「リラ切り返しの中、政策金利発表が迫る」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20200520112953p:plain

トルコでの新型コロナウイルス感染は収まってきたが、感染者数はフランスを抜き世界で8番目の規模になっている(約15.1万人)。

そんな中、トルコ中銀は21日20時(日本時間)に政策金利発表を行う予定だ。
市場では現在の8.75%から利下げされるとの予想になっている。

足元のトルコリラ/円は5月7日につけた14円60銭台の過去最安値から1円以上切り
返している。一部トルコメディアが、トルコ当局は日・英とのスワップ協定締結が目前と報じた事などが材料視された模様だ。事実ならトルコの外貨調達不安が和らぐ事になるが、日本や英国からのコメントはなく、現時点で真偽のほどは不明である。

ちなみに、前回4月22日の利下げ時を振り返ると、発表当日は、リラへの反応は見られなかったものの、2日後からリラ安が再開している。
今回も同様の値動きにならないか、注意をしておきたい。

f:id:gaitamesk:20200520113301p:plain

f:id:gaitamesk:20200520113329p:plain

f:id:gaitamesk:20200520113351p:plain

【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top