「集中協議は決まったけれど…」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20200619115703p:plain

15日に行われた英国・EUの首脳会議では、FTA交渉を集中して行うことで合意した。
テーマに分かれた分科会を6月末から7月末まで毎週協議することになる。
また、新型コロナウイルス感染拡大の影響でこれまでビデオ会議であったものも、可能な限り対面へ切り替えるとしている。
移行期間(交渉期間)の延長を行わない英国側の姿勢は一切変わっていない。
延長申請の期限は6月末となるため、両者がFTAの合意へ進めるかは未だ不明な中、リミットまで約10日になっている。

f:id:gaitamesk:20200619120125p:plain

f:id:gaitamesk:20200619120200p:plain

f:id:gaitamesk:20200619120228p:plain

f:id:gaitamesk:20200619120249p:plain

<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top