FX初心者がブレイクアウトの「ダマシ」を回避するコツ

f:id:navimedia:20200602142645j:plain

「ブレイクアウト手法」は、世界中のFXトレーダーから高い人気を集める投資手法として知られています。
しかし、ブレイクアウト手法のセオリーが、そのまま実戦で通用するほど、為替相場は単純ではありません。
狙っていたラインを超え、「ブレイクした」と判断し、すぐに飛びついたとしても、価格が逆行して損切りさせられることも少なくありません。

ブレイクアウト手法で利益を獲得するためには、「ダマシ」の発生をできる限り回避する必要があります。
そこで今回は、ブレイクアウトでよくみられるダマシのパターンや、ダマシを回避するコツについて考えてみます。

ブレイクアウトの「ダマシ」とは何か?

ブレイクアウトのダマシとは、一方向に価格がブレイクアウトすると見せかけた後で、期待された方向とは反対に価格が動いたりすることです。
だまされた多くの“大衆”トレーダーは、含み損に耐えきれずに、その多くが損切りさせられることになります。

ダマシ発生の要因のひとつは、機関投資家など資金力のある大口トレーダーの存在でしょう。
彼らが市場に大量投入した資金で発生したダマシを、“大衆”トレーダーたちは見抜けずに、損切りせざるを得ない状況に陥るのです。

例えば、「上にブレイクアウトする」という見せかけに誘われた“大衆”トレーダーたちが、買いエントリーを行います。
一方の大口トレーダーたちも、大量の資金を使い、同様に買いを入れているので、いったんブレイクアウトしますが、上に抜けたところで、大口トレーダーたちが一気に売りを仕掛けるため、価格は急落し、「ダマシ」が発生するのです。

ブレイクアウト後、すぐに価格が急落すれば、買いポジションを持つ“大衆”トレーダーたちは、あわてて損切りすることになります。
ところが、大口トレーダーたちは、ブレイクアウトした直後から、すでに売りポジションを持っているので、大衆トレーダーたちが損切りさせられると、さらに売り圧力が高まり、大きく利益を伸ばすことができるというわけです。

ブレイクアウトで見られる注意すべき「ダマシ」のパターン

ブレイクアウトでみられる「ダマシ」のパターンは、大きく分けてふたつです。
ここでは、それぞれについてみていきます。

f:id:navimedia:20200602142659j:plain

ダマシのパターン①

レンジを継続させ、何度も跳ね返されてきたレジスタンス付近で、機関投資家など大口トレーダーによる大量の買いで、一気にブレイクしますが、その直後から売り浴びせにより、価格はレンジ内に戻ります。

その流れを“大衆”トレーダーたちは「レンジ相場が継続しており、そのまま下がる」と判断して、売りエントリーが誘発されます。
ところが、価格が下がったところで、すぐに大口トレーダーが大量の買いを入れるため、価格は反転して上昇します。

売りポジションを持つ“大衆”トレーダーたちの大量の損切りを巻き込みながら、価格はさらに上昇していきます。
そして、相場を静観していたトレーダーたちによる新規の買いが入って、価格はさらに上昇するのです。

ダマシのパターン②

レンジ付近にある価格が大口トレーダーたちの買いエントリーでブレイクアウトします。
これを見た“大衆”トレーダーたちによる買いが入ります。
これを確認した大口トレーダーが、今度は一気に売り浴びせるので、価格が急落するというパターンです。
直近で買いエントリーを入れた大衆トレーダーたちが、サポート付近に設定した損切りも巻き込み、価格はさらに下がって、大口トレーダーの利益はますます伸びる結果になります。

ブレイクアウトの「ダマシ」を回避するコツ

このような「ダマシ」を避けるためコツは、次のようなものになります。

1)「押し目」や「戻り目」をしっかり待つ

まず、ブレイク直後はそのまま飛び乗らずに、「押し目」や「戻り目」をしっかりと待ってから仕掛けるようにすることです。
ブレイクアウトでは、それまでのレンジで相場のエネルギーが非常にたまっていた場合、押し目や戻り目がなく、そのまま一気に抜けていってしまうケースがあります。
しかし、そんなときでも、通常トレードしている時間足より下位足(通常、1時間足を基本にトレードしているのなら5分足など)に切り替えてチャートを見てみると、押し目や戻り目のタイミングが見えることも珍しくありません。
特に初心者のうちは、一気に価格がブレイクしてしまった場合は、無理について行こうとせずに、見送るぐらいに割り切るのがいいでしょう。

2)長期トレンドの方向にのみ仕掛ける

ブレイクアウトのダマシを回避するもうひとつのコツは、長期トレンドと同じ方向にブレイクしたときにだけ仕掛けるという方法です。
これは、長期トレンドがアップトレンドなら、短期の時間足でも同じ上方向にブレイクしやすいという特性を生かしたトレードになります。

反対に、長期トレンドが上方向なのに、下にブレイクした場合は、エントリーそのものを見送るという判断もあります。
もちろん、長期トレンドに逆らう方向へのブレイク時にエントリーしても利益は出せますが、その場合は小さい値幅にとどまることも少なくありません。
そこまでのリスクは取らずに、上位足のトレンドと下位足のブレイクする方向が一致する場合のみ、利益を狙うことで、「ダマシ」を回避する可能性は高まるでしょう。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top