初心者は気をつけよう!FXトレーダーに人気のMT4と自動売買の落とし穴

f:id:navimedia:20200708133514j:plain

「MT4」は世界中で利用されているFXのトレードシステムです。
MT4をまだ知らないという初心者の方々のために、そのメリットやデメリットをお伝えするとともに、気をつけて欲しい注意点を説明しましょう。

MT4とは?

MT4とは、正式名称を「メタトレーダー4」というFXトレードシステム(ソフト)です。
ロシアの「MetaQuote社」によって開発されました。
日本国内のみならず、世界中のトレーダーに利用されている人気の高いソフトです。
MT4はMT4での取引が可能なFX会社のホームページなどから、簡単にダウンロードできます。
ソフトは無料で利用ができて、パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しています。
さらにMT4では、さまざまなツールを活用することで、自分自身のトレード環境をカスタマイズすることができます。

f:id:navimedia:20200708133503j:plain

※MT4のトレード画面

MT4を利用するメリット

多くの人がMT4選んでいるのは、以下のようなメリットがあるからです。

・インジケーターの利用で独自分析によるトレードが可能

MT4では標準装備のインジケーター(罫線分析ツール)や、外部で開発されたインジケーターを組み合わせてインストールすると、チャート上で独自のテクニカル分析が可能になります。
インジケーターは無料のものから、有料のものまで、非常に種類が多く出回っており、簡単にダウンロードしてチャート上に表示させて利用することができます。

・EAによるFX自動売買が可能

なお、EA(Expert Adviser)と呼ばれる自動売買ソフトを入れることで、MT4を使った自動売買が可能になります。
その結果、24時間システムに任せきりでFXトレードができます。
EAにも、インジケーター同様に無料のものと有料のものがあります。
EAはMQL言語で書かれたプログラムであるため、プログラミング知識のある人は、自分でオリジナルのEAを作り出すことも可能です。

・過去のチャート分析やトレードの練習が可能

MT4の機能のひとつである「ストラテジーテスター(Strategy Tester)」を使えば、インジケーターの動作状況やEAのパフォーマンスについて、過去の取引データをベースにバックテスト(検証作業)ができます。
ストラテジーテスターを走らせると、過去のローソク足の値動きをチャート上で見ることができるため、裁量トレード(自分で売買の判断をしてトレードを行うこと)の練習もできます。

MT4のデメリット

確かにMT4は便利なツールでしょう。
ただし、以下のようなデメリットもあります。

・スプレッドが広い場合がある

日本国内のFX会社のスプレッドは競争が激しいこともあり、海外に比べると非常に“狭い”ので、FXトレーダーにとっては有利なケースが多いのですが、MT4の利用が可能なFX会社のスプレッドを見ると、全般的に広い傾向にあるようです。
特にトレード頻度が高い短期売買のトレーダーにとって、スプレッド幅は鍵になります。
資金効率や投資効率に悪影響を与えないように注意する必要があります。

・動作が重くなりがち

MT4を利用しているとPCの動作が重くなる傾向にあるようです。
そのため、チャートの表示速度が遅くなることがあります。
パソコンのスペックによるところが多いと思いますが、インジケーターをたくさん表示させていると、明らかに動きが鈍くなるケースがあります。
性能を十分に発揮させるためには、ハイスペックなPCを用意し、あまり利用価値がないと判断したインジケーターは、思い切って外すなどの対応が必要になるでしょう。

自動売買の落とし穴

なお、MT4などを利用した自動売買システムには、注意すべき点があります。
それは、自動売買システムの提供が「金融商品取引法」などの法律に触れる可能性がある点です。

ツールだけを売り切りで販売したり、それを利用したりすること自体は、こうした法律に触れることではありません。
しかし、以下のようなケースは、金融商品取引法で定められた「投資助言・代理業登録」が必要になる場合があります。
手続きを行っていない業者は、金融庁から違法と判断されてしまうかもしれませんので、システムの提供を受ける際は注意が必要です。

・継続的なシステムの更新サービスやサポートサービス付きでEAを販売する無登録業者
・EAを販売してFX会社や証券会社から利益を得る無登録業者
・顧客口座で顧客の代わりにEAによる自動売買を行なう無登録業者

このような業者からEAを購入すると、ご自身にそのつもりはなかったとしても、違法なサービスを受けてしまうことになります。
そして、もし、そのような業者が摘発され、行政処分を受けると、突然サービスが利用できなくなる恐れがあります。
悪意がない限り、EAソフトの利用者が摘発され、処罰を受ける恐れは基本的にありませんが、自動売買ツールの利用を禁止しているFX会社で自動売買を行うと、アカウントが凍結されたり、法的手段が取られたりする可能性があります。
口座開設の際には、そのFX会社が自動売買についてどのような方針で対応しているのか、確認をするようにしましょう。


さて、今回は世界的に有名なFX取引システム「MT4」をご紹介するとともに、それと同時に、しばしば一緒に利用されることが多い自動売買システムのリスクについてご説明しました。
残念ながら、無登録で自動売買システム販売し、サービスを提供する業者は存在します。
MT4に限らず、FXの取引ツールを利用する際には、今回ご紹介したようなポイントについて、しっかりとチェックして、「知らないうちに不正行為を行っていた」というようなことがないようにしてください。

PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.