ポンド/円 トレードチャンスがあるとすればポンド円の買いかな・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200713081500j:plain


■  ポンド/円 トレードチャンスがあるとすればポンド円の買いかな・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週末にかけて細かい陰線を連ねた点はドル円・ユーロ円と同じですが、週を通じた安値を付けたのが「火曜日」という点が大きく異なります。これは、週末にかけて下落したとは言え、値を保っているということを意味していますので、対円で買われるとするならばポンド円が先導する可能性が高いということになるのでしょうね。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線の居場所は3本の移動平均線の上方をキープしており、何とも粘り腰を感じさせる動きとなっています。中期の移動平均線はやや下向き推移を続けていますが、先週始めに短期と中期の移動平均線がゴールデンクロスを形成しており、チャート的にはまだ陰転はしていない印象です。
今週は、条件付きで買い先行で見てみたい感じがしています。もちろん、その条件というのは、先週木曜日の高値を超えてくるような動きを予想しています。ドル円やユーロ円と同じような形で下押しするとしても、それほど大きな下げには発展しないと思いますが、一方で、下がったところを安易に拾うと、痛烈なしっぺ返しを受ける可能性も低くはないと思います。買い先行で見つつも、ポジショニングには厳しい条件をつけるようにした方がよいと思います。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 売り先行で臨むべき局面入りした・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の陰線で買い方が若干不利な立場に追いやられ、木曜日の下押しでさらに買い方が苦しい立場へ、そして金曜日になって、これまで買い支えてきた勢力がやや投げを持ち込んだっぽい動きを見せました。水曜日あるいは木曜日のうちに売りポジションを持っていれば金曜日の下げがそのまま取れた形ですが、そんなトレードは凡人には無理でしょう。金曜日の日中の下げを取りに行くのがせいぜいではないでしょうか。
今週は、やや売り先行で臨みたいところです。先週末にかけての動きを見る限り、一気に反発する地合いからは遠いと思われますが、できれば戻りを確認した上で、下落途中を叩いて売りポジションを作りたい感じがしています。先週金曜日のように、少し突っ込んで下げると下ヒゲを形成する可能性が高い状況は変わっていませんので、その点には引き続き注意が必要だと考えられます。

■ ユーロ/円 上は跳ね返され、下も跳ね返される・・・ 
先週は、木曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週末にかけてやや調整っぽい動きを見せた点はドル円と同じですが、週を通じた高値を付けたのが「木曜日」という点がドル円と異なります。木曜日までは上値・下値ともに切り上げてきた状況がチャートからも窺えますので、そこからの下落という点で買い方の失望感は小さくないものがあると考えられます。
今週は、とりあえず様子を見るべきではないでしょうか。先週末にかけての流れを見る限り、安易な買いは投げさせられる可能性が高いと思います。ただし、一方で 6月の下旬の安値を下回るほどのパワーを持ち合わせているかと言われると、それも疑問符が付くところです。先週金曜日の安値を切ってくるようであれば、目先は買い方が投げるパターンに陥りやすいと思いますので、そういったところはしっかりとリスクテイクしたいイメージです。

■ オージー/円 ダラダラと好き勝手に動いているだけ・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週末にかけやや下押ししましたが、大崩することなく、何とも中途半端な形で週を越しています。日足のチャートを見る限り、上下のヒゲがほとんど出現せず、小さな胴体部分を連ねるような形になっているのが最近のチャートの特徴と言えると思います。いつまでこういった、だらだらとした動きを続けるのでしょうか。。。
今週は、様子を見るよりなさそうですね。先週末にかけてチャートが「お辞儀」したような形になっていますので、安易な押し目買いは禁物だと思います。ただし、実体線の居場所そのものは高い位置をキープしていますので、積極的に売りから入るのも躊躇われるところではないでしょうか。先週の高値を超えてくるようであれば、これは買えるチャートだと思いますが、果たして一気にそこまでの動きを見せる可能性があるかどうか・・・といった感じかもしれません。

■ ユーロ/ドル 買いの芽がなくはないのだが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初から木曜日までは陽線→陰線→陽線→陰線の出現ということで、下値・上値とも切り上げつつあり、可能性としては上放れするかも? という状況を示唆していましたが、週末の金曜日はやや下押しし、かなり中途半端な形で週を越しています。ただ、明確にチャートが陰転したわけではなく、上値への未練は引き続き残っていると考えてよいでしょう。
今週は、条件付きで買い先行で見てみたい感じがしています。もちろん、その条件は先週木曜日の高値超えです。そういった動きを見せるようであれば、やはりすかさず買い先行スタンスを取りたい感じがしますね。一方、下側のリスクについては、先週金曜日でさえ陽線の形成ということで、それほど大きくないような気がしています。ただし、ボリンジャーバンドの幅がさらに狭まってきていますので、突っ込んでトレードすることは避けた方がよいかもしれません。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200713083112j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.