FX初心者でも着実に利益があげられるやり方とは

f:id:navimedia:20200730160853j:plain

「とりあえずFXを始めてみたけれど、思うような成績があげられない」FX初心者のほとんどの方が、こんな経験を一度は味わっているのではないでしょうか。
FXは「なんとなく」という直感で、簡単に利益が得られるような投資ではありません。
着実に利益をあげるためには、やはり、何らかの戦略が必要なのです。

FXトレードで着実に利益があげられる可能性を高める方法のひとつに「テクニカル分析」があります。
これを上手に活用すれば、チャートから適切な売買の判断ができて、やがて良い成績が収められるようになるでしょう。
そこで今回はFX初心者が学ぶべきテクニカル分析についてご紹介します。

着実に利益をあげたいならテクニカル分析

テクニカル分析とは、過去のチャートの値動きから将来の値動きを予測する手法です。
代表的なテクニカル分析としては、移動平均線、MACD、RSI、一目均衡表などがあります。
それぞれ、チャートのどの期間の、何の動きに注目しているかに違いがあります。

例えば、最もメジャーなテクニカル分析である移動平均線は、一定期間における「ローソク足」の平均価格を線にしたものです。
移動平均線の位置や傾きによって、現在のトレンドや値動きを予測します。
また、短期と長期の移動平均線を表示させ、短期線が長期線を下から上に突き抜けたときが「ゴールデンクロス」と呼ばれる上昇トレンドへの転換サインです。

テクニカル分析は、一種類でも分析できます。
ただ、異なるテクニカル分析を複数組み合わせると、より信頼度の高い予測が行えます。
初心者は“カン”や雰囲気で売買するのではなく、テクニカル分析を学習し、それに基づいてトレードすることが、FXで着実に利益をあげるための近道になるでしょう。

デモトレードや検証で有効性を確認

そうはいうものの、知識と経験に乏しい初心者が、いきなりテクニカル分析を使って、運用成績を高めようとしても無理です。
また、テクニカル分析に基づくチャート予想も、百発百中ではありませんし、トレードスタイルで向き、不向きもあります。
まずは過去のチャートで研究してみたり、デモトレードを使ったりして、どの程度、相場がテクニカル分析通りに動くものなのかを調べてみましょう。

また、テクニカル分析の検証もお勧めです。
過去のチャートを参考に、テクニカル分析による売買サインに従ってトレードした場合、どの程度の利益が得られたのかを調べるという作業です。
テクニカル分析の精度がどの程度なのか確認できれば、本番でテクニカル分析をする際の自信になるでしょう。

FX初心者にお勧めのテクニカル分析

先ほども申した通り、テクニカル分析にはさまざまな種類があります。
FX初心者にも比較的分かりやすいのは次の3つでしょう。

・移動平均線
・MACD
・RSI

移動平均線は、FX初心者からプロトレーダーまで、多くのトレーダーたちが使っているシンプルなテクニカル分析です。

MACDは、短期と長期の移動平均線を表示させたテクニカル分析です。
「ゴールデンクロスで買い」や「デッドクロスで売り」といった売買のサインが判断しやすいという特徴があります。

RSIは、一定期間において、上昇と下降のうち、どちらの勢いが強いのかを知ることができるテクニカル分析です。
RSIの値が高ければ「買われすぎ」と判断し、値が低ければ「売られすぎ」と判断します。

この3つのテクニカル分析は、使いやすく、検証もしやすいので、初心者にはお勧めだと思います。

慣れたら複数のテクニカル分析を組み合わせる

先ほども少し触れましたが、ひとつのテクニカル分析だけでチャートを見るよりも、複数のテクニカル分析を組み合わせたほうが、より精度の高い予測ができるので、着実に利益を獲得する可能性を高めます。

例えば、RSIで現在の相場が買われすぎなのか、それとも売られすぎなのかを判断しながら、MACDでトレンドを読み、最終的な売買を判断するようなやり方です。

RSIの値が高く「買われすぎ」の状況であれば、やがて反発して「売られる」と予想できますし、同時にMACDで下降トレンド転換サインのデッドクロスが出ていれば、ふたつのテクニカル分析でサインが一致するため、売りエントリーをするべきだと判断できます。

このようにRSIやMACDを単体で見るよりも、信頼性の高い判断ができるというわけです。

ただ、FX初心者の方々は、まず、ひとつのテクニカル分析に注目して、テクニカル分析に慣れるようにしましょう。
理解が浅いうちに、あれも、これもと、たくさんのテクニカル分析を追いかけると、迷いが生じて、判断を誤ってしまうことが少なくありません。

いずれにせよ、FX初心者が着実に利益をあげられるようになるためには、テクニカル分析は必要不可欠なものです。
始めてみたけれど、なかなか成果が出せていないという方々は、ぜひテクニカル分析を勉強してみましょう。
あなたのトレードスタイルを変えるきっかけになるかもしれません。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.