5月最強通貨から6月反落、ボリバン下限へ

f:id:okinawa-support:20190828090023p:plain

 

総括

5月最強通貨から6月反落、ボリバン下限へ

予想レンジ 4.4-4.9 

(ポイント) 
*5月最強通貨が6月は反落
*原油価格が急落(6月11日)するなど上昇が一服している
*来週は利下げが予想されている
*新型コロナウイルス感染者、死者が増加している
*7月1日にUSMCAが発効
*就業者が減少
*格下げ懸念が出始めている
*ベネズエラで米が制裁
*買い要因は経済活動再開、原油価格上昇、米国在住メキシコ人からの本国への送金
*売り要因はコロナ感染者増加、原油価格の上昇一服、格下げ懸念
*ファンダメンタルズは悪い 4月鉱工業生産大幅悪化
*6月、自動車産業など操業再開へ
*4Q・GDPは確報値でマイナス成長となりリセッションへ 1Qも前期比マイナス1.55%
*中銀は2020年はマイナス8.8%の成長見通しを示した
*政府はペソ買い介入を示唆
*大統領支持率が急落
*2月21日の弊誌でメキシコペソ売りを6円台で推奨、現在4.7で買い戻し今週5.08で売却)
*2019年のGDPは10年ぶりのマイナス成長
*2019年は20年ぶりの貿易黒字

(市況)
5月に限って言えば最強通貨であり今年初の月足陽線となったが、6月は反落している。コロナ感染者増加、原油価格の上昇一服、格下げ懸念がその要因である。 
今週は主要な指標の発表はなかったが、来週は6月中旬インフレ指標、4月小売売上、政策金利の決定(予想0.5%利下げ)などがある。

(就業者、3-5月に100万人超減少)
 メキシコ社会保険公社(IMSS)に登録された公式就業者の減少が3-5月の3カ月間で100万人を超えたことが明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための移動制限が響いた。就業者は5月が34万4526人減、4月が55万5247人減、3月が13万593人減だった。
政府は6月1日から経済を徐々に再開すると発表。これを受け、自動車生産や鉱業などは操業を再開できるようになった。だが死者と感染者が急増し、ほぼ全土で感染への厳格な警戒態勢を維持しなければならなくなっており、状況が大きく改善するとの観測は後退している。

(新型コロナ、メキシコなどで依然猛威)
WHOは新型コロナウイルス感染症がブラジルやメキシコなどを中心に依然猛威を振るっていると警鐘を鳴らした。また、各地で感染拡大抑制策が解除されるに従い、感染が再び広まる恐れがあると警告した。
メキシコの感染者数は約13万人、死者は1万5000人超。特に南半球で新型ウイルスのパンデミックはまだ勢いを保っていると指摘した。

(米墨首脳会談は)
  ロペスオブラドール大統領は、7月1日に「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」が発効するのに合わせてトランプ大統領に提案したワシントンでの首脳会談について、実現の可能性は低いとの見方を示した。ただ「完全に取りやめたわけではない。様子をみる必要がある」とも述べた。
ロペスオブラドール大統領は数カ月前にトランプ大統領との首脳会談を提案。国内の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、先週、電話会談で行う可能性を示唆した。
 大統領府は首脳会談が可能かどうか両国は検討を続けているとし、「全ては国内の感染状況次第だ」と説明した。ワシントンでの首脳会談が実現すれば、ロペスオブラドール大統領にとり就任後初の外国訪問となる。

(ベネズエラで米が制裁)
ベネズエラの米制裁逃れに加担したとして、米政府がメキシコ企業に制裁を課した。

(米国とカナダ・メキシコ、7月21日まで国境閉鎖延長)
 米国とカナダ、メキシコは16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、国境で不要不急の通行を認めない措置を7月21日まで延長すると発表した。3カ国は3月下旬から貿易に影響しない形で国境を閉鎖している。
 
(メキシコが新協定に違反、米国の投資家に損害)
  米石油協会(API)は、メキシコ政府が近く発効する「USMCA」の条項に違反し、米国の投資家が損害を被っているとの懸念を米政府に伝えた。
 APIは米国の投資家がメキシコで燃料補給所、貯蔵施設、輸入燃料、輸入ターミナルの利用許可を取りにくい状況になっていると訴えている。APIはUSMCAの条項をメキシコに順守させるよう米政府高官に要請。「新たな規制が首尾一貫して適用されていないか、過去の慣行と矛盾しているようだ」とし、APIの会員に対する「差別行為」はメキシコが約束した共同の投資保護に違反しているとみられると主張している。

テクニカル分析

ボリバン上限から下限へ反落

 日足、6月5日-8日のボリバン上限の上ヒゲ2本で反落し、下限近くまできている。6月12日-18日の上昇ラインがサポート。6月16日-18日の下降ラインが上値抵抗。雲中。
 週足、5月25日週-6月1日週の上昇ラインを下抜き下落。ボリバン中位以下へ。5月4日週-18日週の上昇ラインがサポート。
 月足、3月-4月の下降ラインを上抜いて5月は5か月ぶり月足陽線。2月-3月の下降ラインも上抜く。ただ今月は5円にのってから急落。まだボリバン下位。
 年足。16年-19年の上昇ラインを下抜く。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。

f:id:okinawa-support:20200619084709j:plain



VAMOS MEXICO

メキシコが安保理入り

 国連総会(193カ国)で17日、安全保障理事会(15カ国)の非常任理事国のうち来年1月から2年間を担う半数の5カ国を選ぶ選挙があり、インド、アイルランド、ノルウェー、メキシコの4カ国が当選した。
 安保理の非常任理事国10カ国は地域別に割り当てられ、半数が毎年改選される。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.