「127円~129円台は買い場」ポンド/円 7月見通し 松崎美子

f:id:gaitamesk:20200526161648p:plain

2019年のマーケットの主役は、ポンドであった。2020年も引き続き、主役を引き渡すつもりはなさそうである。
そこで早速、最新のポンドを取り巻く注意点をまとめてみたい。

▼注目点①:マイナス金利導入されず 
▼注目点②:国債利回りのマイナス化
▼注目点③:Brexit交渉
▼注目点④:ロックダウン解除 
▼ポンド見通し

注目点①:マイナス金利導入されず 

6月18日に開催された英中銀金融政策理事会(以下、MPC)。5月に入り、英中銀関係者から、マイナス金利導入を容認する発言が続いたため、注目度が高かった。

しかし、結果は、MPC9名の理事の全会一致による政策金利据え置き。そして、コンセンサス通りに、QE枠が1000億ポンド増額という結果となった。

注意すべき点:

あれだけマイナス金利に前向きな発言が続いたわりに、いざ蓋を開ければ全会一致での金利据え置きとなった。この結果を受け、マイナス金利導入には相当乗り気でないことが伝わってきた。

パンデミックによる景気悪化は4月が最も厳しいと思われていただけに、それを乗り越えた今、マイナス金利の可能性は一旦遠のいたとも言えよう

注目点②:国債利回りのマイナス化

①のマイナス金利導入観測と重複するが、5月2週目に、3年物国債がはじめてマイナス金利で入札決定となった。ザラ場でのマイナス化は経験済みであるが、入札時でのマイナス化は史上初めての事であり、その日のマーケットではこの話題で持ちきりとなったことは言うまでもない。

こちらのチャートは、5年物国債利回りであるが、5月3週に入ると3年物だけでなく、5年物国債もマイナス化してきている。

f:id:gaitamesk:20200703170715p:plain


出典: 英債務管理局(DMO) 
https://dmo.gov.uk/data/ExportReport?reportCode=D4H

注意すべき点:

上述のように、英中銀では全会一致で政策金利据え置きとなり、中銀のマイナス金利導入観測はひとまず後退している。しかし、QE策による中銀の国債購入が継続する限り、国債利回りのマイナス化はしばらく継続するものと思われる。このあたりのバランスが一歩狂うと、ポンドにとって売り材料となることも考えられるだけに、十分に気をつけたい。

注目点③:Brexit交渉

6月30日が移行期間延長期限であったが、英国はそれを待たず、6月12日に「移行期間延長は、やらない」と発表した。

https://twitter.com/michaelgove/status/1271398188621193222
それはゴーブ内閣府長官のTweetを通して発表されたが、そこには「英国は6月末の期限を待たず、移行期間の延長をしないことを、正式に公言する。2021年1月1日から、英国は政治的、経済的な独立を手にし、国家主権を自分達の手に取り戻すことになる。」と書かれていた。

この3日後、ジョンソン首相(以下、ボリス)は、フォンデアライエン欧州委員会委員長、ミシェルEU大統領、サッソーリ欧州議会議長とテレ・コンフェレンスを実施し、政治的解決策を探った。そこでの決定は、夏休みを返上し6月29日から8月21日までに渡り、合計6回の追加交渉を行なうことであった。

注意すべき点:

EU側は、6回の追加交渉を実施しても合意は無理と考えており、9月以降も交渉継続をほのめかしている。そして関係者の発言や報道を総合すると、「延長要請期限を、6月末から10月末に変更した」という暗黙の了解がなされたと感じられる。

これは正式発表ではないが、ひとまず8月21日までの交渉の進捗状況を見ながら、10月末までの合意が可能であるか?合意できなければ、最後の土壇場で延長要請となるのか?それを見極める上で、今年はマーケット参加者の我々も夏休み返上でBrexit交渉を追っていかなければいけないだろう。

注目点④:ロックダウン解除

6月30日に正式な詳細発表があるようだが、7月4日よりジムを除く全ての店がオープンする予定である。

それに先駆け、6月28日のデイリー・メール紙日曜版でボリスは、「(パンデミックで傷んだ英国経済に)ブームを起こす!コロナ危機をぶっ飛ばす大規模な復興計画により、英国は飛躍する」と、センセーショナルなタイトルの記事を載せた。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8466783/Boris-pledges-billions-Britain-booming-says-bounce-forward-huge-revival-plan.html

そこでは、自身が執務室で腕立てをしている写真が載っており、これを見た私は、トランプ大統領と似た分かりやすいアピールをしてくるボリスに、一抹の不安を抱いた。

注意すべき点:

6月12日に発表された4月単月のGDP値は、(前月比)マイナス20.4%となり、予想のマイナス18%を大きく下廻った。この数字を見た政府は相当焦りを感じたようで、スナック財務相は7月に景気刺激策発表をほのめかし、ボリスは大規模な復興計画を一面で報道。

復興計画は嬉しい知らせであるが、財源はどこから出てくるのだろうか?これ以上、赤字国債を財源にするつもりであれば、英中銀のQE枠の追加増額は避けられそうにないだろう。

赤字増大と景気浮揚。このバランスが崩れると、ポンドにとってはネガティブな材料になるだけに、政府も相当気を使うだろう。

ポンド見通し

私は通貨の実効レートを必ずチェックしているが、ポンドに関しては、実効レートで80以下は、私の中では「売られすぎ」という認識であり、積極的に売りで入ることを避けている。

f:id:gaitamesk:20200703170923p:plain

ポンド実効レート(1992年~)

出典: 英中銀
https://www.bankofengland.co.uk/boeapps/database/fromshowcolumns.asp?Travel=NIxAZxSUx&FromSeries=1&ToSeries=50&DAT=RNG&FD=1&FM=Jan&FY=2019&TD=31&TM=Dec&TY=2025&FNY=Y&CSVF=TT&html.x=66&html.y=26&SeriesCodes=XUDLBK67&UsingCodes=Y&Filter=N&title=XUDLBK67&VPD=Y


ポンドに関する戦略としては、先月と同じ内容で恐縮であるが、ポンド円の黄色くハイライトを入れた127円~129円台は、今でも買い場として考えている。127円割れに損切りを置きたい。

f:id:gaitamesk:20200703171019p:plain

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain 元外銀ディーラー
松崎 美子(まつざき・よしこ)氏
1988年渡英、ロンドンを拠点にスイス銀行・バークレイズ銀行・メリルリンチで外国為替トレイダーとセールスを担当。現在は個人投資家として為替と株式指数を取引。ブログやセミナーを通して、ロンドン直送の情報を発信中。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.