「ユーロ上昇!EU復興基金まとまるか?ユーロ買いは織り込み済み?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

今週月曜より、水星逆行期間が終了しました。
誤報などといった不可解なニュースも減少するでしょう。相場もトレンドが出始めており、この流れには乗っていきたいところです。

目次

▼ユーロ上昇!EU復興基金まとまるか?ユーロ買いは織り込み済み?
▼ユーロドル日足1.1420で一度、抵抗帯に
▼1.1370からの買いもありか?
▼ユーロ円もチェック!

ユーロ上昇!EU復興基金まとまるか?ユーロ買いは織り込み済み?

まずはユーロです。
先週のコラムでも言及した通り、ユーロの中期的なボトムアウトを示唆させていただきました。
現在、1.14を超えて資金が米ドルからユーロに向かっていることが顕著です。
理由としまして、今週土曜日期限のEU復興基金の話が挙げられます。
今の所、EU内にて、5カ国が反対の姿勢を示しているのですが、ドイツとフランスが合意していることから、市場はこの基金の話がまとまる方向でおおよそ織り込んでいると予想します。

しかしながら、ユーロ高が再び始まった背景はなんでしょうか?
個人的な意見になりますが、米国はコロナ封じ込めに失敗し、欧州は成功しつつあります。

また米中対立しておりますが、米国の制裁には全くビクともしない中国は、新型コロナウィルス封じ込めに成功し、そして経済回復を始めております。
欧州と中国は経済的な結びつきも強く、この経済圏に期待した買いが入ってきているのではないでしょうか。
現に、人民元高も少しずつ始まっており、中国株も非常に強いです。
またリスクオフの円買いも特に起こらず、どちらかというと、ユーロ買いに動いているように思えます。
今週のEU復興基金の話がまとまる場合、「セル・ザ・ファクト」も考えられますが、今回は1兆ユーロの予算に加え、7500億ユーロの復興基金、そしてこの2/3は返済不要という破格の待遇です。

資金は欧州の株式市場を始め、多くのエリアの経済復興に貢献するでしょう。この場合、まずはユーロ高が連想されます。
この大規模で大胆な政策ですから、単純に「セル・ザ・ファクト」では終わらないと考えております。ユーロは引き続き上昇目線です。

ユーロドル日足1.1420で一度、抵抗帯に

ユーロドル日足1.1420で一度、抵抗帯に

ユーロドル日足です。
1.1420のレジスタンスラインを今朝ほどタッチしました。
復興基金がまとまるまでは、ここを超えてくるようには思えません。

先週から持っていたポジションは一度、クローズしました。
およそ110〜140pipsの収益となりましたが、再び買いを狙う戦略を継続します。
日足チャート押し目買いポイントとしては、サポートラインの1.1350の手前からがベターでしょう。
先週のコラム通り、最低ターゲットの1.1350は超え、最終ターゲットは1.15〜1.1590と書かせて頂きましたが、変更はありません。
4時間足に切り替えてもう少し具体的なエントリーポイントを分析したいと思います。

1.1370からの買いもありか?

1.1370からの買いもありか?

4時間足でサポートラインをいくつか引いてみました。
アクティブに攻めるなら、1.1370のサポートラインからでしょう。
明日はECBもありますし、1.1420を短期的な高値をみたというパターンで考えると、1.1370の手前からの買い指値で買い戻しを個人的には考えております。
またさらに押すならば、1.1350手前で100%ポジションを戻したいと考えております。
損切りは1.1250割れまたはセーフティ優先なら1.1300でしょうか。
1.1300ラインもサポートラインも引きやすそうなため、ここの割り込みでは損切りは避けたいところです。
先週は1.12台のコラムアップした水準から買い下がりを推奨しましたが、今週は1.1370から下で買い下がりのイメージでしょうか?

ユーロ円もチェック!

ユーロ円もチェック!

ユーロ円も見ておきます。
長期の下降トレンドラインを抜けてきており、世界的な金融緩和からくる株高の影響を受けて、純粋にクロス円での買いもありでしょう。
できたら、ユーロドルとユーロ円1:1ぐらいの比率でスイングしたいところです。
今週の復興基金が決まれば、欧州株の上昇もあるでしょうし、ドイツ株をはじめ、大きく上昇がはじまり、リスクオン相場になりやすいように思えます。そうなるとユーロ円もありでしょう。
RCI26や52は0.00ラインを超えました。上昇の条件は整いつつあり、124〜125円方向ではないでしょうか。
今週も基本ユーロドルの押し目買いを中心に、ユーロ円トレードも視野に入れながらのトレードを考えます。


【レベルアップセッション】


【先週のコラム】


【インタビュー】


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.