「マイナス金利はポンド安要因」ポンド/円 6月見通し 松崎美子

f:id:gaitamesk:20200526161648p:plain

2019年のマーケットの主役は、ポンドであった。2020年も引き続き、主役を引き渡すつもりはなさそうである。
そこで早速、最新のポンドを取り巻く注意点をまとめてみたい。

▼最重要注目点①:マイナス金利導入観測
▼注目点②:国債利回りのマイナス化
▼注目点③:Brexit交渉
▼注目点④:財政事情の悪化
▼ポンド見通し

最重要注目点①:マイナス金利導入観測

5月に入りにわかに注目を浴びているのは、英中銀マイナス金利導入観測である。ブロードベント副総裁、ベイリー総裁、ホールデン英中銀主席エコノミスト、ハスケル外部理事、テンレイロ外部理事、ラムズデン副総裁。この順番で5月中旬の1週間という短期間で「マイナス金利導入は、選択肢のひとつ」と発言したのだから大騒ぎだ。

今まで頑なにマイナス金利には反対の意を示してのに、180度態度が変わった裏側には、英国債利回りのマイナス化が大きく影響していると、私は考えている。

注意すべき点:

ベイリー総裁は、現時点ではマイナス金利導入は考えていないが、選択肢として何度も話し合いに出ていることを認めている。5月理事会では「9対0」で据え置決定となったが、6月18日次期理事会では、どのような投票配分となるのか?注意が必要である。

コンセンサスは、次回理事会では、800億~1000億ポンドの量的緩和策の増額が予想されており、マイナス金利導入は先送りとなりそうだ。

注目点②:国債利回りのマイナス化

①のマイナス金利導入観測と重複するが、5月2週目に、3年物国債がはじめてマイナス金利で入札決定となった。ザラ場でのマイナス化は経験済みであるが、入札時でのマイナス化は史上初めての事であり、その日のマーケットではこの話題で持ちきりとなったことは言うまでもない。

こちらのチャートは、5年物国債利回りであるが、5月3週に入ると3年物だけでなく、5年物国債もマイナス化してきている。

f:id:gaitamesk:20200529091258p:plain

出典: 英債務管理局(DMO) 
https://dmo.gov.uk/data/ExportReport?reportCode=D4H

注意すべき点:

英中銀のマイナス金利導入観測と長期金利のマイナス化。どちらもポンドにとっては、売り材料となりやすい。ただし、マーケットでは、マイナス金利導入観測はかなり織り込まれているが、10年国債にもマイナス化が及んでくると、政策金利マイナス化の時期が前倒しされるリスクもあり、注意が必要である。

注目点③:Brexit交渉

6月1日から始まるEU/英貿易交渉第3弾に先駆け、英国とEUとの不協和音が表面化してきた。双方が文書で「公開抗議」を始めており、かなり険悪なムードとなっている。

英国では、交渉期間延長をする雰囲気はなく、最後の最後はボリス・ジョンソン首相の決断を仰ぐことになるのは間違いない。

注意すべき点:

6月の第3弾交渉内容を元に、6月中旬のEUサミットでEU側の態度が決まるだろう。交渉延長は英国/EUどちらからでも要請可能であるが、6月末までなければ、合意なき離脱に向けた動きが加速するだろう。

注目点④:財政事情の悪化

5月22日に英国統計局(ONS)から英国政府の4月分・公的部門純借入額(PSNB)が発表された。

4月単月での借り入れ額は、621億ポンド。この額は、1983年統計開始以来、最悪。2019年度1年間の借り入れ額とほぼ同額となり、前年同月借り入れ額の6倍となった。

f:id:gaitamesk:20200529092845p:plain

出典:英国統計局(ONS)
https://www.ons.gov.uk/economy/governmentpublicsectorandtaxes/publicsectorfinance/bulletins/publicsectorfinances/april2020

注意すべき点:

政府の借り入れがこれだけ増えてくると、心配のタネは格下げリスクである。4月下旬に格付け大手:S&Pは、「パンデミック対策で英国の財政事情は相当苦しくなる。しかし、英中銀と連帯し早急に経済対策を実施したことは、評価に値する。よって、格付け変更は、なし。」と発表した。これは、その前月に同じく格付け大手:フィッチが「パンデミック対策において、財政基盤の大幅な悪化を懸念する。」という理由で、AAからAA-に格下げした判断とは対象的であった。

どれだけ贔屓目に見ても英国の財政事情は良くない。突発的な格下げには、要注意である。

ポンド見通し

政策金利のマイナス化は、英国に限った話しではない。アメリカでは、米FOXニュースが5月14日に行ったトランプ大統領へのインタビューで、「他の国が金利をマイナスにしているのであれば、アメリカもそうすべき。私はアメリカがマイナス金利にする必要性を強く感じている。」と大統領は発言した。パウエルFRB議長をはじめとするFOMCメンバーはマイナス金利の可能性を否定しているが、パンデミックによる経済ショックが予想以上に深かったり、復興がスムーズに行かず金融政策による刺激策がさらに必要となれば、アメリカでもマイナス金利導入観測がもっと出回るかもしれない。

https://twitter.com/mariabartiromo/status/1260873554691854337?s=21

そういう事情もあり、今後のドルの方向性がイマひとつ、うまく掴めないため、ポンドの方向性についても頭を抱えている。

チャートを見る限り、ポンド/ドルやポンド・クロスは、ポンド高に行きそうな形に見えるが、上述のようにポンドに対するネガティブ要因が6月に一気に噴出してくることもあり、あまり楽観視していない。

もしBrexit交渉期間が延長となったり、6月の英中銀理事会で9対0で政策金利が据え置かれたりすれば、ポンドは一度上昇すると考えている。

これは、ポンド円の週足チャートであるが、黄色くハイライトを入れた127/129円は今でも買い場として考えている。127円割れに損切りを置きたい。

f:id:gaitamesk:20200529105635p:plain

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain 元外銀ディーラー
松崎 美子(まつざき・よしこ)氏
1988年渡英、ロンドンを拠点にスイス銀行・バークレイズ銀行・メリルリンチで外国為替トレイダーとセールスを担当。現在は個人投資家として為替と株式指数を取引。ブログやセミナーを通して、ロンドン直送の情報を発信中。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top