FX初心者が「ブレイクアウト」で利益を獲得するコツ

f:id:navimedia:20200527171743j:plain

世界中のFXトレーダーに人気のある「ブレイクアウト」というトレード手法をご存知でしょうか。
ブレイクアウトには、最も知られている「レンジブレイクアウト」をはじめ、タイミングによっていくつかのパターンがあります。
また、ブレイクアウト手法は、エントリーポイントが分かりやすいというメリットがある反面、「ダマシ」が多いなどのデメリットもあります。
そこで今回は、ブレイクアウト手法について、ご説明するとともに、FX初心者でも「ダマシ」を回避しながら、利益が出せるようになるためのコツを、わかりやすくお伝えしたいと思います。

なぜブレイクアウト手法は機能するのか?

まず、ブレイクアウト手法が機能する理由について考えてみます。
ブレイクアウトが機能する最大の理由は、損切り注文と新規注文が発生し、一気に相場を動かすようなエネルギーが集中するためでしょう。

下記のチャートのように、レジスタンスを大きく上抜けて、ブレイクアウトが発生するパターンを考えてみます。

f:id:navimedia:20200527171949j:plain
それまでレンジ相場だったために、価格が上抜けることで、レジスタンス付近から売りで入っていたトレーダーの多くに、レジスタンスの少し上あたりに入れた損切り注文が、大量に発生することになります。
この場合の損切りは、当然のことながら買い注文になるので、価格は一気にブレイクします。

同時に、上抜けることを期待して、レジスタンス付近で待ち構えていたトレーダーたちが、一気に新規の買い注文を入れるため、チャートはさらに上昇します。
これがブレイクアウトです。

ブレイクアウト手法のメリット・デメリット

ブレイクアウト手法のメリットはおもに以下のふたつです。

1)エントリーポイントが分かりやすい

ブレイクアウト手法は、ほかの手法と比較してエントリーポイントが分かりやすいことです。
多くの場合、レンジやキリ番(「110.00円」など小数点以下がきりの良い数字)付近など、相場のエネルギーが蓄積されるような価格帯になります。

2)トレンド発生で利益が大きくなる可能性

ブレイクアウト手法のもうひとつのメリットは、上か下に大きく抜けると、そのまま大きなトレンドとなって、利益が大きく伸ばせるかもしれないということです。
ただし、トレンドを形成するほどの大きなブレイクアウトは、それほど頻繁に発生しません。
そのチャンスを見逃さないように注意する必要があります。

一方でブレイクアウトのデメリットは、「ダマシ」が発生しやすいことでしょう。

典型的なケースは、「上に行くと見せかけて、下に戻ってきたものの、しばらくして、やはり上抜ける」というパターンです。
ところが、「上抜けと見せてかけて、そのまま下に一気に落ちていく」というパターンもあります。

ひとつめのパターンは、入り直せば済みますが、ふたつめのパターンは、「下抜けしたまま」ということもあり、レンジ下限での損切りなどが必要になってきます。
なお、「ダマシ」は、ブレイクアウト手法に限らず、さまざまな取引手法で発生するので、注意が必要です。

利益を出すためのコツ

ブレイクアウト手法について、簡単に説明してきましたが、ここからは、実際に利益をあげるためのコツについて考えてみましょう。

1)「押し」や「戻り」をしっかり待つ

ブレイクアウト手法のコツで大切なのは、ブレイクアウト直後の初動で飛び乗らずに、「押し」や「戻り」を待つことです。
初動で飛び乗ると、「ダマシ」にあうリスクが高くなるからです。

また、ブレイクアウト発生後に「押し」や「戻り」が一切なく、そのまま抜け切ってしまうことが、しばしば起こります。
もし、途中で思惑通りにいかなかったとき、すぐに対応できるのであれば、「押し」や「戻り」を待たずに、ポジションを持ってもいいでしょう。
ただ、初心者のうちは、「ダマシ」にあうリスクを抑えるためにも、できるだけ引きつけて、有利な位置から仕掛けたほうが、リスク・リターンの点からも安心です。

2)ボラティリティの高くなりそうな取引時間帯を狙う

ブレイクアウト手法で成功するためのもうひとつのコツは、ボラティリティ(価格変動性)が高くなる時間帯を狙うことです。
ブレイクアウト手法で利益を出すには、レンジなどのエネルギーがたまっている価格帯や、キリ番付近で揉み合っている価格帯などに狙いを定めておきます。
そして狙いを定めた価格帯を一気に抜ける瞬間をひたすら待つのです。
その場面として最も期待できるのが、「ボラティリティの高くなる時間帯」です。

例えば、ユーロ/米ドルならロンドン時間の始まりと終わりの時間帯。
特にロンドン時間の終わりは、アメリカ時間の開始時間と交錯することもあり、激しい値動きを見せるときがあります。
ただし、ポジションを手仕舞うトレーダーも多いことから、抜けてほしい方向とは反対方向に動くこともあり、十分な注意が必要になります。


さて、今回はブレイクアウト手法で利益を得るためのコツについてご説明してみました。
この手法はうまく“ハマる”と、FX初心者でも大きく利益が伸ばせます。
そのためには、「ダマシ」にあわないように、「押し」や「戻り」を待って、できるだけ引きつけてからエントリーするようにしてみてください。
そして、レバレッジをかけ過ぎずに、何度も経験を積むことが、コツをつかむ近道です。
リスクに十分注意しながら、チャレンジしてみましょう。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.