“米中、デカップリング?”

f:id:okinawa-support:20200727170306j:plain


米中間の緊張が益々高まりつつある。

先週アメリカ政府は中国に対してテキサス州ヒューストンに在る領事館から72時間以内に退去するように命じ、中国はそれに従った。
領事館の庭で大量の文書を焼却した為に火と煙が上がり、消防当局が出動する騒ぎとなったが、まるでスパイ映画を見る様であった。

アメリカ政府は、“アメリカの知的財産と個人情報を保護するためだ。”としたが、この措置に対して中国は四川省成都にある米総領事館の閉鎖を要求する報復行為に出た。
すると今度はアメリカは中国人民軍兵士の数名が経歴を偽って入国し、スパイ活動を行ったとして身柄を拘束し、在サンフランシスコの中国総領事館封鎖の可能性を示唆した。

外交関係は互恵主義(相手国の自国に対する待遇と同様の待遇を相手国に対して付与しようとする考え方)を旨としているが、これは裏を返せば“目には目を、歯には歯を。”と言う事になり、“やられたらやり返す。”のが普通である。

ここ数年の米中の軋轢の変遷を見ると、
-中国の巨大な対米貿易黒字に対しての通商問題。
-通信大手ファーウェイ問題をはじめとする、テクノロジーの覇権争いと知的財産権問題。

-新型コロナウィルスに対しての中国政府の責任と対応問題。
-新疆ウイグル自治区での人権問題。
-中国による香港の一国二制度の高度な自治への侵害。
-中国による南シナ海の領有権主張。
と両国間の緊張が益々増大している。

ここにきて上述した点とは異なった次元の問題が起きつつある。
対中国強硬派として知られるポンペオ国務長官が習近平国家主席をトップとした共産党政権を痛烈に批判し、民主主義国家による新たな同盟を構築して対抗すべきだと訴えた。
言わば米中間の対立が、民主主義と共産主義の対決の様相を呈してきたのである。

これに対して中国が一歩たりとも譲ることは考えられない。
ましてや劣勢気味で選挙を控えるトランプ大統領も弱気を見せる訳には行かない。

新たな米中冷戦時代に入ったと言っても過言ではあるまい。

中国絡みの地政学的リスク増大は株価下落とドル売り&円買いを加速するのではなかろうか?

今月に入ってからのドル安の動きは対ユーロ、対ポンドで顕著で対円では後れを取っている感が有る。
       7/1 7/24 変化率
ドル・円 107.92 106.12 1.7%
ユーロ・ドル 1.1233 1.1654 3.7%
ポンド・ドル 1.2400 1.2796 3.2%
(ニューヨーク市場の終値ベース。)

8月に入ると米債投資の利払い分の円転や、お盆を控えて輸出業者のドル売り予約が先行する傾向がある。

今迄のリスク・オフ時のドルと円の同調した動きから勘案すると、急激な動きになるとは思えないが、じりじりとドル安&円高が進むと見る。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.