FXと投資信託、投資初心者が選ぶべきは?

f:id:navimedia:20200721130540j:plain

「老後の年金問題のような将来に対する不安」や、「現在の収入に満足できない」などの理由から、貯金を有効活用して少しでもお金を増やそうと、投資を始める人が増えてきています。
これから投資を始めようと思った人たちの多くが直面するのが、あまりに金融商品が多いので、どれを選べば良いのかわからないという問題です。
その際、投資対象として候補にあがりやすい金融商品が「FX」と「投資信託」でしょう。
ただ、この両者はまったく異なる金融商品であり、同じ投資であっても、どちらを選んだかで、得られる結果は大きく変わる可能性があるのです。
これから投資を始めようという初心者の視点で、FXと投資信託の特徴やメリット、デメリットを比較してみましょう。

FXは自分で稼ぐ投資、投資信託は他人に稼いでもらう投資

「FX」と「投資信託」。
投資に少しでも興味を持たれた方なら、名前自体は見聞きしたことがあるはずです。
両者の根本的な違いは、FXは「自分で取引を行い、利益を獲得する」のに対して、投資信託は「ファンドマネジャーという第3者に預けたお金を運用してもらい、利益を獲得する」ということでしょう。
それぞれの特徴を具体的にみていきましょう。

FXは2国の通貨を売買する投資

FXとは、英語の「Foreign Exchange」の略です。
日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。
簡単に言えば、2国の通貨を売買し、為替レートの変動で生まれた差益を獲得するというものです。

例えば、日本円と米ドルを取引する場合、米ドル/円という通貨ペアを選択して売買します。
為替レート(価格)は常に変動しているので、1ドル=100円のときに購入し、1ドル=105円となったときに売ると、差額の5円分の利益を得られます。
また、通貨ペアの取引を行う際、Lot(ロット)と呼ばれる単位が使われます。
これはFXで取引されるすべての通貨ペアに共通した単位です。
基本は1Lot=1万通貨=100万円です。
ただし、FX会社によって、1Lot=1,000通貨=10万円という設定になっていて、より少額から取引できるところもあります。
FX会社で口座を開設する前に必ず確認しましょう。

なお、FXは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みが利用できます。
口座に入れた資金の最大25倍の金額で取引ができます。
裏を返すと、1/25の資金から売買が始められるということです。
理論的には1ロット=1万通貨のFX会社だったら4万円の資金で取引が始められます。
1ロット=1,000通貨のFX会社なら4,000円です。
レバレッジはFX投資の最大の特長であり、魅力です。

投資信託は金融機関に運用をしてもらう投資

一方の投資信託は、ファンドマネジャーと呼ばれる専門家が、金融機関が集めた資金を、投資家の代わりに運用し、その運用成果として得られた利益の一部が報酬として投資家に支払われます。

投資信託は、国内外の株式や債券、金・原油・為替など、さまざまな金融商品の中から、ファンドマネジャーが投資対象を選択し、組み合わせて運用します。
例えば、投資信託内のひとつの投資で損失が出たとしても、他の投資で利益が出ていれば、その損失はカバーできます。
言い換えると、性質の異なる金融商品に分散投資することでリスクを抑えた運用が行われています。
そのため、投資信託は比較的安定的に利益が得られるとされています。

投資信託の分配金は、運用成績と投資額で決まります。
たくさん投資していても、運用成績が悪ければ、損失が発生し、元本割れするかもしれません。
そのとき配当金はありません。
逆に運用成績が良くても、投資額が少なければ、分配金額は少なくなります。

リスクを抑えて運用するように商品設計されている投資信託は、その性質上、投資家へのリターンはあまり大きくならない傾向にあります。

自分で投資する醍醐味を感じたい人はFX

投資信託は、証券会社が用意した金融商品を購入すると、結果的に、さまざまな金融商品に投資していることになります。
しかし、運用はファンドマネジャーに“お任せ”ということです。
「自分で投資をしてみたい」という人にとっては、自分の運用成績が明確に示されるFXがおすすめかもしれません。

また、投資信託もFXも少額から投資できるところが魅力のひとつです。
ただ、実際に両方の投資を経験するとわかりますが、獲得できる利益に大きな差があることを実感するはずです。
投資信託は優秀なファンドマネジャーが良い運用成績を残しても、投資家に対して支払われる配当金は、おそらく年間でも元本の数%程度です。

一方のFXは為替レートの変動で利益を得る金融商品です。
為替レートが大きく動いたときには、大きな利益がもたらされます。
しかも、レバレッジを活用すると、さらに大きな利益が得られることになります。
もちろん、大きな利益が得られる可能性があるということは、大きな損失を被る可能性もあるということです。
FXがハイリスク・ハイリターンと呼ばれる所以です。

そして、どの通貨ペアを選ぶのか、何ロット買うのか、売るのか、FXはすべて自分で判断します。
チャートで為替レートの動きをチェックしながら、売買材料となる統計や要人発言と内容を分析し、その後の展開を予想して、通貨を売買します。
こうした投資の醍醐味は、決して投資信託では得られないでしょう。
「自分の判断で投資をしてみたい」という方には、やはりFXがおすすめです。

投資である以上、FXでも投資信託でも、損失が発生するリスクはあります。
ただ、無理をして大きなリスクを取ると、大きな損失につながる可能性が高まります。
投資は自分の力量や資金量に合わせて、自己責任の上で行いましょう。


PickUp編集部

f:id:navimedia:20200115123814:plain

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.