FX初心者は動きそうな通貨ペアと取引時間帯を狙え!

f:id:navimedia:20200729165522j:plain

FXは選んだ通貨ペアを「買うか」「売るか」というシンプルな投資です。
だから初心者は何となくチャートを見て、なんとなくトレードを始めてしまいがちです。
しかし、チャートの値動きは、通貨ペアで異なりますし、取引時間帯で、動いたり、あまり動かなかったりします。
そのため、FXで効率良く利益を獲得するには、動きのある通貨ペアを選び、動きのある時間帯に取引する必要があります。

大きく動きそうな通貨ペアを見極める

トレードで効率良く利益を得るためには、大きく値が動きそうな通貨ペアを選ぶことが大切です。
通貨ごとにチャートを見比べてみてもらえるとわかりますが、一日で動く値動きの幅や動き方に、それぞれ特徴があり、どれも同じように動くわけではないのです。
そのときの相場環境も大きく影響しますが、通貨ペアによって動き方に違いがあります。

そのため、トレーダーの中には、自分が得意とする通貨ペア以外では、一切トレードしないという人もいます。
「得意だ」というくらいですから、おそらく値動きにかなり精通しているのでしょう。
そういう通貨ペアで取引すれば、勝率が上がるという考え方には一理あります。
しかし、一日中チャートに張り付いていても、たった数十pipsしか動かない通貨ペアだったら、相場に入りづらいだけでなく、利益を大きく伸ばすことは難しいしょう。
値動きが大きいほどリスクは大きくなりますが、より大きなリターンも期待できるのです。

通貨ペアで値動き幅が異なる理由

そもそも、通貨ペアごとに値動きの差があるのはなぜなのでしょうか。
それは各通貨ペアで取引量や売買している人たちの数、つまり「流動性」が違うからです。

「流動性」とは、すぐに売却して換金できるかどうかの“しやすさ”を指しています。
取引量、取引参加者が多くて、すぐに売買の相手が見つかる状態は、つまり「流動性が高い」ということになります。
取引量や取引参加者が多いのは、米ドル、ユーロ、日本円など主要通貨と呼ばれている通貨です。

他方、イギリスのポンド、資源国通貨のオーストラリアドルや南ア・ランドなどは、ドルやユーロよりも取引量が少なく、取引参加者も少ないので、「流動性が低い」通貨ということになります。

一般的に、流動性の高い通貨ペアは値動きの幅が小さく、動き方も緩やかになり、一方、流動性の低い通貨ペアは、値動きの幅が大きく、動き方が荒くなるとされています。
ただし、経済指標などの内容やイベント次第で、米ドルやユーロのような主要通貨も、一日で大きく動くことはあります。

FX初心者も経験を積み、トレードに慣れてきたら、主要通貨ペアだけでなく、値動きが大きい通貨ペアでも、取引ができるようになるのが理想的です。

効率良くトレードできる取引時間帯

通貨の値動きは、通貨ペアの種類だけでなく、取引時間帯でも違いがあります。
その理由は、時間帯で取引量や取引参加者数に違いがあるからです。

1.主要取引時間の始まりや終わり

為替の主要な取引市場は、大きく分けると、日本時間の朝から夕方までの「アジア時間」、夕方から日付が変わるまでの「ロンドン時間」、そして翌日からオセアニア時間が始まる日本時間の早朝までの「ニューヨーク時間」の3つです。
相場が動きやすくなるのは、それぞれの主要取引時間の始まりや終わりの時間帯なのです。

特に世界一の為替取引量があるロンドン市場が終わり(ロンドンフィキシングと呼ばれています)、ニューヨーク時間が始まる日本時間の午前1時前後(夏時間の場合は午前0時前後)は、活発に動く傾向にあります。
デイトレやスキャルピングなど、短期トレードをしているトレーダーの人たちにとって“稼ぎ場”なのです。

2.経済指標・重要イベント・要人発言がある時間帯

アメリカやEUなどで、金利政策など経済指標の発表やFOMC(米連邦公開市場委員会)による景況判断などの重要イベント、連銀総裁などの要人発言がある時間帯も、大きく値が動く可能性があります。
特に毎月第一金曜日の米国雇用統計発表時は、大きく値が動くことがあり、取引が活発になります。

ただ、こうしたイベントの時間帯は、ボラティリティ(価格変動)が大きすぎる可能性もあるので、イベント前には、いったんポジションを解消し、動くタイミングでポジションを持つようにすると良いでしょう。

f:id:navimedia:20200729165847p:plain

通貨ペアを少しずつ増やそう

値動きの大きい通貨ペアが、大きな利益を生みやすいのは間違いありません。
しかし、リスクも高くなるので、「初心者が最初に売買する通貨ペアとしてはお勧めできない」という人もいます。
ただ、投資効率を考えると、いつまでも避けていられない投資対象でもあります。
初心者は、通貨ペアや取引時間帯で値動きに差があることを理解しておきましょう。
そして、少しでもトレードに慣れてきたら、リスクを抑えながら、取引通貨ペアをひとつずつ増やしてみましょう。
そうした経験が、あなたのトレード技術を、きっと磨いてくれるでしょう。


PickUp編集部

f:id:navimedia:20200115123814:plain

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.