FXを始めるのに、初心者はいくらの軍資金を用意するべきか

f:id:navimedia:20200625132321j:plain

世の中にはさまざまな金融商品が存在します。
その中でも、FXは比較的少額から始められるのが魅力です。
とはいえ、投資において「軍資金」は少なすぎても、多すぎても良くないと言われます。
投資初心者がFXを始める際の軍資金は、いくらぐらいが適切なのでしょうか、今回は始めるときの「軍資金」について考えてみます。

FXは少額で始められる

FXを始めるのに必要最低限な軍資金はいくらなのか。
それは取引する通貨ペア(通貨の組み合わせ)や利用するFX会社などで少し変わってきます。

FXで一番売買されているドル/円で考えてみます。
計算を単純化するために1ドル=100円とします。
為替レートは取引する通貨ペアで異なります。
またFXでは、基本的に最小ロット(1回に注文できる通貨数の下限)が1万通貨とされています。
ただ、これはFX会社や通貨ペアで異なる場合があります。
例えば、外為どっとコムでは、ロシアルーブルを除いて、各通貨ペアで取引できる最小ロットは1,000通貨です。

また、FXでは、実際の資金よりも高額取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあります。
これにより個人は口座に入れた資金の最大25倍までの取引が可能となります。

さて、最小ロット1000通貨以上、レバレッジ最大25倍までというFXの基本条件において、米ドル/円の取引で必要な最低限の資金を計算してみましょう。
計算式は、
100×1,000÷25=4000円
となります。

言い換えると、最低4000円を持っていれば10万円分の投資ができるということです。

もちろん、これは本当に最低限の金額で、最大額を運用しようとした場合です。
なお、レバレッジを最大にして、ギリギリの資金で運用すると、わずかな為替レートの変動で、強制ロスカットが発動される可能性があり、細心の注意が必要になります。
できれば、初心者はレバレッジをかけ過ぎずに、資金的に少し余裕を持って運用することをお勧めします。

メリット)軍資金が少ないと大負けしにくい

FXは他の金融商品と比べて軍資金が少なくて済むことをお伝えしましたが、どのようなメリット、デメリットがあるのかを確認しておきましょう。
まずはメリットからです。

FX初心者は経験も浅く、失敗するリスクは高めと言えるのではないでしょうか。
最悪の場合、軍資金を全部溶かしてしまう可能性もあります。
しかし、そもそもの軍資金が少なければ、負けても損害は小さくて済みます。

デメリット)

レバレッジコントロールが難しい FXに限らず、投資金額が少なければ、リターン(利益)も小さくなります。
少しでも大きな利益を得るために、ついつい欲張り、FXの特性を利用して、高レバレッジで取引をしたくなります。
しかし、高レバレッジにすると、少しの価格変動で強制ロスカットされやすくなります。
結果的に軍資金の多くを失うことがあります。
取引数量を抑えたリスク管理を意識しましょう。

FX初心者に適正な軍資金の理想は100万円?!

FXは10万円からでも十分に始められます。
前述した通り、ロット数を抑え、通貨ペアを選べば少額でもコツコツと運用益を増やしていくことは可能です。

軍資金が大きくなれば、低いレバレッジでも、十分な利益が獲得できるので、リスクを抑えた運用が可能になるのは事実です。
そのため、一般的に軍資金が多めにあるとやりやすいという認識でしょう。

多すぎず、少なすぎず、運用しやすい軍資金の目安として100万円はどうでしょうか。
100万円程度であれば、努力次第で貯金できるという人も、結構いるのではないでしょうか。
無理をせず、リスクを抑えながら、それなりの利益を稼げる程度のレバレッジとロット数で運用するのにちょうど良いぐらいの金額ではないでしょうか。
言い換えると、FXは軍資金に応じてトレード方法を変えるのが正解なのです。

複利の発想が10万円を大きく育てる

100万円の資金を貯めるまで待てないという人もいるでしょう。
10万円なら、すぐ用意できるのに、100万円も用意できないから、FXは諦めるというのは早計です。
10万円という軍資金が持つ可能性について、簡単に試算してみましょう。

ご存知の通り、FXは投資信託や外貨預金などの金融商品とは異なり、年間利回り〇〇%という考え方は当てはまらないのですが、FXで稼いだ利益を「軍資金」に組み込んで、少しずつ運用額を増やすことで、いわゆる、資産全体として運用の「複利効果」が期待できます。

資産運用における「複利効果」をわかりやすく説明するために表を作成してみました。
運用の目標月利を10%・7%・5%という3つに設定して、10万円がどのように増えるかを試算してみました。

f:id:navimedia:20200625132339p:plain
もし月利10%のペースで軍資金が増えたならば、わずか9カ月で20万円を超えます。
月利7%でも1年で20万円を超えます。

初心者の方々は、そのスピードの速さに驚かれたのではないでしょうか。
もちろん、「軍資金」を“オールイン”して、FXトレードをするわけではありませんし、FXは外貨預金のような利回りで運用されるものでもありませんから、この数字通りに資産が増えるわけではありません。
その代わり、FXではレバレッジが使えます。
実際の投資金額よりも高額で運用することが可能なので、他の金融商品よりも、効率的に運用益が得られる可能性は高くなります。
なおかつ、運用益は軍資金に組み込めるので、軍資金が少しずつ増えてきたら、同じように少しずつロット数を増やしてみましょう。
そうするとレバレッジを変えずに運用資金を増やすことができます。
その結果、さらに運用益は多くなります。

リスクに細心の注意を払いながらチャレンジ

このようにFXも含めて投資は、運用次第で未経験者には想像できないようなリターンが期待できます。
しかし、注意して欲しいのが、リターンとリスクは表裏一体ということです。
大きなリターンを狙えば、そこには大きなリスクが存在しているのです。

だからこそ、1回での「大勝ち」は狙わず、コツコツと小さな勝利を積み重ねていきましょう。
1日いくら、1週間でいくら、1カ月でいくらの利益を得るのか、目標を設定して、運用してみてください。
少額で始めた「軍資金」の量が増えてくると、さらにFXトレードが楽しくなるはずです。


PickUp編集部

f:id:navimedia:20200115123814:plain

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.