リスク選好の持続性に注目 注目の高金利通貨 南アランド/円 6月10日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

南アランド/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20200610140733p:plain

直近1週間のポイント

☆世界経済回復期待
☆株高・資源高
・南アでコロナ再拡大

足元の南アランド/円は3カ月ぶり高値へ上昇

5日の米5月雇用統計を好感して世界的に株価が上昇し、原油などの資源価格も上昇する中、8日には一時6.547円前後まで上昇して3月16日以来の高値を付けました。
欧米株が高値警戒感から反落した9日には一時6.40ドルを割り込んで調整しましたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の長期金利押し下げ観測でドルが弱含む中、相対的にランドが買われたため6.480ドル前後まで反発するなど下値は限られました。
この間、南アフリカでは国内第2の都市ケープタウン近郊を中心に新型コロナの感染が再拡大しており、5日にはラマポーザ大統領が強い懸念を表明しましたが、世界景気の回復期待が広がる中、ランド相場への影響は見られませんでした。

目先の南アランド/円の注目ポイントはリスク選好の持続性

新型コロナによって停止していた経済活動が世界的に再開され、先行きの回復期待が強まっています。
そうした期待を先取りする形で上昇してきた主要国の株価や資源価格に、まだ上昇余地があるのかどうかが大きなポイントです。
南ア国内に注目すべきイベントが少ない事もあって、株価等に反映される市場ムードの良し悪しがランド/円相場のカギとなるでしょう。
その意味では、16日に発表される米国の5月小売売上高にも注目です。
なお、南ア国内では11日に3月製造業生産、17日に4月小売売上高が発表される予定です。

来週までの南アランド/円の見通し

予想レンジ
6.350-6.650円
基調
方向感模索

来週までの注目ポイント

☆主要国株価・資源価格
・6/11 南ア3月製造業生産
・6/16 米5月小売売上高
・6/17 南ア4月小売売上高
   

「為替チャート|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top