週間テクニカル分析レポート 2020/05/25~2020/05/29 世界の外出規制緩和と米国の追加経済対策でリスクオン相場か

▼USD/JPY 終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは106.250~108.990
▼AUD/JPY 反発する兆しがあるも今週はいったん調整局面か。予想レンジは66.700~73.960
▼GBP/JPY 下落トレンドは続いており、今週も下落を予想。予想レンジは125.620~136.250
▼ZAR/JPY 終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは5.310~6.890
▼TRY/JPY 短期移動平均線をレジスタンスとして上値を抑えられる展開か。予想レンジは14.460~17.100
▼MXN/JPY 終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは4.100~5.360

USD/JPY

USD/JPY 週足分析:終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは106.250~108.990

f:id:navimedia:20200525171633j:plain

・トランプ政権が発足してから長期的に下落基調
・2016年12月の高値から引ける下降トレンドラインがレジスタンスライン
・欧米各国でロックダウンの緩和が期待され、リスクオン相場に好転
・終値は短期移動平均線をゴールデンクロスし買いサイン点灯。日本の緊急事態宣言解除もあり、今週は円安か。
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は106.25~108.99


USD/JPY 日足分析:短期移動平均線をサポートとして上昇できるかに注目

f:id:navimedia:20200525171644j:plain

・先週の米ドル/円は、ロックダウンの緩和や米国の追加経済対策期待からドル高で推移
・今週は75日移動平均線の上抜けを試す展開か


USD/JPYサマリー

・終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは106.250~108.990


AUD/JPY

AUD/JPY 週足分析:反発する兆しがあるも今週はいったん調整局面か。予想レンジは66.700~73.960

f:id:navimedia:20200525171654j:plain

・先週の豪ドルは、各国のロックダウン緩和期待によるリスクオンのムードを受けて上昇
・豪ドル相場は米中関係が良好にならない限り上値は重いと予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は66.70~73.96


AUD/JPY 日足分析:いったん調整に入り押し目を作るか

f:id:navimedia:20200525171702j:plain

・先週の豪ドルは、25日移動平均線と75日線がゴールデンクロス
・買いサインが点灯しているが米中関係悪化の懸念もあり、いったん押し目を作るか


AUD/JPYサマリー

・反発する兆しがあるも今週はいったん調整局面か。予想レンジは66.700~73.960


GBP/JPY

GBP/JPY 週足分析:下落トレンドは続いており、今週も下落を予想。予想レンジは125.620~136.250

f:id:navimedia:20200525171711j:plain

・先週のポンド/円は、週初にリスクオン相場のムードもあり、ポンド高に推移するもその後に悪い経済指標の発表などから下落
・移動平均線で確認するトレンドはどれも下落傾向にあり、今週も下落を予想。−2σラインまで下げる余地あり
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は125.62~136.25


GBP/JPY 日足分析:短期移動平均線をレジスタンスとして下落を予想

f:id:navimedia:20200525171721j:plain

・先週のポンド/円は、週初にリスクオン相場のムードもあり、ポンド高に推移するもその後に悪い経済指標の発表などから下落
・短期、中期移動平均線ともに下落傾向にあり今週も下落を予想


GBP/JPYサマリー

・下落トレンドは続いており、今週も下落を予想。予想レンジは125.620~136.250


ZAR/JPY

ZAR/JPY 週足分析:終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは5.310~6.890

f:id:navimedia:20200525171731j:plain

・先週の南アランド/円は原油先物価格の上昇、南ア中銀によるGDP見通し大幅上方修正で堅調推移
・終値が13週移動平均線をゴールデンクロスしており、買いサイン点灯
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は5.31~6.89


ZAR/JPY 日足分析:+2σラインに沿って上昇を予想

f:id:navimedia:20200525171802j:plain

・先週の南アランド円は、+2σライン上をバンドウォークしながら上昇
・今週は中期移動平均線のブレイクを試す展開か


ZAR/JPYサマリー

・終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは5.310~6.890


TRY/JPY

TRY/JPY 週足分析:短期移動平均線をレジスタンスとして上値を抑えられる展開か。予想レンジは14.460~17.100

f:id:navimedia:20200525171813j:plain

・先週のトルコリラ/円は、世界的な外出規制緩和によるリスクオンムードや連続利下げによる経済刺激策もあり大幅に上昇
・今週は、短期移動平均線でいったん上値を抑えられる展開か
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は14.46~17.10


TRY/JPY 日足分析:短期移動平均線をサポートと下値を固められるか

f:id:navimedia:20200525171823j:plain

・相場のムードやトルコ国内の新型コロナウイルスの感染者数のピークアウトの兆しもあり上昇
・75日移動平均線で見られる中期トレンドは下落傾向にあり、今週は調整局面か


TRY/JPYサマリー

・短期移動平均線をレジスタンスとして上値を抑えられる展開か。予想レンジは14.460~17.100


MXN/JPY

MXN/JPY 週足分析:終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは4.100~5.360

f:id:navimedia:20200525171834j:plain

・先週のメキシコペソ/円は世界的な外出規制緩和によるリスクオンムード、特にアメリカの経済活動再開が好感されて上昇
・終値が短期移動平均線をゴールデンクロスし買いサイン点灯
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は4.10~5.36


MXN/JPY 日足分析:+2σラインに沿って上昇を予想

f:id:navimedia:20200525171844j:plain

・先週のメキシコペソ/円相場は+2σライン上を5連騰
・今週もバンドウォークの動きを予想


MXN/JPYサマリー

・終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは4.100~5.360
sakou.jpg 岩田仙吉(いわたせんきち)氏
株式会社タートルズ代表/テクニカルアナリスト
2004年、東京工業大学から一橋大学へ編入学。専門は数理経済学。卒業後、FX会社のシステムトレードプロジェクトのリーダーになり、プラットフォーム開発および自動売買プログラムの開発に従事。その後、金融系ベンチャーの立ち上げに参画。より多くの人に金融のことを知ってほしいと思い金融教育コンテンツの制作に集中するために会社を創業。現在は、ハイリスク・ハイリターンの投資手法ではなく、初心者でも長く続けられるリスクを抑えた投資手法を研究中。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.