「『EUこそ譲歩すべきだ』と英国…」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20200601181642p:plain

ポンド/円が堅調に推移しており、東京市場では1カ月ぶりに133.60円台まで上値を伸ばす場面もあった。
取り立ててポンド買い材料がある訳ではないものの、米中の対立をひとまず回避したとの安心感を背景に円売りとドル売りが活発化しており、豪ドルやユーロとともにポンドにも上昇圧力がかかっている。
欧米市場(独仏は休場)の株価が一段高となれば134円台の回復も視野に入るが、本日から英国と欧州連合(EU)の将来の貿易関係を巡る第4回目の交渉が始まるため、関連報道に注意が必要だろう。

交渉に先立ち、EU側の責任者であるバルニエ氏は昨日31日に「公平な競争条件の確保を反故にするなら合意はない」と警告。
「FTA交渉が不調に終われば新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている経済状況が一段と悪化するのは必至だ」と訴え、英国により現実的な対応を求めた。
英側は「EUこそ譲歩すべきだ」と反発しており、十分な進展がなければ決裂も辞さない構えだ(時事通信)。
本日から始まる交渉の展開によってはポンド相場が不安定化する恐れもありそうだ。

<G.comデイリーレポートより抜粋>

f:id:gaitamesk:20200601181941p:plain

f:id:gaitamesk:20200601182012p:plain


<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top