米小売り、FRB議長、米大統領選挙集会、英・EU会談、独ZEW、BOE、EU首脳会議、日銀、豪雇用、ロシア中銀など 6/15~6/21

【週間イベント】

f:id:gaitamesk:20190823140851p:plain

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

目次

▼北米(米国・カナダ)
米5月小売・米大統領選 選挙集会に注目

▼欧州(ユーロ圏・英国)
欧州政治が為替市場の焦点に

▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)
日銀が追加緩和に動くとの見方

▼新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)
ロシア中銀 2会合連続利下げに動く公算

北米(米国・カナダ)

重要イベント

6/15◎米6月ニューヨーク連銀製造業景気指数
6/15◎カプラン米ダラス連銀総裁講演
6/16☆米5月小売売上高
6/16◎米5月鉱工業生産
6/16☆パウエルFRB議長議会証言(上院銀行委員会)
6/17◎カナダ5月消費者物価指数
6/17◎米6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
6/17◎メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
6/17☆パウエルFRB議長議会証言(下院金融委員会)
6/18◎米新規失業保険申請件数
6/18◎メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
6/18◎OPECプラスJMMC開催
6/19◎カナダ4月小売売上高
6/19◎パウエルFRB議長、メスター米クリーブランド連銀総裁、ビデオ会議
6/19◎米大統領選挙集会再開(オクラホマ州タルサ皮切り)
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

16日の米5月小売売上高は、4月に前月比-16.4%という激しい落ち込みを記録した事もあって前月比+7.4%と反動増が見込まれています。
その他、支持率でバイデン氏に水を開けられたトランプ氏の巻き返しなるか、約3カ月半ぶりに開催される米大統領選の選挙集会にも注目です。

北米のイベント

f:id:gaitamesk:20200612155114p:plain

欧州(ユーロ圏・英国)

重要イベント

6/15◎ユーロ圏4月貿易収支
6/15☆英首相と欧州委員長が会談
6/16◎英5月雇用統計
6/16☆独6月ZEW景況感調査
6/16◎ユーロ圏6月ZEW景況感調査
6/17◎英5月消費者物価指数
6/18☆BOE政策金利発表
6/18◎BOE議事録
6/18◎ECB経済報告
6/18◎OPECプラスJMMC開催
6/19◎英5月小売売上高
6/19☆EU首脳会議
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

ジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員長にミシェルEU大統領も加えて、英EU離脱に絡む自由貿易協定(FTA)交渉に関するトップ会談が15日に行われます。
また、19日にはユーロ圏復興基金(コロナ復興基金)を主要議題とするEU首脳会議が行われます。欧州政治が為替市場の焦点となりそうです。

欧州のイベント

f:id:gaitamesk:20200612155402p:plain
f:id:gaitamesk:20200612155420p:plain

アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)

重要イベント

6/15☆中国5月小売売上高
6/15◎中国5月鉱工業生産
6/16☆日銀金融政策決定会合
6/16☆黒田日銀総裁記者会見
6/16◎RBA議事録
6/18◎NZ1-3月期GDP
6/18☆豪5月雇用統計
6/18◎OPECプラスJMMC開催
6/19◎日銀金融政策決定会合議事録
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

日銀が中小企業などの資金繰り支援策拡充に向けて追加緩和に動くとの見方が一部にあるようです。
その他、経済指標では豪州の5月雇用統計に注目が集まりそうです。

アジア・オセアニアのイベント

f:id:gaitamesk:20200612155131p:plain

新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)

重要イベント

6/16◎ロシア5月鉱工業生産
6/17◎南ア4月小売売上高
6/18◎OPECプラスJMMC開催
6/19☆ロシア中銀政策金利発表
6/19◎ロシア5月失業率
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

ロシア中銀は2会合連続の利下げに動く公算で、政策金利は史上最低の4.75%に引き下げられると見られています。

新興国のイベント

f:id:gaitamesk:20200612155137p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top