ポンド/円 サポートラインを割り込み、下落トレンド入りが明確に!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200518093247j:plain


■  ポンド/円 サポートラインを割り込み、下落トレンド入りが明確に! 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週末に直近のサポートラインを割り込み、下値不安の大きい形状になっています。先々週に一度、直近のサポートラインを割り込んできており、この辺りから、何だか怪しいなぁ・・・と思っていたのですが、ようやく先週末になって、そのパワーが炸裂し始めたようです。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線がサポートラインを割り込み、長期>中期>短期>実体線という並び順が形成されていますので、素直に下落トレンド入りという判断でよいのではないでしょうか。MACDはゼロラインの下側で微妙な動きを続けていますが、少なくとも相場が上向き基調だという判断は、チャート指標からは見られません。
今週は、迷わず売り先行で臨みたいところです。実体線が中期・長期の移動平均線の下側での推移を続けてきたところからサポートラインを割り込んでいますので、買い方のストレスはかなり大きなものになっているのではないでしょうか。逆指値の買い戻しラインを少しずつ下げるような形で、うまく下落トレンドに乗れるとよいなと思っています。3月の安値は遠い状況ですが、ひょっとすると・・・という期待が持てる形状と言えそうです。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 動意薄の状況が続く。次の展開を待つよりないのでは・・・。 
先週は、月曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。当然に、週の高値・安値も月曜日の高値・安値と同じということになり、週を通じて、わずか1円強の値動きに終始したことになります。動意薄と言ってしまえばそれまでですが、あまりにも値動きに乏しく、今後の上下の予想についても困難を極める状況と言えるでしょう。
今週は、様子を見るよりないような気がします。今ここで上下の予想するのではなく、上下どちらかに動いた後で順張りでリスクテイクをした方が良いと思うのです。正直なところ、あれだけ動いていた相場がこんなに動かなくなるものなのかという印象もあります。パワーバランス的には、全く平衡が保たれている状況ですので、あえてリスクを取る必要がない状況だという判断をしています。

■ ユーロ/円 売られそうで売られない・・・ 
先週は,火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。緩やかな下落トレンドが継続する中、月曜日に陽線が出現して戻してしまい、その後は小康状態を保った1週間だったという感じでしょうか。積極的なリスクテイクの場は見られなかった印象を持っています。上値が切り下がる一方、下値も切り上げてきており、ドル円とはまた違った意味で動意薄になってきている感じがあります。
今週は、ドル円と同様、様子を見るよりないような気がします。MACDも若干上向き基調になってきていますし、下落トレンドの中での戻しということであれば、追いかける必要はないと思うのです。逆に、先週の安値を下回ってくると、少し下値不安が台頭してくる可能性はあります。その際の目安となるのは、やはり「勢い」ではないでしょうか。先週後半のように下ヒゲを伴った小陽線が続くようであれば見送り、大きな陰線が出現して一気に下落するようであれば追いかけてもよいかもしれませんね。

■ オージ/円 上下どちらに動くのか、全く分からないゾ・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。十分に上値を取りに来る可能性もあったと思うのですが、何とも失速感が強まり、買い方もいったん撤収という形でしょうか。しかし、いったん上値追いの動きを遮られたとは言え、再度上伸基調に戻る可能性は、残っているような気がします。
今週は、様子を見るよりないように思います。実体線の居場所自体は3本の移動平均線の下側ですので、トレンドとしては下を向いている可能性もなくはないのですが、やはり、はっきりとした下落トレンド入りを確認するためには、少なくとも先々週の安値を明確に下回ってくることが必要と言えるでしょう。一方で、先週の高値を超えてくるようであれば、普通に上昇トレンド入りへ回帰する可能性も残されているという状況だと思います。

■ ユーロ/ドル いつになったら動き出すのか・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週を通じた値幅はわずか120pipsということで、小動き極まりない状況となっています。日々、陽線が出るか陰線が出るか全く分からない状況ですので、リスクテイクには全く適していないような気がします。トレードレンジが徐々に狭まってきている感じがありますので、そのうち動き始めるとは思うのですが、現時点では手出し無用という状況ではないでしょうか。
今週は、様子を見るよりないのではないでしょうか。売るなら売るで安く引けたのを確認してから、買うなら買うで高く引けたのを確認してからで十分だと思いますので、今はとにかく我慢の時期だと割り切って、日々の動きをしっかりと追いかけるべきのように思います。どちらかと言うと、売られる可能性の方が高いのではないかとは思っていますが、チャート上の明確なヒントが欲しいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200518093317j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.