“楽観、そしてリスク・オン。“

f:id:okinawa-support:20200601173329j:plain

塾長の目論見(?)に反して大幅な株高と円安が進んでいる。

ドル・円相場は前週の終値107.78から先週末は109.59で終わり1週間で約1.7%の円安となったが、これはその他通貨に対する円安度から比べたら穏やかなものである。

同じく先週1週間のその他通貨に対する円安進行は凄まじいものがある。

             5月29日終値  6月5日終値  円安進行の割合
ドル・円          107.78     109.59     1.7%
ユーロ・円         119.72     123.70     3.3%
ポンド・円         133.14     138.83     4.3%
豪ドル・円          71.87      76.34       6.2%
ニュージーランドドル・円       66.90                  71.28                 6.5%

これは米中関係やコロナ騒動悪化懸念、そして降って湧いた様な白人警官による黒人に対する暴行死に対する抗議のデモや暴動に対する懸念よりも世界的な経済活動復活に対しての楽観論が台頭してリスク・オン(投資家が新たなリスクを取って新規投資に積極的になる。)の動きとなり、株が買われて(株価上昇)安全資産の米債が売られ(金利上昇)、米株が買われているにも拘らず基軸通貨のドルが売られ(その他通貨が上昇)、安全資産だか低リスクだか知らないが円が売られる展開となったことによる。

上昇したその他通貨×ドル・円相場であるクロス(ユーロ・円などの円がらみのその他通貨)は当然上の表の様に急上昇するが、ドルと円と言う二つの売られた通貨同士を掛け合わせたドル・円相場はそんなに動かなかった訳である。(ドル・円相場は1.7%上昇したが..)

リスク・オンの引き金となったニューヨーク株式市場の3指数の騰勢も円安進行度合いと同じくらい凄まじい。
ナスダックはとうとう史上最高値を更新した。
 
                      5月29日終値 6月5日終値  変化
ダウ30種平均   25,383.11       27,110.98    +6.8%
ナスダック        9,489.87         9,814.08     +3.4%
S&P                  3,044.31         3,193.93     +4.9%

そしてリスク・オン相場が続いている中、金曜日に発表された5月の米国雇用統計の数字は驚くべきもので、更に市場のリスク・オン・ムードを増長した。

失業率は13.35%で依然として酷いものなのだが市場予想の19.7%よりも良くて市場は一安心。
非農業部門雇用者数は市場予想がマイナス800万人であったところに何とプラス250万人9千人で市場は驚きを通り越して、一部にはこれらの数字の信憑性を疑う声も聞かれた。

Washington Post.紙もすかさず以下の記事を書いた。

A ‘misclassification error’ made the May unemployment rate look better than it is. Here’s what happened.
(誤分類の間違いが5月の失業率を実際よりもよく見せている。これが実際に起きたことだ。)

When the U.S. government’s official jobs report for May came out on Friday, it included a note at the bottom saying there had been a major “error” indicating that the unemployment rate likely should be higher than the widely reported 13.3 percent rate.
(金曜日に政府の正式な雇用統計が発表された時、レポートの一番下に失業率は公表された13.3%よりも高いであろうことを示す重大なエラーがあったとする注釈が含まれていた。

The special note said that if this “misclassification error” had not occurred, the “overall unemployment rate would have been about 3 percentage points higher than reported,” meaning the unemployment rate would be about 16.3 percent for May.
(特別注釈は、“もしこの誤分類の間違いが起きなければ総合失業率は報告されたよりも凡そ3%高かったであろう、言い換えれば5月の失業率は凡そ16.3%であったであろう。”と述べている。

この誤分類とは現在職を失っている就業者を休業中とするか、或いは失業中とするかの分類のことであるが、この議論は以前から有った。

この記事が反トランプ色の強いWashington Post.紙による単なる嫌がらせとも思えない。
非農業部門雇用者数を含め、6月の雇用統計発表時に5月の数字の大幅な改定が為される可能性に留意したい。

何れにせよ果敢な金融緩和政策と大規模財政支出で米国経済が最悪期から脱出しつつあるのかも知れないし、市場がそれをより楽観的に解釈して株を買うことは理解出来る。


昔から相場の動きに乗ることを“Join the wagon.”=(ワゴンに乗れ。)と言ったが、そのワゴンのスピードが速過ぎると下手をすると乗ったはいいが振り落とされる危険性が有る。

はっきり言ってこの株高と円安の動きは想定外であり、個人的には大いに過熱感が漂うが、“ちょっと待ってよ、アメリカの失業率は13.3%なんだよ、もしかしたら15%かも知れないよ。”と言っても今は誰も聞く耳を持たない。


暫く107円台のHigh.で売ってそれを107円台のLow.で買うと言うレンジ取引が上手く行っていたが、今は108円のレジスタンス・ライン(上値抵抗ライン)と108.40近辺に在る200日移動平均線を上切った為に今度は108円がサポート・ライン(下値抵抗ライン)となる可能性があろうか?

ドル売り戦略は108.40を下切ってから考えたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.