FX週間イベント「米ADP、米ISM、米雇用統計、加雇用統計、BOE、中国PMI、RBA、NZ雇用統計、日銀総裁、トルコCPIなど」8/3~8/9

【FX週間イベント】

FX週間イベント

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

目次

▼北米(米国・カナダ)
ドル全面高のなか重要イベント目白押し!

▼欧州(ユーロ圏・英国)
英中銀「スーパーサーズデー」に注目 

▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)
豪景気に対するRBAの見解に注目

▼新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)
トルコCPI高止まりでリラ不安材料に

北米(米国・カナダ)

重要イベント

8/3☆米7月ISM製造業景況指数
8/4◎米6月製造業新規受注
8/5☆米7月ADP全国雇用者数
8/5☆米7月ISM非製造業景況指数
8/5◎メスター米クリーブランド連銀総裁講演
8/6☆米新規失業保険申請件数
8/6◎カプラン米ダラス連銀総裁講演
8/7☆米7月雇用統計
8/7☆加7月雇用統計
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

米国景気の先行き不透明感などからドルが全面的に下落しているだけに、3日の米7月ISM製造業景況指数や6日の米新規失業保険申請件数、7日の米7月雇用統計の結果が注目されそうです。

北米のイベント

f:id:gaitamesk:20200731150657p:plain

欧州(ユーロ圏・英国)

重要イベント

8/4◎ユーロ圏6月生産者物価指数
8/6◎独6月製造業新規受注
8/6☆BOE政策金利発表
8/6☆BOE議事録
8/6☆BOEインフレレポート
8/6☆ベイリーBOE総裁会見
8/7◎独6月鉱工業生産
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

6日は英中銀(BOE)が政策発表と議事録の公表に加え、インフレレポート(経済見通し)とベイリー総裁の会見もセットになった「スーパー・サーズデー」です。
マイナス金利導入の可能性を巡って注目が集まっています。

欧州のイベント

f:id:gaitamesk:20200731150913p:plain

アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)

重要イベント

8/3☆中国7月財新製造業PMI
8/4◎豪6月貿易収支
8/4◎豪6月小売売上高
8/4☆RBA政策金利発表
8/5☆NZ4-6月期雇用統計
8/5◎中国7月財新サービス業PMI
8/5☆黒田日銀総裁、イエレン前FRB議長講演
8/7◎中国7月貿易収支
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

豪州でも新型コロナウイルスの感染が一部で拡大しています。
「当初の想定ほど豪州の景気は落ち込まない見通し」としている豪中銀(RBA)の見解に変更がないか、4日のRBAの発表に注目です。

アジア・オセアニアのイベント

f:id:gaitamesk:20200731151108p:plain

新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)

重要イベント

8/4◎トルコ7月製造業PMI
8/4☆トルコ7月消費者物価指数
8/5◎ロシア7月消費者物価指数
8/7◎メキシコ7月消費者物価指数
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

トルコの政策金利は8.25%ですが、インフレ率(消費者物価の前年比)は12%台で、この観点からは実質金利がマイナス4%前後という事になります。
4日のトルコ消費者物価指数も12%台で高止まりすると見られており、リラの不安材料となりそうです。

新興国のイベント

f:id:gaitamesk:20200731151255p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top