“二匹の窮鼠。”

f:id:okinawa-support:20200525164953j:plain


先週のレポートで、“落ち着いたかに見えた米中貿易戦争再発のリスクが生じつつある。”と述べたがその可能性が益々高くなりそうである。

先週トランプ大統領がコロナ・ウィルスに関して中国に対して発した罵詈雑言は尋常なものではなかった。
“中国の欧米に対するプロパガンダ攻撃と誤報は恥ずべきもの。”
“中国は簡単に新型肺炎を防ぐことができたが、上からの命令でそうしなかった。”
“中国は自分たちが世界中に広めた痛みや大虐殺から必死に逸らそうとしている。”
“中国は大規模な偽情報キャンペーンを展開している。”

最新の調査によると民主党のバイデン候補に大統領選予想で5~6ポイントの差をつけられて後塵を拝しているトランプ大統領は相当焦っている模様である。

これまではトランプ大統領の言動に対して眉をひそめるものの“景気は良いし、株価が堅調なんだから良いだろう。”と言っていた共和党贔屓のエスタブリッシュメントも、トランプ大統領のせいではないにしてもこれだけ景気が減速して株価が下落している現状を見て、そろそろ愛想を尽かせつつある。
とは言え、バイデン勝利では株価下落の可能性が高く、“ちょっとお灸をすえるべきかな?”と言う程度のものだろうが..

こういう場合(支持率が下がる。)、時のリーダーは何をするか?
大衆の心を外に向けたがる。
歴史的に見てもそう言ったケースは幾つも有るし、最近ではお隣の韓国や中国がそうだ。

再選を目指すトランプ大統領は景気減速と株価下落を導いたコロナ・ウィルス騒動を中国のせいだと糾弾し、更なる中国バッシングに邁進するだろう。

折しも現在中国では日本の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が開催され、台湾に関しては統一を巡って“平和的”の文言が削除され、香港に関しては香港自治を阻害する国家安全法の導入が示唆された。
この週末、香港で国家安全法に反対する数千人規模のデモが発生し多数の学生や市民が拘束された。
トランプ大統領は中国が香港に対して国家安全法を導入すれば極めて強硬に対応すると警告したが、米中対立が激化する中面子を貴ぶ中国がおめおめと引き下がることは考えられない。

昨年の米中貿易戦争で共産党からその弱腰な態度を詰られた習近平国家主席が面目挽回の為にトランプ大統領と同じ様な強硬な態度を取ることには驚かない。

東の窮鼠(習近平)と西の窮鼠(トランプ大統領)がお互いにかみ合う様なことになれば穏やかではない。(共食いか?)

アメリカでは50州で経済活動再開の動きが進み、我が国でも明日あたりから非常事態宣言の撤廃が噂され“コロナ後”の経済動向についての議論が始まりつつあるが米中対立が激化すれば当然リスク・オフの動きが高まろう。

昨今のリスク・オフの動きではドルと円が同方向に動き、ドル安と円安、ドル高と円高の動きとなって結局ドル・円のペアーは余り動ない状況が続いているが、中期的なトレンドとしてはドル安&円高となる可能性が高まりつつあるのでは無かろうか?

ドル・円相場は106円~108円のレンジに約ひと月留まっているが、このレンジが大きく破れるとしたら下サイドではなかろうかと思いつつある。


先週コロナ・ウィルスに対するワクチン開発成功のニュースで一時108.08の高値を付けた後、それに否定的なニュースに反応して再び107円台に戻ったドル・円相場であるが、そろそろ“戻り売り”のスタンスに復帰しようかと考えている。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.