーポイント

続いて、ダウ理論を利用したトレンドフォローのエントリーポイントについて、ふたつの方法をご紹介しましょう。

1)押し目買い、戻り売り

「押し目買い」「戻り売り」とは、トレンド相場での一時的な調整のタイミングで、エントリーをする方法です。
例えば、上昇トレンド中のトレンドフォローは、買いエントリーを狙います。
上昇からいったん調整で下降し、再上昇するタイミングでエントリーするというのが「押し目買い」です。
トレンドを見極めた上での「押し目買い」と「戻り売り」は、非常に優位性の高いエントリーポイントになるでしょう。

f:id:navimedia:20200514172250j:plain

2)ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、前回の高値、安値を更新したタイミングのことをいいます。
トレンド発生時、あるいはトレンド継続中に発生するブレイクアウトは、狙うべきエントリーポイントのひとつです。

例えば、安値を切り上げ、次に高値を切り上げたら、上昇トレンドが発生するという場面で、前回の高値を上抜けたらブレイクアウトしたと判断して、エントリーをするというものです。
あるいは上昇トレンド状態で、一時的な調整のあと、再び前回の高値を上抜けたタイミングも、ブレイクアウトによるエントリーポイントになります。

f:id:navimedia:20200514172302j:plain


初心者にとって、エントリールールを確立することは簡単なことではないでしょう。
しかし今回ご紹介した「ダウ理論」を知っているだけでも、迷いを断つことは可能です。
トレンドフォローにおいてトレンドとレンジの見極め、そして、目線を固定するという使い方ができる点で、「ダウ理論」は非常に優秀な分析方法といえるでしょう。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.