「ドルは売られて当然」江守 哲氏 新型コロナショック

新型コロナショック

ドルは売られて当然

コロナ禍が収まらない中、世界的に経済活動の再開が進む一方、感染拡大第2波への懸念が高まっている。その一方で株価は堅調さを取り戻している。経済環境と株価の乖離が大きく、株価上昇の持続性への疑念が高まっているが、主要国の財政出動と中央銀行の資金供給が株価を支えている。特に、世界最大の経済大国である米国の財政出動とFRBによる資金供給量は他国を大きく上回っており、これが経済や金融市場に安心感を与えている。しかし、この状況が続けば、この先は見えている。「ドル安」である。そして、その兆候はすでに表れ始めているようである。

新型コロナ感染拡大に加え、米中対立の激化への懸念も強まっている。米国がテキサス州の中国総領事館を閉鎖させ、中国は米国に対し、四川省成都にある総領事館の設立許可を取り消した。米中対立は、これまでの貿易協議から大きく踏み込んだものになっている。つまり、経済的な対立ではなく、イデオロギーの対立に深化している。ポンペオ米国務長官は23日の演説で、主要国に対中国包囲網を呼び掛けた。これに対して、中国は「ポンペオ演説は過去50年近くの対中政策を反転させる凶暴な姿を示した」と酷評している。両国の対立はさらに根深くなっている。

一方、米議会では新型コロナウイルスの感染拡大に対応する追加経済対策で与野党の意見が対立している。与野党の話し合いも紛糾しており、追加の支援策が決まるかどうかは不透明である。また、FRBは29日のFOMCで、事実上のゼロ金利政策と量的緩和の維持を全会一致で決めた。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う景気回復の失速を警戒する発言を行っている。そのうえで、「経済を支えるためあらゆる手段を使う」と、9月の追加策決定に含みを残している。いずれにしても、今後も緩和策は続くことになる。

現状を分析すれば、ドルが売られ、その他の主要通貨が買われるのは当然である。これまでは、株価が下げるとリスク回避でドルも買われていたが、そもそもおかしな話である。ドルの返済を迫られている投資家はドルを買う必要があるだろうが、そうでなければドルは買われなくなる。そうなれば、ドルは下げるしかない。それがいま起きていることであろう。

このように、米中銀は緩和策を継続し、さらなる追加の可能性を示唆している。米政府も追加支援策を行う方針である。コロナ禍を契機に、ドルの供給はこれまで以上に膨れ上がるだろう。市場もそれを見越してか、ドル安傾向がより鮮明になっている。ドル指数は下落し、その代わりに買われているのはユーロと金である。コロナ禍で打撃を受けた経済の立て直しに向け、EUが追加の復興基金案で合意したこともユーロ買いを誘っている。また、金にはブームとも言える巨額の資金が流れ込んでいている。この傾向も止まらないだろう。

ドル安傾向は今後も続かざるを得ないだろう。ドルは今後も上下動しながらも、徐々に水準を切り下げていくことになりそうである。

ドル/円チャート 日足

ユーロ/ドルチャート 日足

f:id:gaitamesk:20190906171609j:plain

エモリキャピタルマネジメント代表取締役
江守 哲(えもり・てつ)氏
1990年慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。英国住友商事(現欧州住友商事)に出向し、ロンドンに駐在。その後、当時世界最大の非鉄金属トレーダーだったMetallgesellschaft Ltd.(ロンドン本社、現JPモルガン)に移籍し、唯一の日本人として非鉄金属取引を極める。2000年に三井物産フューチャーズに移籍。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」としてコモディティ市場の分析および投資戦略の立案を行う。2007年7月にアストマックス入社し、チーフファンドマネージャーに就任。2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。ヘッジファンド運用を行う一方、株式・為替・債券・コモディティ市場の情報提供や講演、テレビ出演を行っている。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.