ドル/円 ようやく動き出した。素直に上を見たいが・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200608092155j:plain


■  ドル/円 ようやく動き出した。素直に上を見たいが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。何と言っても、火曜日の陽線でこれまでのトレードレンジを一気に上抜けしたことが大きいと言えそうです。週を通じて日足は月曜日を除いて全て陽線、週末にかけて上値追いの動きを見せたことから、売り方が買い戻しを急いだ様子がチャートからも窺えます。
移動平均線は、長期が下落傾向を保っていますが、短期・中期は大きく反発しました。また、中期・長期の移動平均線がゴールデンクロスを形成し、チャートの形状は改善を続けているという評価が可能だと思います。先週火曜日の陽線を下回らない限りにおいて、買い方有利の展開が続きそうです。
今週は、買い先行で臨みたいところです。久しぶりにボリンジャーバンドの幅も広がってきていますし、何しろ実体線が3月下旬以来の水準に戻してきた点は材料として小さくありません。実体線が値持ちすれば、長期の移動平均線も上向きに舵取りを変えてくることが予想されます。110円が近づくにつれ、高値警戒感をいった言葉も見え隠れするかもしれませんが、過度に弱気になる必要はないように思います。

その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 目覚ましい急伸でエネルギーを放出したかも・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週を通じた値幅は5円に達し、これまでに溜め込んでいたエネルギーを一気に拡散する動きとなりました。先々週の時点で実体線が長期の移動平均線水準を上回っており、売り方の買い戻しが徐々にマーケットに持ち込まれていましたが、先々週に入って、さらに買い戻し圧力が高まった様子がチャートからも見て取れます。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。もちろん、チャート指標はいずれも買いを示唆していますし、そういう観点では弱気になる必要は全くないでしょう。ただし、先週金曜日に上ヒゲを引いている点が若干気になりますし、これだけ陽線が連続して出現すると、そろそろ買い戻さないといけない人も少なくなってきているのではないかと考えられるのです。何となくですが、これで買われてしまうと、「本当に強い」ということになるのでしょうね。

■ ポンド/円 乱高下を予想、巻き込まれないように・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週から、かなり売り方の焦りが見え隠れするチャート形成になっていましたが、先週になって一気に溜め込んでいたエネルギーが暴発した様子がチャートにも表れています。日足のチャートは5日とも陽線、週を通じた値幅は実に7円にも及び、売り方は完全に降参してしまいました。
今週は、上下に大きく動くことが予想されますので、細心の注意を払ってマーケットに参加する必要があるように思います。上下の予想について言えば、チャートからは上方向を占うものが多くなっていますが、果たしてその通りに動くのかどうなのか、何とも言えない感じがします。売り先行で入る必要はないと思いますが、下がったところを安易に買うと、捕まって意外に苦しむような展開が待ち受けているのではないでしょうか。

■ オージー/円 若干、過熱感が気になるところ・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の勢いをそのままに5日間連続で陽線が出現、売り方の買い戻しが断続的に持ち込まれる展開となりました。下がらないから買う、買うから上がる、上がるから下がらないという、売り方にとって最悪のスパイラルが実現された1週間と言えるでしょう。ただし、実体線と長期の移動平均線の乖離幅は既に7円を超え、過熱感のある状態である点には注意が必要です。
今週は、チャート的には買いでよいと思いますが、やはり、少し様子を見てみたい感じがしています。実体線と長期の移動平均線があまりにも大きく乖離しており、この状態が継続的に維持される可能性はあまり高くないような気がしています。ただし、実体線が2019年の年末以来の水準まで戻していることは事実で、売り方の買い戻しが継続すると思います。その辺の綱渡りになるのかもしれませんね。

■ ユーロ/ドル いったん様子見が賢明かも・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週に上値追いの動きを見せていたことから今週も堅調な動きが予想されましたが、週末にかけて、やはり上値追いの動きを見せてきました。ただし、週末の金曜日に上ヒゲを伴って小陰線の出現ということで、ようやく少しその勢いにも陰りが見えてきた感じがします。エネルギーの発散度合いという点では、金曜日の陰線の出現は若干気がかりと言えるかもしれません。
今週は、少し様子を見てみたい感じがしています。もちろん、チャート的には売りを示唆するものはありませんが、先週金曜日に久しぶりに陰線が出現したこと、そして実体線と長期の移動平均線の乖離がかなり大きくなっている点は注意しなければいけないと思います。上昇トレンドなのだから下がったところを買えばよいではないか! と思われるかもしれませんが、話はそう簡単ではないと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200608092224j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.