FXで有利なポジションを狙えるMTF(マルチタイムフレーム)分析

f:id:navimedia:20200519150740j:plain

あなたがFXトレーダーとして成功したいなら、複数の時間軸で分析する「MTF(マルチタイムフレーム)分析」をぜひ覚えてください。
MTF分析とは、簡単に言えば「複数の時間軸で分析する」というもの。
これはスキャルピングでもデイトレードでも、実際の取引時間軸の違いとは関係なく、大切な手法です。
FX初心者であれば、ぜひ覚えておきたいテクニックです。

MTF(マルチタイムフレーム)分析の基本

MTF分析では複数の時間軸でチャートをみます。
その際のルールは以下の通りです。

・トレードの時間軸を問わず、長期足から分析する
・短期足よりも長期足を重視する
・長期足の動きを踏まえて短期足を見る

最初に難しい手法を、あれこれ知ろうとするよりも、FX初心者はまず、MTF分析の考え方を身に付けましょう。
どんなテクニカルでも、MTF分析の要素は盛り込まれています。

ポジションを持つよりも、最初に月足・週足・日足の順番で、大きな時間軸から分析するのがMTF分析の基本です。
長期的な相場の方向性(上がりやすい状況なのか、下がりやすい状況なのか)を大きな目線で把握します。

大きな時間足でチャートを見ることを「マクロ分析」と言います。
「現状はどんな状況なのか」をざっくりと分析するのです。
大きな目線で状況を把握できたら、短期足を見て、より具体的なポジションを持つ価格を探ります。
この小さな目線でチャートを見ることを「ミクロ分析」と言います。

なぜ、長期足と短期足で分析をするのかというと、長期足と短期足で方向性が合っているのが理想的なポジションだからです。
例えば、5分足だけを見て「今、下がりそうだから売りポジションを持とう」とするのでなく、まず日足を見て「日足で何度も上値を抑えられている価格だ」と確認してから、さらに5分足を見て、「5分足も下がりそうだから、ここで売りポジションを持とう」とするのは、MTF分析に基づくFX取引です。

多くのFX初心者は、こうした見方をせずに、ひとつの短期的な時間足だけを根拠に、ポジションを持ってしまいがちです。
MTF分析によりポジションの保有に複数の根拠を持つことで、少なくとも負ける確率は減らせるでしょう。

どんなトレードも長期足から戦略を考える

MTF分析では長期足の分析を最初に行い、「長期足の方向性」を重視します。
長期の時間足は、短期の時間足が集まって作られているからです。
例えば、1本の1時間足のローソク足というのは、見方を変えれば、30分足のローソク足2本分であり、また15分足4本分です。
つまり、1時間足を見て取引するトレーダーは、30分足・15分足などより小さい時間足でトレードをする人の考え方を含むということになります。
つまり、長期足であるほど多くの短期足を含み、スイングからスキャルピングまでより多くのトレーダー・投資家の思考が含まれたものとなるため重要視されているのです。

実際のチャートからMTF分析

それでは実際のチャートを見ながら、MTF分析を行ってみましょう。
ドル/円チャートにおいて、デイトレードで「買い」と「売り」、いずれのポジションを持つかを検討します。

MTF分析の基本は長期足からです。
日足を見てみると、次のような形になっていました。

f:id:navimedia:20200519150754j:plain
直前まで下降トレンドがみられていました。
高値と安値を切り下げ続けている状態です。
ここでMTF分析をした場合、次のような判断ができます。
「日足は下降トレンド、大きな目線は下なので高値付近で売られやすいだろう」


日足で大きな目線を確認したら、4時間足でポジションを探っていきます。
このときの4時間足チャートは以下でした。

f:id:navimedia:20200519150806j:plain
ここでのMTF分析によって、このような判断ができます。
「4時間足は上がってきたので、日足の高値付近で売りポジションを持とう」もしMTF分析をせず、日足を見ていなかった状態で、この4時間足を見ると、ほとんどのFX初心者は「上がってきている。この辺で買いポジションを持ってみよう」と考えるのではないでしょうか。

長期足から状況を把握できているからこそ、「これは下降トレンド中の一時的な上昇だ」という目線を持つことができ、日足の高値で「戻り売り」の戦略が取れるのです。

なお、その後の実際のチャートは次のようになっています。

f:id:navimedia:20200519150836j:plain
結果的に価格は下がり、売りポジションを持っていた側に利益が残りました。

このように、同じ4時間足のチャートでも、その前に長期足(日足)から状況を把握するだけで、見え方が変わります。
長期足の状況を踏まえて短期足を見るのが大切です。
特にFX初心者は、ポジション直前のチャートで判断し、価格だけを目で追いかける傾向があります。
そのとき、MTF分析で複数の時間足を分析するだけでも不利なポジションを持つ機会は減るでしょう。

FXでは、「有利なポジションは、長期の時間足と目線が合うタイミング」と覚えましょう。
これがいつも正解とは限りませんが、心がけることで失敗は確実に減るでしょう。
長期足からチャートを見ることから「脱・初心者」は可能です。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.