「トルコ当局のさらなる取引規制 投機筋をけん制」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20200707175445p:plain

トルコ当局は、外国人投資家への対策として株の空売り規制を発表した。
内容としては、6つの大手外銀に対し3か月間の空売りを禁止すると伝わっている。
5月にも通貨の取引規制を行ったばかりであり、当局の投機筋へのけん制が続いているといえる。

トルコリラ相場は概ね安定しているが、瞬間的なクラッシュが発生している。3日のトルコリラ/円で見ると、それまでの15円60銭台後半で推移していたが、15円20銭台中盤へ一気に下落、その後10分ほどで元の水準に戻すという急落・急騰劇があった。これは同日16時に発表されたトルコ6月消費者物価指数が市場予想より高く、トルコ国内のマイナス金利状態がさらに進んだためと見られている。

f:id:gaitamesk:20200707175703p:plain
f:id:gaitamesk:20200707175640p:plain

f:id:gaitamesk:20200707175614p:plain

【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top