FX投資で勝てる人たちはみんな知っている「ダウ理論」

f:id:navimedia:20200604165649j:plain

「ダウ理論」は、相場環境やトレンドを判断する上で非常に重要です。
そこで今回は、ダウ理論で提唱された6つの法則と、ダウ理論がトレンド分析やエントリーポイントを見つけるために、どのように役立つのか、事例をあげてご紹介していきます。

ダウ理論の6法則

ダウ理論は、アメリカのジャーナリストであり、証券アナリストでもあったチャールズ・ダウ氏が提唱した理論で、チャート分析の基本となる以下の6つの法則を定義付けしました。
ただし、もともとダウ理論は株取引を前提としていたため、ここではFXにあてはめて解説することになります。

1)平均はすべての事象を織り込む

ファンダメンタルズ分析の対象となるような雇用統計や失業率、金利政策といった経済指標も、企業業績や災害、テロといった事象も、すべては価格に織り込まれているということです。
FX投資においては、「チャート上の価格がすべてである」という意味になります。

2)トレンドは3種類

ダウ理論では、価格変動が1年~数年間継続する「主要トレンド」、3週~3カ月間継続する「二次トレンド」、3週間未満の「小トレンド」の3つに分類しており、これらのトレンドは相互に関連しているとしています。
FXなら短期・中期・長期といったマルチタイムフレーム(MTF)分析の考え方に類似しています。

3)主要トレンドは3段階

ダウ氏は前述の「主要トレンド」を、「先行期」「追随期」「利食期」の3段階に分類しています。
「先行期」は少数の投資家が底値で買ったり、天井から売ったりするトレンド。
「追随期」は上昇、または下落を見た他の投資家が、買いや売りを入れ始めて上昇局面となるトレンド。
さらに「利食期」は、先行期に仕込んでいた投資家が利食いを始めるトレンドとなります。

4)平均は相互に確認されなければならない

信頼できる複数の平均的な指標で、相互に同じトレンドが確認できなければ、明らかなトレンドを捉えることができないという考え方です。
やはり、株式市場が念頭に置かれたもので、FXにはあまりあてはまらない考え方かもしれませんが、値動きに相関関係のある通貨ペアや指標を確認することで、明確なトレンドの有無を確認することはできるでしょう。

5)トレンドは出来高でも確認されなければならない

株式トレードと異なり、市場全体の出来高でトレンドの有無を確認することが難しいFXでは、あまり当てはまらない理論かもしれません。
ユーザーの売買ポジションを公表しているFX会社もありますが、世界中のFXトレーダーのすべてのポジションではありませんから、あくまでも参考程度ということでしょう。

6)トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ダウ理論の中で、最も重要な理論です。
これはFXのチャート分析にもあてはまる、基本とも言えるような理論です。
明確なトレンドが発生したら、トレンド転換のサインが出るまでは、トレンドフォローの取引ができるという根拠になっています。

トレンド相場の理解~ダウ理論で今のトレンドを判断する方法

ダウ理論では、特に6番目の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という考え方を理解していると、目の前の相場環境、トレンド発生の有無、トレンド転換をマスターすることができるでしょう。
そこで参考までに、以下のチャートでダウ理論とトレンドの関係を説明します。

f:id:navimedia:20200604165703j:plain
まず、チャートの左半分では、高値①と押し安値①、高値②と押し安値②と連続して切り上げており、点線①と②のそれぞれの位置を超えたところで「上昇トレンド」が確定となります。
やがて最高値をつけますが、安値①をつけた後の戻り高値①は直近の最高値を抜けきれずに下落しています。

その下落が安値①を抜けたところで、トレンドの「転換シグナル」が発生しました。
転換シグナルが発生すると、それまでの上昇トレンドが否定され、それ以降も安値と高値が切り下がっていけば、いよいよ下落トレンドの始まりとなります。

先ほど説明したように、ダウ理論の考え方では、一度トレンドが発生するとトレンド転換のシグナルが出るまで、トレンドが継続しやすいと考えられます。
この考え方は、トレンドフォロー戦略にあてはまりやすく、ダウ理論の考え方でチャートを分析するとエントリーポイントが見えてきます。

f:id:navimedia:20200604165715j:plain
先ほどのチャートに戻ると、上昇トレンド発生となる「高値①→押し安値①」の後に、直近の高値を上抜けた「点線①」と直近の高値②を上抜けた「点線②」が買いエントリーポイントです。

さらに最高値をつけた後の安値①を経て、戻り高値①が直近の最高トレンドが値を上抜けできなかったところも注目です。
戻り高値①後に安値①を下抜けたので、それがトレンド転換のシグナルとなり、上昇トレンドの終了となっています。

この時点で売りを入れてもいいのですが、この例では、より有利な価格で入れるように、もう少し引きつけています。
点線③がちょうどレジスタンスラインとして機能することもあり、安値②を付けた後で点線③に価格がタッチした戻り高値②で売りエントリーできます。


ダウ理論は、そのすべてがFX投資で合致するとは限りません。
ただ、知っておいても損のない理論であることは間違いないでしょう。
特に6番目の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という理論については、FX初心者がエントリーポイントを定める上で、非常に参考になるはずですので、ぜひ覚えておいてください。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top