「南アランド急伸の陰でリラが伸び悩む理由」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20200604153355p:plain

足元のトルコリラは、円安・ドル安の影響から堅調ではあるものの上値の重さも目立つ。

6月に入り昨日まで3日間のドルに対する上昇率は1.1%前後であり、同じ新興国通貨の南アフリカランド(2.6%)やブラジルレアル(6.0%)などに比べると見劣りする。 

2日、ロシア軍戦闘機がシリア北西部で3カ月ぶりに爆撃を実施。同地域はトルコが支援するシリア反体制派の主要拠点だ。3月の停戦合意以降では初の空爆であり、全面的な衝突に繋がらないか懸念が広がっている。

3日には、トルコの5月消費者物価指数(CPI)が前年比11.4%と予想を上回る伸びを
示した。新型コロナウイルス蔓延をきっかけとした不況の中でのインフレ上昇であり、トルコ経済はスタグフレーションの様相だ。トルコ中銀が今月下旬の理事会で利下げを継続すれば、インフレを加味した実質金利はマイナス幅がさらに拡大する事になる。

 こうした中、足元のトルコリラ/円は16.20円台で伸び悩む展開となっている。

f:id:gaitamesk:20200604153823p:plain

f:id:gaitamesk:20200604153853p:plain

f:id:gaitamesk:20200604153920p:plain

【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top