「7月入り、第二波影響でプチショックあるか? 今月はリスクオフ方向で攻める!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

当コラムでは、3月のコロナショック相場全盛の最中、いち早くリスクオン相場について言及して参り、特に豪ドルから始まる相場について言及をさせて頂きました。もちろん、当時の株式市場も買い目線でした。

先月後半あたりからリスクオン相場に腰折れを察し始めており、昨日のロンドンフィキシングは月末フローもありドル円クロス円が急騰しましたが、個人的には直近のTOPをつけたと考えはじめております。

米国でのコロナ感染は再び拡大し、トランプ大統領の支持率はさらに下落基調です。トランプラリーのメッキが今月は剥がれていくようにも感じております。

中国市場も北京周りでは慌ただしい動きが出ております。感染者が急速に拡大傾向にあり、強制的な外出禁止令を相次いで発動させております。 第二波の影響がそろそろ金融市場でも出てくるように感じます。

目次

▼リーマンショック後も4〜5ヶ月目以降が最悪
▼ユーロ円日足はRCI下落を大きく示唆!?
▼豪ドル円はまだまだ買われすぎ?

リーマンショック後も4〜5ヶ月目以降が最悪

例えばですが、2008年8月に起きた前代未聞の破綻、リーマンショックでは、時価総額50兆円の企業が消えてなくなりました。
金融市場は混乱に陥り、相場が急落となったのは当然なのですが、経済指標の最悪期というのは、2008年12月〜2009年2月ごろになるのです。
大きなショックが起きたあと、数ヶ月後に体力のない企業が倒れていきますので、ちょうどその時差が現れるのが、おそらく今月ぐらいからではないかという見立てを個人的には立てております。

今回のコロナショックの元凶月を2月と仮定するならば、今月は5ヶ月目です。
そろそろ大きな反動が出始めても良いころではないかという訴えになります。
外為どっとコムでは過去15年近くの経済指標データがアップされております。
参考までに、2009年の米国の経済指標一覧をアップします。2008年も閲覧できますので、実体経済と金融市場がどれだけ乖離があるかを感じ取りながら、ご覧頂くと、非常に参考になるかもしれません。

各国経済指標データ:
https://www.gaitame.com/markets/indicator/indicator_usa2009.html

ユーロ円日足はRCI下落を大きく示唆!?

f:id:gaitamesk:20200701150436p:plain

さて、チャート分析です。ピックアップはユーロ円、改めて言うまでもなく実態経済がよろしくないのは欧州です。
主要通貨ドル、円、ユーロで最も売りやすいのは、やはりこのユーロではないでしょうか。
個人的にはユーロ円ショートを昨日から作り始めております
まだ水星逆行期間が続きますが、営業日でカウントすると、あとローソク足7本です。
もしかしたら、日足ベースでピンクのラインで指し示した通り、三角保ち合いのような方向感のない値動きが続く可能性もありますが、最終的にはフィボナッチ50%押しのサポートライン付近までは一度追い込む場面があるのではないかと考えております。

RCI26が0.00ラインを割り込もうとしております。
トレンドはこのタイミングから加速しやすい傾向があり、さらにRCI52も+80ラインからも下落を始めようとしています。
同じく、この局面でもトレンドが加速しやすい傾向があり、RCIの条件が2つも重なっているタイミングです。
そろそろ頃合いではないでしょうか。

豪ドル円はまだまだ買われすぎ?

f:id:gaitamesk:20200701150446p:plain

もう一つは豪ドル円チャートです。
先月のコラムでも言及しましたが、今の水準はコロナ前の水準前後です。
経済悪化を織り込み一時60円割れまで下落しましたが、その後、市場の勝手な解釈により、コロナショックは全て織り込んだと言わんばかりに、V字回復を示現しました。
さすがにこれはやり過ぎではないでしょうか?(笑)
これでは、コロナから世界経済は間も無く100%回復をすると断定しているようなもので、あまりにも早い織り込みだったように個人的には感じます。 ですので、その調整は必要となってくるでしょう。
こちらはスイングトレードでフィボナッチ50%押しの局面付近まで押し戻されるように考えます。

RCIもユーロ円ほどでもないですが、同じくしてRCI26と52がグッドポイントに位置しております。(RCI26が0.00付近、RCI52が+80付近)
少なくとも72.80円付近のサポートラインを割り込む前提でスイングトレードを狙いたいと思います。
こちらも同じく昨日に売りポジションを構築しました。
しばらくリスクオン方向を言及して参りましたが、7月より、一旦調整を含めた、最悪、第二波的なプチショックがあるのでは?っという想定の元、短期的にリスクオフトレードに切り変えました。

まずはユーロ円と豪ドル円ショートから攻めてみます。トレンドが発生したらポンド円なども売りやすそうですね。


【レベルアップセッション】


【先週のコラム】


【インタビュー】


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.